« トップチャレンジ結果ほか | トップページ | TLプレーオフ会見&セブンス »

パリの6N中止ほか

京都の中学校のラグビー専門部の先生方をお話しする機会に恵まれた。僕の大学時代、一学年下にいた稲田くん(今は教育委員会)もいたのだが、彼の教え子で、伏見工業から日体大に進んだ大島さんも中学の先生になっており、他にもそういう例が多く、学校の垣根を越えて一丸となり、選手たちを育てていこうとする取り組みは印象深かった。皆、中学時代の教育の大切さを分かっているからこそ、中学の先生になっている。また、選抜などに選ばれた選手だけでなく、選ばれていない選手にどうやってラグビーに関わっていってもらうか、アンケートを実施するなどその動向を追いかけている姿勢にも感銘を受けた。また、現場のお話を聞かせてもらおうと思う。

日本時間の日曜日早朝、JSPORTSでシックスネーションズを見ようとした方は拍子抜けだったろう。フランス対アイルランド戦が行われる予定だったパリのスタジアム「スタッド・ド・フランス」がグラウンド凍結のため試合が中止になった。過去にも口蹄疫や天候悪化の影響で中止になったことはあるが、お客さんが入った状態での直前キャンセルは初めてだという。その日の朝はいったん決行の決断をしたのだが、零下の気温がどんどん下がって試合中にもあっちこっち凍ってくる可能性もあるということでレフリーのデイブ・ピアソンさんが最終的に決断した。キャプテンのデュソトワールがマイクを握ったのが良かったのかもしれないけれど、8万人のお客さんが混乱なく静かに退場するところは印象的だった。大人だ。今夜のウエールズ対スコットランド戦は、屋根つきのミレニアムスタジアム(カーディフ)なので大丈夫だろう。

続いて7人制の話題を。HSBC アジア・セブンズシリーズ タイ大会がバンコクで11日に開幕。男子7人制日本選抜はプール戦を3戦全勝の1位で初日を終えた。横山健一(リコー)、首藤甲子郎(NEC)、小笠原仁(神戸製鋼)らが活躍したようだ。12日の最終日は、準々決勝でパキスタン代表と対戦する。2月10日(日本時間11日)からアメリカ・ラスベガスで開催されているUSA ウィメンズインターナショナル インヴィテーショナルに参加していた女子7人制日本代表は、プレートコンソレーション敗退。白星はあげられずに大会終了となった。

アメリカのラスベガスで開催されているHSBC セブンズワールドシリーズの第5ラウンドが日本時間12日、大会2日目が行われ、男子7人制日本代表は、プール最終戦でオーストラリアに敗れたものの、ボウルトーナメント(9~16位)1回戦でスコットランドに勝利。準決勝に進んだ。日本時間13日には、ボウルトーナメント準決勝でカナダと対戦する。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップチャレンジ結果ほか | トップページ | TLプレーオフ会見&セブンス »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    うらやましい「ラグビー教育」の種まき活動です。少子化がすすむなか、ラグビーに触れる機会が少ない九州の田舎では、野球サッカー等に
    身体能力の高い学生をとられてしまいます。
    小学中学の裾野を広げないと、2019年以降も
    結局、減退すると考えます。周囲にラグビーを
    会話するひとが少ないなか、絶滅危惧種みたいにひっそりラグビーねたを探す自分がいるのも
    事実です。テコ入れ策に「漫画」「連続ドラマ」
    「映画」等のメディアブレイクも無いと・・・。
    80年代を見れば・・・・・ヒントが・・・。

    投稿: はちべい | 2012年2月12日 20:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53964840

    この記事へのトラックバック一覧です: パリの6N中止ほか:

    « トップチャレンジ結果ほか | トップページ | TLプレーオフ会見&セブンス »