« 中居智昭選手に会う | トップページ | ナドロが面白い。 »

日本代表GMに岩渕氏

11日にはひたすらパソコンに向かう日だった。合間にトップリーグ第9節の録画を見る。NECグリーンロケッツのネマニ・ナドロはどんどん良くなっているなぁ。爆発的突進力に驚かされながら、あまりにすごくて、ちょっと笑ってしまったりした。ヤマハ発動機ジュビロもパナソニックワイルドナイツに堂々の戦いぶり。勝敗は紙一重だった。強化してきたFWが戦えたことには手ごたえをつかんでいるだろう。ため込んだ仕事が終わらず、きょうはブログが書けないなぁなんて思っていたら、日本代表のゼネラルマネージャーが発表になった。

11日夜に開催された定例理事会で決定したという。2009年より、日本協会のハイパフォーマンスマネージャーとして、新しい大会の創設や日本ラグビーの強化システムなどの改革にあたってきた岩渕健輔氏(36歳)だった。IRBのミーティングに頻繁に参加し、アジア地域のハイパフォーマンス担当との会議に出席するなど人脈も築いてきた。世界先端の情報にも明るい。日本の中でも男女ともに7人制、15人制の底辺からの強化などさまざまな改革に携わってきた経験も生かせるだろう。

◎岩渕健輔ゼネラルマネージャーコメント
「日本ラグビーを支えていただいている方々の思いを代表チームにつなぎ、グラウンド上で戦う選手たちが最大限のパフォーマンスを発揮できるようにしていきます。やりきりたいと思います」

理事会後に会見した矢部専務理事によれば、任期は4年で、「エディー・ジョーンズHCと一体になって」(矢部氏)15人制ジャパンの強化にあたり、「代表サイドとTLや大学チームとの連携役としても期待している」とのこと。「GMの仕事には、強化予算、スタッフの契約とアセスメント、マッチメーク、下部カテゴリーの強化のマネージメントなどがある」とも説明した。ヘッドコーチの解任権は含まれていない。HCと協会の橋渡しになり、HCの評価を行ない、HCはじめスタッフが仕事のしやすい環境を作るのが仕事になる。

会見には岩渕氏も同席し、「HCが掲げる2015年のトップ10に向け、まずは全力を尽くしたい。初めに、若い選手を代表へ引き上げうる仕組みを作っていきたい。HCにも言うべきことは言っていく」などと語った。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 中居智昭選手に会う | トップページ | ナドロが面白い。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    岩渕さんて僕の中では当時、トヨタの廣瀬さんとフライハーフ争いしてて、岩渕さんの方がリードしててファーストチョイスだったけど、廣瀬さんにポジション奪われたのはケンブリッジでの勉強が忙しく、ジャパンでのアジア大会遠征中もトイレで勉強してて、その時出場した廣瀬さんのパフォーマンスが良くファーストチョイスになった印象なので、ラグビーに専念してれば、もっと活躍してた印象ですが、ジャパンでの活躍は減りましたが海外での活躍は増え、エディーさんとはサラセンズに居たという共通点もあるし、適任だと思います。JKと太田さんもNECで一緒だったし、ヘッドコーチの仕事をしやすくするのが仕事だからタックルがどうこうとか関係ないと思います。ケンブリッジで学び、7人制と15人制の代表で、海外でもトップリーグでもプレイ経験があり、HPMをしてた人がGMになって不満の人の気持ちが私には理解出来ません。当時、彼が勉強でファーストチョイスの座を奪われた印象の私にとっては、彼がその能力をラグビーに使って頂けるだけでも嬉しいです。

    投稿: ドニントンパーク | 2012年1月13日 19:11

    岩淵さんは世間一般で言う『知性』を感じさせる人物で、現役当時から『いつかは日本ラグビー界の中枢に携わるんだろうな』と思ってました。年齢からしてちょっと就任が早いかsign02とも感じますが、就任前の担当業務と2019年W杯を考えれば、今からバリバリやってもらう方がいい。30代半ばにして要職に配した協会の英断を評価したいと思います。

    個人的には協会人事を含め若い力が、特に95年オープン化以降トップレベルの現場で世界を肌で感じた人でないと、今後世界のラグビーの潮流を乗り切るのは難しいと考えてます。

    岩淵氏も逃げ出したくなるほどの重圧を感じてるかもしれません。しかし、現役当時から日本ラグビーの在り方について色々と考えてきたでしょうし、得意の語学力とケンブリッジ、サラセンズ、HPMで培った世界的人脈をフル活用しながら、GMを中心に組織をしっかり固めて、決して独りで抱え込まずに強いジャパンを築いていってほしいと思います。

    誰が何と言おうと私は応援します

    投稿: 永遠の9番 | 2012年1月13日 13:27

    岩淵氏の評価がキツいですね。
    勉強になります。
    観戦ブランクありますが岩淵氏には青学から代表選出の時から思い入れがあったので。

    自分も最近地元で飲んでる時、ラグビーは金持ちのスポーツだみたいな話をしてる人がいてビックリしました。
    ハイソ(死語)なスポーツという意味なのかな。

    自分ははっきり言って昔は高校大学は面白くなかったです(経験者の方がいたらm(_ _)m)。
    スーパー12の方が当たり前ですがずっと面白かった。
    なめてたんですが特に高校、面白いです。
    スゴいな レベル上がったよなぁ って思います。
    つまらなかったって言ってしまいましたが現場は考え努力したんだと感じます(なんか上から目線だな(笑)。

    てか村上さんがナドロの凄さに笑けたっていうのが身近に感じて一番笑けました(笑)

    投稿: けんじ | 2012年1月12日 23:29

     岩渕GMを含め、代表の新体制には、やはり期待せずにはいられません。この春にはファンの胸に将来への光がさすような新代表をみせてください。
     そのうえでなのですが、太田前GMに2005年の就任から2度のW杯を通じた在任期間の総括をまとめていただき、公開してほしいと願っています。もしかしたら、すでに取りかかっていらっしゃるかもしれませんが、退任したことで、うやむやにはしてほしくないので、あえて書きました。
     代表強化に向け、何をどういう理由、判断でおこなってきたのか。何がよくて、何がいけなかったのか。どこで、どうしておくべきだったのか。次に生かせる教訓は何なのか。もし評価を加えるのが難しければ、太田GMが「いつ、どこで、何をしてきたのか」という事実関係に、必要十分の理由を添えて残しておいていただきたいと思います。検証でなにより大事なのは「理由」ですから。

    投稿: ジャパンファン | 2012年1月12日 23:17

    私にとっては,岩渕氏のGM就任は,久しぶりに将来に期待が持てるワクワクするニュースでした。他に人材がいないのかとか,若すぎるとか,思わなくはないですが,ラグマガや解説などでの岩渕氏の提言は具体的で,魅力のあるものに感じていました。協会のサポートがどのようなものになるのかという懸念もありますが,19年まで出し尽くして欲しいです。期待してます!

    投稿: さるぞう | 2012年1月12日 22:08

    岩淵君がGMですか・・・

    正直、7人制のイメージしかないんですよね。 15人制ではディフェンスがまるで駄目だったことしか記憶に無いです。
    まあ、コーチではないんで、大丈夫なんでしょうが。 

    エディさんが代表にどんなメンバーを選ぶのか、それを楽しみにしたいと思います。

    投稿: だいゆ | 2012年1月12日 19:06

    岩渕さん個人のことは置いといて・・・

    日本代表強化のための急務は、ズバリ、ジュニア世代をトップレベルでプレイさせることでしょう。世界から見ればド3流の大学レベルで、極めてレアで貴重な逸材を4年も消費するのは、余りに馬鹿げてますね。

    東福岡の藤田君も早稲田・・・早稲田は早稲田至上主義の空気に包まれてる印象です。まず、4年間まるまる大学リーグに止まるんでしょうねえ。

    彼ほどの能力とサイズは、大学レベルでも抜きん出ているから、能力に頼った方がうまくいくケースがどうしても増えてしまうわけです。その分だけ、判断の機会、スキルを磨く機会は失われると思います。
    しかも、能力での不足を感じる機会も少ないから、当然、能力の伸びしろも期待できません。

    でも、世界相手では能力もサイズも並み以下。そこにもっと緻密なスキルやら判断が備わらないと、また、能力も飛躍的に伸ばさないと、通用しないと思うんですよね。
    彼が代表を背負う人材になれるのか、現時点では疑わしいと、個人的には思います。

    つまり、言いたいのは、
    誰がGMでもいいんですが、この大学ラグビーによるジ逸材囲い込みを打ち破ること。これだけは、何としてでもやってもらいたい。
    それが、GMの仕事なのか、理事の仕事なのか、よく分かりませんけど。

    投稿: かもめのJONA | 2012年1月12日 18:42

    岩淵氏がGMに決まったことに関していろいろな意見があるが、一つ良い材料としては“若い”人間であると言うことだと思う。ハッキリ言って森さんぐらいの人間が全国を行脚すれば地方の・田舎の人間は誰もが顔を会わせるだろうし、いろいろなパイプも持っていると思う。しかし、高齢の人には無理だろう。ただ、若い人間であれば全国を飛び回ることは可能だと思う。いろいろなコメントが寄せられているが、ラグビー競技の場合触れよう、触れさせようにも小・中・高校のさまざまな年代で機会がないのが、日本の地方の・田舎の現実である。ワールドカップをやるのに東京・名古屋・大阪・福岡などの大都市だけでやるのであれば何の問題もないが、おそらくそれっきりになってしまうだろう。サッカーは四国でも九州でもどこでも“J”に絡むチームがあるが、ラグビーは本当に少ない。日本協会は花火を上げる政策ばかりでなく、地方・田舎を周って盛り上げる運動をしてほしい。

    もう一つ。日本協会はNHKに頭を下げてTLや大学のリーグ戦をもっと放送してもらえるようにしてほしい。バレーボールみたいな盛り上げ方は、オールドファンを嫌がらせるだけだから、やるべきではなく、普通にルール解説を交えて実況をやれば良い。そのときに早慶明だけに拘ると本当の魅力を伝えることが出来ないから、ゲームが接戦になりそうなカードを頭を下げてお願いしていくべきだと思う。

    商売の鉄則は頭を下げることからである。日本協会の関係者には腹を括ってやってほしい。

    投稿: 地方の人間より | 2012年1月12日 17:17

    決まってしまったものは仕方ないので、岩渕氏に期待するしかないですね。正直、ピンとは来てませんが。
    選手の強化、セレクション面じゃなくて、選手強化の機会作りに期待したいと思います。
    ガチンコの強化試合を増やすような働きかけを期待。
    ラグビー人気アップのためには、代表が強くなるしかないです。そして、代表戦をマスコミがひたすら煽る。日テレの中継はクールなんで、個人的にはあれでいいのですが、テレ朝のサッカー中継みたいに、少々下品でうるさい解説者に盛り上げさせるのも、必要悪ではないでしょうか?

    投稿: テルキー | 2012年1月12日 13:39

    草の根の普及が非常に厳しい状況はあります。
    子供にラグビーさせたくてもどこに連れてけばいいの?って感じです。
    野球、サッカーとは環境が違いすぎます。
    私も現状では見るスポーツとしてラグビーは活路を見い出すしかないと考えます。       
    新GMには日本代表のプロモーションもしてほしい。GOTO2015でもなんでもいいからキャンペーンをはって日本代表の活動を世間にアピールする。ワールドカップ開催国なんです!本気で取り組む気がないなら協会には辞退してほしい。世界のラグビーファンに迷惑だと思います。 

    投稿: 前へ! | 2012年1月12日 13:29

    ラグビーの低迷…嫌ですが避けて通れない話題です(;´∩`)。
    正直言って低迷している以前に世間に知られていないし興味もたれていません。なぜそうなったか?ではなくこういう状態が現実だということと向き合うところからすべてやらないといけないと思います。
    たしかにラグビーはサッカーや野球のような競技人口を獲得するのは無理です。要求されるフィジカルが基準高いですから。しかしファンの数なら話は別です。私は今一番の問題はラグビーの観かた、楽しみかたが普及していないことだと思います。ラグビーのルールがわからない、だから観ても楽しくない、だから試合を見にに行かないとトップリーグ観戦の誘いを断られたことがあります。
    ラグビーはこういうルールだよ、こうして見れば楽しいよ、という基礎的なことを世間に普及させる必要があります。
    ワールドカップを控えた状況で勝てる代表も大切ですが各会場がお客さんでいっぱいにできるファンの動員はもっと大切です。大切というより開催国の義務です。
    はっきり言ってラグビーは選手も関係者もファンも高いフィジカル基準を満たした者のやるエリートのスポーツと思い込んでいませんか?。ラグビーに初心者を拒む壁があるような気がします。みんなで楽しめる敷居の低いラグビーにしていきたいものです。
    試合会場その他でルール解説ブックなどを配布するなどいかがでしょうか?。

    投稿: ガンダム | 2012年1月12日 02:32

    理解しがたい人事ですね。
    又、努力に努力を重ねて金字塔を打ち立てた
    帝京大を否定した現日本代表監督もこのラグビー人気低迷を象徴しています。
    昨年から3歳になる息子をラグビースクールに
    入れました。京都ですけど・・この街は女性を
    対象に底辺を広げる最大限の努力をされています。指導者やそれを支えるスタッフ。
    協会の代表者皆様立派な方ばかりです。しかし京都のとある幼稚園は
    プロのサッカー選手を指導者として招きカリキュラムの一環として
    サッカー教室を開いています。これはかなり格差を感じます。盛り上がりが全然違いますから。
    息子は今年から幼稚園ですが、周りの子供達が
    皆習うため、必然的に習う予定であります。
    (その幼稚園の指導者は誰もが知る元日本代表)
    お母さん達の間でもラグビーは危険と敬遠される声もよく聞きます。
    近所の公園やグランドで遊ぶ子供達は皆サッカーやってますからね。
    ラグビー関係者、協会は相当の努力しないと更に低迷は避けられないのではないでしょうか?

    投稿: カズ | 2012年1月11日 23:07

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53714391

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表GMに岩渕氏:

    « 中居智昭選手に会う | トップページ | ナドロが面白い。 »