« TL第11節・日曜の結果 | トップページ | 東京セブンズのこと他 »

高田馬場トークライブのお知らせ

日曜日の深夜、花園以外の試合の録画を見た。神戸製鋼、あと一歩までパナソニックを追い込んだが、最後のところでの、パナソニックのキックオフ、スクラムでの圧力、ミスなくトライを獲りきった集中力、さすがだった。ただ、大事な時のミスや反則など、昨季までは見られなかったところもある。霜村誠一キャプテンやホラニ龍コリニアシが戻ってきて、チーム力を上げられるかどうか。

サントリー対東芝の戦い。最初から全開で前に出た東芝FWのすさまじさ。試合終盤、疲れているはずの体が動く、動く。ベイツが目立たないくらい、全員がボールを持って走り、倒れてもすぐ起き上がって走り出す。リーチ、大野、望月、交代出場の中居、感動的だった。浅原の男泣き。出し切った男の顔はいい。しかし、これだけの波状攻撃をしても、ようやくの逆転勝ち。さまざまなメンバー編成で幅を広げているサントリーには余裕も感じる。

そして、トップ4入りにまた前進したNECのネマニ・ナドロ。この日も2トライを加えて計18トライ(ごめんなさい、当初16と書いていました)。北川選手が持つ19トライのリーグ記録に迫る。この選手がフランスやイングランドのクラブではあまり活躍できなかった。NECがようやく特徴を生かしてくれたというところだろう。海外の強豪クラブでは、195㎝、129㎏の優位性が出ないということもある。190㎝以上のBKがたくさんいるわけだからなぁ。

トークライブのお知らせ◎東京・高田馬場にある「RUGBY Dinner No Side Club」にて「ノーサイドライブ vol.2」を3月23日(金)に開催することが決定しました。僕がMCをつとめ、ゲストにはサントリーサンゴリアスから佐々木隆道 選手を迎えます。啓光学園→早稲田大学から現在のサントリーに至るまでを振り返りながら、ラグビーへの想いをゆっくり語って頂きます。以下、お店からの募集要項です(※1月24日現在、申し込みが定員をオーバーし、満席になりました。ありがとうございました)

★ノーサイドライブ vol.2@RUGBY Dinner No Side Club(http://nosideclub.jp/)
日時:2012年3月23日(金) 19: 00~21:30
場所:ノーサイドクラブ(東京都豊島区高田3-10-23 キャッスル安斎ビル2F)
MC:村上晃一(ラグビージャーナリスト)
ゲスト:佐々木 隆道(サントリーサンゴリアス)
定員:40名
会費:¥3,500-(1Drink+軽食付き)
内容:トーク1時間半、懇親会1時間の計2時間半
※佐々木選手につきまして怪我などで変更の可能性もありますので予めご了承下さい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第11節・日曜の結果 | トップページ | 東京セブンズのこと他 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    自分はトップリーグができる前の神戸製鋼が連覇してる時代今よりラグビー人気があった時にラグビーを見る機会にふれました。それからブームが過ぎるのと同じようにラグビーから遠ざかってました。それが今年子供が中学になりラグビー部に入るようになりまたラグビーと再会しました。最初は未経験ですぐやめると思っていた愚息の練習を見て涙が出ました。それからラグビーと再会し高校ラグビーを見に行っても涙が自然に流れました。トップリーグでもこんなにも熱い試合が続いていてルールを知らなくても楽しめるのにあの観客は寂しすぎます。
    いま頑張ってる子供達の為にももっと注目されるようにしないとせっかく裾野が充実してても続ける人が少なくなると思います。

    投稿: 四中ラグビー部 | 2012年1月24日 23:33

    小野澤さん、試合途中で下がったけど、どういう事ですか?内転筋って、太ももかどこかですか?
     物知らずですみません。

     テレビつけてたけど、見逃してしまいました。

     今シーズンの小野澤さん、どうしたんでしょうか?
     心配です。

    投稿: 曽根崎あかね | 2012年1月23日 22:29

    東芝VSサントリー戦、痺れました。東芝は強い割りに人気はありませんが、トップリーグの好ゲームには必ず絡んできます。あの気迫が相手チームも熱くするのでしょう。この試合、確かにサントリーは余裕がありそうでしたが、余裕を持ってトライを取らなかったことになるが、取れなかったのだと思います。戦術が積極的でないとチーム全体が前に出れなくなる。一度でもPGを狙わず強引に攻めていたら東芝の逆転トライは無かったかもしれないが、サントリーは攻めきれないと判断したのかもしれない。東芝は三連覇した頃のディフェンスを彷彿させる出来だった。この一戦でチームとして成長したら素晴らしいね。

    投稿: ayaneyuto | 2012年1月23日 21:52

    村上さん、はじめてコメントします。私も日曜日、花園で観戦していました。そこで質問です。会場でアナウンスされる他会場の途中経過・試合結果は必要ですか?東芝vsサントリーの結果を聞いてしまいガッカリしました。帰宅してから録画を見るのを楽しみにしていたのに・・・
    ご意見お願いします。

    投稿: 東花園 | 2012年1月23日 18:01

    サントリー VS 東芝 は自宅で見ていてとても良い試合でした!!

    独走するサントリーを止められるのはもう東芝しかいないと思っていたし、これでまたプレーオフに向けておもしろくなるな~といった所でしょうか。
    自陣からもボールを回してくるサントリーがキックが多かったのはグランドの状態が悪かったという理由もあるでしょうが、東芝のプレッシャーも相当なものだったのではないかと思います。

    ますます目が離せません!!

    ※NECナドロ選手のトライ合計数は18トライではないでしょうか??

    投稿: ざきさん | 2012年1月23日 12:35

    こちらのレビューへのコメントではなく先日のトップリーグ第11節について書かれたレビューへコメントを書かせて頂きました時に、アークスの勝ち点2を間違って勝ち点3と書いてしまいました。アークスのコーチのバラカットさんをバカラットさんと間違って書いてしまいました。アークスの皆さん、バラカットコーチ、村上さん大変失礼致しました。これからはきちんと確認して書かせて頂きます。これからも村上さんのjsportsでの解説とブログでラグビーのことを勉強させて頂きます。高田馬場トークライブいつか参加させて頂きたいと思います。

    投稿: 櫻子 | 2012年1月23日 09:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53803160

    この記事へのトラックバック一覧です: 高田馬場トークライブのお知らせ:

    « TL第11節・日曜の結果 | トップページ | 東京セブンズのこと他 »