« TL第13節・土曜&トップチャレンジ2節結果 | トップページ | 6カ国対抗、大八木さんほか »

TL第13節日曜の結果など

日曜日は名古屋の瑞穂ラグビー場だった。トップリーグ最終節、トヨタ自動車ヴェルブリッツ対リコーブラックラムズ戦をJSPORTSで解説した。7位のリコーは、ボーナス点を「1」でも獲得すれば8位以内が決まる。9位のトヨタが自力で8位以内を確保するのは、リコーを超えるしかない。それは、リコーをボーナス点も含めて勝ち点を「0」に押さえ、4トライ以上の勝利で、勝ち点5を獲得。なおかつ、得失点差でも上回る必要があるので、15点以上差をつけなければならなかった。

目標は明確。トヨタは立ち上がりから4トライ以上を狙って攻勢に出た。FLホップグッド、CTBガレスピーがゴールライン寸前で手を伸ばして開始7分で2トライをあげる。しかし、リコーもCTBノヌーのロングパスでディフェンスの届かないところにボールを送って、小吹、リーの両WTBがトライして、10-12と迫る。31分、トヨタはゴール前のラインアウトからの攻撃でNO8菊谷がインゴールに飛び込み、突き放しにかかったが、ここでもリコーはSOエリソン、CTBノヌーのパスでWTB小吹のトライを生みだした。

後半はスコアの動かない時間が続いたが、24分、リコーFB横山がFL覚来の突破をサポートしてインゴール右中間に押さえ、22-19と試合をひっくり返した。このトライで4トライ以上のボーナス点をゲットしたリコーは、この時点で8位以内を決めた。トヨタは何度もゴール前に迫ったが、リコーの粘り強いディフェンスにトライを獲りきれず、前半は優位に立っていたブレイクダウンでも、最後はターンオーバーを連発された。ノーサイド直前、チャンスが巡ったのだが、右コーナーぎりぎりに飛び込んだWTB遠藤の足がタッチを割っており、万事休す。ヤマハの結果とは関係なく、シーズンを終えることになった。

「あと一歩のところを越えられないところが、今年のトヨタの力だということを真摯に受け止めて、また新しいチームを作っていきたい。春、夏といい試合仕上がりで自信を持って迎えた開幕でしたが、節目節目で私の采配ミスもあり、力不足を感じています」。朽木泰博監督は淡々と振り返った。

同時刻に行われたヤマハ発動機対ホンダ戦は、ヤマハが勝利し、他会場の結果、5位近鉄、6位神戸製鋼、7位リコー、8位ヤマハが日本選手権出場枠「2」を決めるワイルドカードトーナメントに進むことになった。滝澤キャプテンは、「次のステージに進めることを嬉しく思います。きょうはブレイクダウンで受けた部分もあり、2人目、3人目の寄りをもっと早くしなくてはいけないです」と反省を口にしていた。

マンオブザマッチは8位以内を確定させるトライに、ノヌーからのパスをWTBにミスなくつないだFB横山伸一が受賞した。それにしても、きょうのノヌーはすごかった。左右への長く素早いパスでチャンスを作ったほか、タックルを弾き飛ばして大きく前進し、タックルでもトヨタのチャンスの芽を摘み、観客を沸かせた。2月下旬からは、スーパー15が開幕。オークランドのブルースと契約しているノヌーの帰国時期が気になるところだが、ワイルドカードには出場するとのこと。「日本選手権には出場するのですか?」と質問すると、手を飛行機が飛び立つ形にして、おどけていた。この件について結論は出ていない。ちなみに、会見場に入ってくるとき、ノヌーがスパイクを脱いだ。日本の習慣が身についたということ? 微笑ましい姿だった。ただし、そこは土足OKだったんだけど。

201202051

他会場の結果は以下の通り。神戸製鋼はトップ4入りに、コカ・コーラウエストは自動降格圏内脱出に、ほんとにあと一歩だったんだなぁ。

■トップリーグ第13節・日曜の結果
サントリーサンゴリアス○32 – 28●神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半17-18)
コカ・コーラウエストレッドスパークス●36 – 42○NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半12-14)
ヤマハ発動機ジュビロ○35 -5●HondaHEAT(前半10-5)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●19-22○リコーブラックラムズ(前半19-17)
東芝ブレイブルーパス○59-25●パナソニックワイルドナイツ(前半26-5)

■日本選手権ワイルドカード組み合わせ(2月18日 花園)
12:00 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 対 リコーブラックラムズ
14:00 近鉄ライナーズ 対 ヤマハ発動機ジュビロ

■プレーオフ・セミファイナル組み合わせ(2月19日 秩父宮)
12:00 パナソニックワイルドナイツ 対 東芝ブレイブルーパス
14:00 サントリーサンゴリアス 対 NECグリーンロケッツ

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第13節・土曜&トップチャレンジ2節結果 | トップページ | 6カ国対抗、大八木さんほか »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    永遠の9番さんの意見は、秋入学が日本中に浸透すれば、ある程度解消されると思います。

    投稿: ドニントンパーク | 2012年2月10日 07:52

    有名無実化した日本選手権はやめた方がいい。日本選手権をやめることでホーム&アウェー(いちおう名義上…)形式による試合の倍増が図れる。プレーオフはそのままとして。


    そして、その他に…
    時期としては5〜7月あたりにトップリーグ全チームによるW杯形式のカップ戦を行う。シーズンの結果による上位2チームはプール戦免除、残り12チームを各プール4チームに分け、総当たり戦をやって各プール上位2チーム、計6チーム+プール戦免除の2チーム、計8チームによるトーナメント戦を行うのはどうだろうか?

    そしてNHKが承諾してくれればの話だが、このカップ戦を『日本選手権』と銘打つ。

    ただ、これをやると代表に選ばれた選手、スーパー15兼務の有力外国人選手が参加できないし、下部リーグ&学生&クラブチームがトップチームに挑戦する機会も失われる弊害が生じる。

    投稿: 永遠の9番 | 2012年2月 9日 23:25

    スーパーラグビーは昨年から同じ国のチーム同士でホーム&アウェイ方式で、同じ対戦でも観客が違うし、プレイオフではポイントが上のチームがホームで戦えるし、優勝争いだから盛り上がります。トップリーグは2位でも3位でも秩父宮なりでホームアドバンテージが無いのが問題かも知れません。ホーム&アウェイでやっても企業のチームなので日本中に会社があったり、東京等の大都市に本社があるチームで、地域に根差してる訳ではないし、スタジアムも無く、秩父宮より集客は厳しいと思います。また、トップリーグは段々コンペティティブになってるので、日本選手権はトップリーグのプレイオフに進出してないチームが勝たないとは限りません。一般の人はそんなものなんじゃないですか?トップリーグの試合数は選手も少ないと考えてるから検討して欲しい。今は日本選手権というNHKや学生ラグビー人気を当てしてる日程という感じがします。個人的にはなるべく洗練されたラグビーが観たいし、学生に新しいコンペティティブなフォーマットの必要性を考える後押しにしたいのもあって、トップリーグ外国人3人でやって欲しいです。

    投稿: ドニントンパーク | 2012年2月 8日 23:05

    日本選手権に意義はあるのではないですか。トップリーグの中位チームの復活戦みたいな要素もあり。
    でも、大学対トップリーグは今のままだと、勝敗の趨勢が見えているので、客の関心は薄れますね。外人の人数を揃えるくらいはいいんじゃないかと。いつも出れないトップリーグの控え日本人の活躍の場にもなるし。

    投稿: テルキー | 2012年2月 8日 21:24

    最終節に首位争いするのが一番いいけど、その後にまたすぐプレーオフや日本選手権ある事が分かりづらいって事。
    どうせ二週間後に同じカードがあると分かってれば、よっぽど好きな人じゃないとプレーオフの方見に行くと思いますよ。
    それに、プレーしてる人達は二冠目指して頑張ってるかも知れないけど、トップリーグと日本選手権で勝者が分かれた場合、新聞やニュースでしか見ない一般の人には日本選手権の勝者しか記憶に残らない。
    それと、キックオフのファンファーレもワールドカップの真似事で恥ずかしいけど、やる会場とやらない会場あるのは何故なんでしょう?
    やるなら、シーズン前に意見まとめて全会場でやるべきでしょう。

    投稿: ケンタ | 2012年2月 8日 17:31

    トップリーグの最終節に首位争いしてる同士が戦う方が盛り上がるし、開幕戦で優勝候補同士が当たるのは止めてという意見もあるし、今のままで良いと感じます。日本選手権とトップリーグの二冠を獲得し文句なく日本一になるのが究極の目標だと思いますが、どちらが上とか無いと思います。日本選手権はNHKで放送されるのも有益です。現行のシステムでは学生のチャレンジも必要。以前と違って学生と社会人の王者同士では差があり盛り上がらないので今のままで悪くはないと思います。サッカーの天皇杯みたいで。前も記載しましたがトップリーグのチームは学生相手でも普段やってる外国人3人でやって欲しいし、学生は将来、ジョージ・ノース達と戦いたいなら、コンビネーションがとれてるいつも通りのトップリーグのチームにチャレンジして欲しい。ラグビーやってて、手加減してるようなチームと戦いたい気持ちが理解出来ません。格上のチームには200%勝つ気で戦うのが喜びだと思うし、強いチーム相手に活躍してこそ価値があると考えのが普通だと思う。

    投稿: ドニントンパーク | 2012年2月 8日 12:12

    確かに秩父宮はヒドいですね…。
    シーズン終盤の好ゲームを台無しにしてしまう可能性が…。 まさしく隣の芝生は…で6ヶ国対抗は眩しいほどですよね。

    投稿: タツヤキ | 2012年2月 7日 22:59

    コーラ対NTTコムの試合をJスポーツで観戦したのですが、ルールについて少し教えてください。後半の最初のNTTのトライの時のプレイですが、スクラムから8番の選手がボールを持ち出して前から来た7番の選手にボールを渡し、そのままトライをしましたが、このプレイは7番の選手はオフサイドではないのでしょうか。もしくはスローフォワードになるのではないですか。ボールより前の選手はそのままプレイに参加したらオフサイドになると聞いていましたからそう思いました。間違っていたらルールの解釈をお願いします。それと試合を決めた10番の選手の最後トライですが、バスケットのドリブルみたいにボールを地面にたたきつけていましたが、あれでいいのですか。以上、2点ですが今ルールを覚えようと必死に見ていて疑問に思ったので質問しました。よろしくお願いします。

    投稿: ととる | 2012年2月 7日 22:54

    個人的には、社会人チームと大学チームの対戦を主眼とした日本選手権は、とうに役目を終えたのかなと思います。
    その代わり日本協会が、近い将来日本代表に入る可能性がある有望大学生を選抜。
    その選手達を、大学チームの試合が無い週は、指定したトップリーグチームで練習させ、週末のトップリーグの試合に出場出来る様な、新たな制度を速やかに整備するべきではないかと思います。
    また、トップリーグの13試合というのは、あまりにも少な過ぎると思います。
    日本選手権は廃止し(年間チャンピオンが2チーム存在する制度は分かりにくい)、トップリーグ自体の試合数を増やす方向に改革するべきではないかと考えます。

    投稿: 坂石町分 | 2012年2月 7日 22:01

    東芝対パナソニック戦もそうでしたが、トヨタ対リコー戦でも、トライシーンでノヌーや遠藤選手の微妙な判定がありました。

    こういうのを見ると、やはりTMOを導入してほしいなあと思いますね。

    これからのプレーオフトーナメントや日本選手権では、TMOはあるのでしょうか?

    投稿: ハイメガ | 2012年2月 7日 19:57

    Jスポで東芝VSパナソニック戦を見ていましたが、後半の堀江のトライはグラウンディング前に東芝の選手に取られてましたね。リプレーで見るとはっきりわかりました。その前のトライもフーリーがタッチを割っていたような・・・。

    投稿: ラグBEER | 2012年2月 7日 11:13

    とにかくグランドが悪すぎる。雪の後、協会が休みだから手入れが出来なかっただの言い訳にならない。近年の秩父宮の悪さは尋常ではない。何がワールドカップだオリンピックだ。秩父宮が聖地なら、コンディションは最良に保つべきだ。分散開催による試合数の制限と、整備を徹底するよう、みんなで呼びかけ、支援しよう。

    投稿: 山本 昭 | 2012年2月 7日 10:46

    またすぐパナソニックと東芝が試合して、日本選手権でも戦う可能性があるんですよね?
    短期間で三回も試合されたら素人は何が何だか分からないですよ。
    プレーオフやるなら四強に残りそうなチームは初めの方に戦わすとかすればいいし、大体残るチームは決まってるんだから。
    そもそも、トップリーグと日本選手権の位はどっちが上ですか?日本選手権て本当に必要ですかね?
    特に、クラブチームが出たり下部リーグが出たり、意味無いと思う。
    毎年観戦してる自分でも、日本選手権の勝者しか印象が無いし。

    投稿: ケンタ | 2012年2月 6日 23:25

    筑紫は先月、1、2年生によるサニックス・ワールド・ユースの予選会に出て、新チームで早く動きだしてるのが東福岡に対してアドバンテージではあると思います。因みに裏花園とも言われる予選会で筑紫は3位で、優勝は伏見工業、2位は大阪桐蔭です。

    投稿: ドニンパーク | 2012年2月 6日 23:16

    筑紫は東福岡の谷崎監督とは対照的な熱い先生が指導してると、2年位前に谷崎監督のTBSドキュメンタリーで観ました。谷崎監督って奥様亡くされ、ニュージーランドで暮らして心を癒し、選手同士でコーチングしたりと指導方法も180度変わり、東福岡の黄金時代を築きましたが、号泣しながら観ました。大学も伝統校が負けたりと、日本開催のワールドカップを前に良い方向だと感じます。以前、どこかの高校の監督が、「10年以上連続して花園に出てる高校があるが、他の指導者は何をしてるのか?」の様な内容を間接的に聞き、発奮してチームを花園に連れて行ったことがありましたが、各地でしのぎを削って欲しいです。

    投稿: ドニンパーク | 2012年2月 6日 22:55

    トップリーグではありませんが、高校ラグビー福岡県決勝で、東福岡高校が敗れ連勝記録が止まりました。相手は筑紫高校です。
    全国的には目立ちませんが、筑紫高校強いですよね!

    投稿: うつつ | 2012年2月 6日 16:30

    神戸は来年ジャック・フーリーが加入するから強くなると思います。霜村選手にジョギング?って位余裕でフォローしてて、スピードもサイズもテクニックもあるし。アイイは最後なら残念ですけど、去年のオールスターを録画してるのが慰めです。あのステップ、日本でプレーしてる全ての人が真似して欲しいです。エディーさんが日本では世界で最速のラグビーが行われてると言いましたが、レベルはとにかく6ネーションズより面白いと感じました。秩父宮のピッチは東京砂漠という感じだからなんとかして欲しいですね。ピッチ脇のベンチ等も古くさくトップリーグの派手でモダンなジャージとは対照的で…。フリマや廃品でももっとモダンなものはあるし、ジョージ・スミスやジャック・フーリーにお金かけるのもいいけど、日本のそうそうたる企業が使う日本ラグビー場のメッカとしては寂し過ぎます。一万円足らずでも軽くてコンパクトでモダンな椅子は用意出来そうだけど。日本だけじゃなく、テストマッチや東京セブンズなどで世界中に放送されるのに恥ずかしくない感覚が私には理解出来ません。

    投稿: ドニンパーク | 2012年2月 6日 11:44

    昨日は誤審だらけでしたね。東芝ーパナソニックの後半のパナソニックの3つのトライはトライではありませんでしたよね。

    投稿: 田中 | 2012年2月 6日 08:25

    神戸製鋼はどう思ったらいいんでしょう?強いのか弱いのか?
    来期は安定的に力を発揮して、下位のチームからの取りこぼしをなくし、トップ4に残ってほしいものです。
    トヨタもいったいどうしてしまったのか…来期はとにかく奮起を!

    投稿: テルキー | 2012年2月 6日 00:07

    スティーラーズは強豪相手には互角に戦うのに、不甲斐ないゲームが多いのはなぜでしょうか?久々出場の伊藤剛臣選手は、引退されたと勝手に勘違いしていたので、チームに喝入れのため復帰か!と一瞬驚きました。剛臣選手と入替で後半入った後継者は何かを感じ取ってくれたでしょうか。

    投稿: こばちゃんさん | 2012年2月 5日 23:17

    今年のトヨタには何が足りなかったのでしょうか・・・?大好きだから残念で(涙)

    投稿: さだ | 2012年2月 5日 22:13

    瑞穂で練習グランドでお声を掛けさせて頂いた者です。
    今日のノヌーは素晴らしかったですね!
    2トライ目へ繋がるロングパスは、ちょうど真横で観ており鳥肌が立ちました!
    縦への突破も機能していてノヌー選手を満喫できました。
    秩父宮・花園とノヌー選手の人気は凄かったのですが、まさか瑞穂であれだけの多くのファンが試合後に残っているなんて・・
    瑞穂では初めての光景でした。
    グラウンドを後にしかけたノヌー選手が突然振り返って電光掲示板側に歩み寄り、多くの方にサインを書いていました。
    名古屋の子供達にはいい思い出になったと思います。

    試合後にトヨタのアイイ選手との会話で、この試合がトヨタでの最後の試合だったようです。
    アイイ選手の変幻自在のプレーが好きで楽しみだったのですが・・
    何とか来期も日本でのプレーを見たいものです。

    投稿: ゆうさく | 2012年2月 5日 21:46

    神戸製鋼は、上位4チームに2勝2敗。パナソニック戦サントリー戦は勝ちゲームだったような気がします。

    投稿: H | 2012年2月 5日 21:28

    今日の東芝は強かった。
    第1試合でサントリーが勝ったので、パナのモチベーションが下がったのか、と思いましたが、東芝もリーグ1位を失ったわけで、気持ちとしてはイーブンだったかも。
    東芝はリーグ2位で終わりましたが、得失点差ではトップ、トライ数もトップ、反則数もベスト4内ではトップですね。リーグ1位に匹敵するくらい素晴らしい成績です。プレーオフではパナのリベンジに期待したいです。

    投稿: tamtam | 2012年2月 5日 20:33

    土日とも熱戦の連続でした。
    特に首位サントリーに真っ向勝負を挑んだ神戸製鋼は素晴らしい。惜しくも大魚を逸したものの、これぞラグビーという試合でした。
    NECは強いのか弱いのか?(笑) サントリー相手に強いNECを再現してほしいものです。

    投稿: ねも | 2012年2月 5日 19:19

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53909646

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第13節日曜の結果など:

    » ラグビー・トップリーグ サントリーvs神戸製鋼 第13節in秩父宮 [銀杏(いちょう)の並木道]
    サントリー 32 - 28 神戸製鋼 大接戦になりました。開始早々2分にサントリ [続きを読む]

    受信: 2012年2月 5日 22:53

    » ラグビー・トップリーグ 東芝vsパナソニック 第13節in秩父宮 [銀杏(いちょう)の並木道]
    東芝 59 - 25 パナソニック (背番号15は最年長トライを更新した松田選手 [続きを読む]

    受信: 2012年2月 5日 23:00

    » SBW(サニービルウイリアムズ)シーズン前の乱闘騒ぎ [Rugby Kingdom  ラグビー王国ニュージーランド]
    日本のトップリーグも大詰めで盛り上がっているのかな?今年は大物外国人選手が多数入ったので観客数が伸びていると良いけど。その中でも大人気なのがオールブラックスのマア・ノヌーでしょうね。ノヌーの大フ...... [続きを読む]

    受信: 2012年2月 7日 19:18

    « TL第13節・土曜&トップチャレンジ2節結果 | トップページ | 6カ国対抗、大八木さんほか »