« ラグマガ3月号 | トップページ | クラブ大会決勝ほか »

7人制代表のこと他

今週発売のナンバー796号が届いた。今回は、天理大学について書かせてもらった。特集は、「強い組織を築く10の法則 GMに学べ」で、表紙はサッカーのモウリーニョ氏なのだが、ラグビー日本代表の岩渕健輔GMも登場する。自分の役割について語っている。天理大学については4ページ。巻頭のFACEには、いきなりネマニ・ナドロ(NECグリーンロケッツ)がドカンと出てくる。雑誌の大きさはいつもと変わらないのに、ナドロが巨大に見える!

コメント欄でもお質問あったが、3月31日、4月1日の東京セブンズは、JSPORTSでも放送されることが決まった。きょうのプレスリリースでは、2月3日~4日、ニュージーランド・ウェリントンにて開催される「HSBCセブンズワールドシリーズニュージーランド大会」に参加する男子7人制日本代表の遠征メンバーが明らかになった。

先日の東京セブンズの開催記者会見で、村田亙監督が、現在はトップリーグの終盤戦でメンバー編成が難しく、若手を多数起用すると話していたのだが、昨年11月の豪州・ゴールドコースト大会で、東福岡高校の藤田選手が活躍したこともあって、思い切ったメンバー選考になっている。「18~19歳という若い世代から、7人制ラグビーで世界を経験させることによって、日本の若い世代がレベルアップされると思います」

◎男子7人制日本代表メンバー
ロコツイ・シュウペリ(NTT ドコモレッドハリケーンズ)、ロテ・トゥキリ(北海道バーバリアンズ)、ロトアヘア・ポヒヴァ(埼玉工業大学)、堀江恭佑(明治大学3 年)、彦坂匡克(筑波大学3 年)、中村亮土(帝京大学2 年)、羽野一志(中央大学2 年)、竹中祥(筑波大学1 年)、久内崇史(尾道高校3 年)、長谷川崚太(日本航空高校石川3 年)、藤田慶和(東福岡高校3 年)

また、日本協会が、「発掘・育成プログラム」の一環として実施している「セブンズアカデミー(女子)」の第11回目が1月27日(金)-29日(日)に開催される。今回のアカデミーは、アカデミーに参加する代表候補選手も含め、2月にアメリカ・ラスベガスにて行われるセブンズ大会「USA ウィメンズ インターナショナル インヴィテーショナル」女子7人制日本代表候補選手とも合同で練習する。

◎参加メンバー
藤﨑朱里(Rugirl-7)、伊藤絵美(名古屋レディース)、中村知春(PHOENIX)、鈴木彩香(横濱ラグビーアカデミー)、田坂藍(日本体育大学2 年)、井上愛美(世田谷レディース・RKUラグビー龍ヶ崎)、 飯田美妃(名古屋レディース)、谷口令子(世田谷レディース)、鈴木実沙紀(関東学院大学1 年)、横尾千里(世田谷レディース)、美樹加奈(立正大学1 年)、鈴木陽子(横濱ラグビーアカデミー)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ3月号 | トップページ | クラブ大会決勝ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    長文ですが、あしからず

    ラグマガ掲載の『絆』読みました。少年らしい真っ直ぐで仲間を思いやる気持ちがダイレクトに伝わってくる秀文であるとともに、中学生にして貴重な経験をしていることにうらやましさを感じました。同時に、これと似たような事例が大なり小なり全国で展開されていると信じたいです。

    2019年W杯の開催テーマに関して、このような『仲間との絆』を前面に押し出すべきでは?と感じました。

    19世紀イギリスで始まったラグビーが遥か極東の日本まで伝搬し、21世紀の今、ラグビー先進国のように目に見える形ではないけども、底辺においても精神的文化として確かに定着してるんだと声高に世界に叫べるのではと思います。

    折しもオープン化以降、とどまる事を知らない競技力の向上とIRB主導による拝金主義によってラグビーが培ってきた万国共通の『友情』や『絆』といった本来の価値が問われる中、アジアでW杯を行う意義、今後もラグビー界が大事にしていくべき価値観の方向性について日本から世界に発信できるのではないでしょうか。

    さらに個人的な考えですが、2019年W杯の時にラグビーを志すアジア各国の子供達を日本に招待できないものでしょうか?生でW杯を観戦することは将来ラグビーを続ける上で大きな原動力になるのでは?
    ただでさえ長年のW杯における不振により、日本はアジアラグビーの可能性を狭めてきました。それに報いるためにも。
    まぁ、財政的に厳しいかもしれませんが…。

    戦績も重要ですが、日本でW杯を開催する意義を考えると求めるのは勝敗だけではないのでは?と『絆』を読んで感じました。

    投稿: 永遠の9番 | 2012年1月27日 11:44

    村上さん放送ありの、情報ありがとうございます。
    若いセブン日本代表に大いに期待します。
    楽しみです。この経験値がきっと近い将来 日本代表にも活きるはずです。この年代が日本開催の中心世代ですからね。

    投稿: 今出川口眞 | 2012年1月27日 08:09

    こんばんは。
    ジャパンはどうして11名しかメンバーを出さないのでしょうか?
    先日のゴールドコーストも11名でした。
    セブンスは12名の選手登録のはずですが。
    1名の違いは非常に大きいと思います。
    私には理解できません。

    投稿: たにやん | 2012年1月26日 23:57

    ナドロは今日の朝日新聞夕刊にも出てましたね。
    東京セブンズ、J SPORTSでの放送決定うれしいですが、出来れば現地で観たいなぁ。

    投稿: らぐじ~ | 2012年1月26日 21:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53829490

    この記事へのトラックバック一覧です: 7人制代表のこと他:

    « ラグマガ3月号 | トップページ | クラブ大会決勝ほか »