« セブンズと高校選抜大会のこと | トップページ | 東京セブンズまで25日 »

日本選手権2回戦結果&大阪トークのお知らせ

土曜日の入替戦取材後、東京に入ってスーパー15の解説をし、日曜日の朝、熊谷に向かった。きょうの熊谷は寒かった~。やや薄着で失敗。メイングラウンドでは日本選手権2回戦2試合が行われた。まずは、キヤノンイーグルスとNECグリーンロケッツの戦い。※JSPORTSで録画放送を見る方は内容に触れますのでご注意ください。

先制したのは、キヤノンだった。9分、相手のミスボールを拾ったWTB新井が前進、連続アタックからFB田井中が右中間にトライをあげる。NECに大きく流れを引き寄せたのは、WTBネマニ・ナドロの爆発的な突進力だった。11分、ナドロがタックラーをかわして前進し、CTB釜池がトライ。15分、今度はナドロがタックラーを弾き飛ばしてトライ。キヤノンも、俊足SO橋野が個人技で抜け出してトライを返したが、25分、NECはSO田村が抜け出し、最後はナドロがインゴールへ。19-14とリードする。直後の27分、カウンターアタックを仕掛けたキヤノンのパスをナドロがインターセプトして、この日2つ目のトライ。キヤノンの反撃ムードを断ち切る価値あるプレーだった。

以降は、やや甘くなったキヤノンの防御に対し、ナドロが文字通り爆発して、なんと計7トライ。左タッチライン際でのプレーだけでなく、逆サイドに走り込んでのトライもあり、トップリーグ最多トライゲッターの実力を見せつけた。足を痛めていたようなのだが、走り出せばまったく問題なし。しかし、7トライって、PGじゃないんだから、と突っ込みたくなるような量産だった。

※ネマニ・ナドロの7トライは、もちろん、日本選手権の1試合個人トライの新記録。これまでの、大畑大介、セミシ・サウカワの5トライを上回った。

第2試合は、学生王者の帝京大学が東芝ブレイブルーパスに挑戦した。「未来に向かって戦おう」と学生を激励した岩出雅之監督の言葉通り、帝京は接点で思いきりよく前に出て、東芝の攻撃を自由にさせなかった。東芝HO猪口、WTB伊藤トライを奪われたものの、12分には、東芝ゴール前のスクラムで相手が反則を犯すと、すかさずSH滑川が速攻を仕掛けてそのままインゴールへ。10-7と3点差に迫る。ラインアウトは東芝に支配されたが、スクラムでは健闘し、カバーディフェンスも機能。前半を24-12の12点差で折り返した。

東芝の和田賢一監督は、「さすがに学生王者。ブレイクダウンで食い込まれた。接点の低さ、速さへのこだわりを感じました」と帝京を称えた。しかし、後半は、「全員がペネトレートしよう」と、一人一人が激しく前に出ることを徹底し、シンプルにプレー。疲れの見え始めた帝京を圧倒した。東芝はPR久保、LO大野、SH吉田、FB松田ら次々に投入された経験豊富な選手たちが元気にプレー。大野は特にすごかったが、帝京の反撃を終了間際の1トライに抑えた。

「相手がどこであれ、我々が取り組んできたことを、いかに一貫性をもってブレずにできるかがテーマでした」と和田監督。「うまいラグビーをしようとすれば苦戦する。シンプルに体を当てて我々のリズムをつかむことに主眼を置きました」と振り返った。敗れた帝京大学はこれでシーズン終了。記者会見では、岩出雅之監督、森田佳寿キャプテン揃って報道陣に謝意を示した。この春から東芝入りする森田キャプテンは、東芝について「軽いプレーもなく、集中力を切らさず、プレーをやりきっていることを素晴らしいと感じました」と感想を述べた。岩出監督は大学選手権4連覇に向けての抱負を問われ、「学生を大切に育てたい。毎年、優勝は目標から外していません。夢に向かって学生は頑張ってくれるでしょう」と語った。

■日本選手権2回戦結果
キヤノンイーグルス●19-62○NECグリーンロケッツ(前半14-31)
東芝ブレイブルーパス○86-19●帝京大学(前半24-14)

緊急トークライブのお知らせ◎大阪・北浜駅近く、ラグビー部マーラーでの恒例のトークライブのお知らせです。今回は選手ではなく、先日のトップリーグ年間表彰式で特別表彰を受けた、近鉄ライナーズ応援くらぶ団長の武広英司さんです。表彰式でも、花園ラグビー場バックスタンドでの口上を披露した武広さん、いったんどんな話になるのやら。ラグビーの応援スタイルについて考え、応援団結成についても大いに参考になる話が聞けそうです。ミュージシャンでもある武広さんの歌が聞けるかも?

日時:2012年3月21日(水) 午後7時開演(午後6時30分より開場)
会費:3,500円(ドリンク、軽食込み)
場所:ラグビー部マーラー(大阪市中央区東高麗橋5-6南野ビルB1)
進行:村上晃一
ゲスト:武広英司氏(トップリーグ2011-12年間特別賞受賞:近鉄ライナーズ応援くらぶ

※満席となりました。ありがとうございます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « セブンズと高校選抜大会のこと | トップページ | 東京セブンズまで25日 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    今回のトークライブのゲスト団長なんですね!
    行きたかったのですが、土曜日以外は、夜は無理なので(大阪行くまで2時間かかります)
    もし、出来るなら土曜日にして貰えると、参加できるのですが。

    投稿: しお | 2012年3月 8日 19:28

    日本選手権のあり方について。

    早稲田が東芝に勝つのを興奮して見ていました。
    翌年、神戸製鋼相手に大東大HO平岡がまさかのDGを平然と決め、勝負はどうなるのか、興味をもって見ていました。
    あれから20年以上がたち、当時は意味のあった大会も、そのあり方を大きく見直す時期でしょう。

    私の意見です。

    トップリーグ、トップチャレンジ、大学、クラブの各大会終了をもって、シーズン終了とする。
    シーズン最強はトップリーグ王者であることは歴然ですので、あえてその定義はしない。

    ②日本選手権は、シーズン終了後のお祭り大会の位置づけとする。

    ③日本選手権の出場チーム数は8チームのトーナメント。

    ④出場チームはトップリーグ5、トップチャレンジ1、大学1、クラブは大学2位と出場枠を争い勝ったほうが最後の枠へ。

    ⑤出場資格を持つ選手は日本代表になる可能性を持つ選手とする。これにより、外国人大物選手はスーパー15や6ネーションズに参加しやすくなると同時に、普段自チームで大物外国人選手の控えで出場機会に恵まれない選手の公式戦出場機会を増やす。
    なお、クラブや大学に関しては、以上の条件は
    適用外でいいと思います。大学など、ただでさえ日程上のハンデを強いられているので。

    細かいところは柔軟に考えていけばいいと思います。
    少なくとも今よりはまともな日本代表権になるのでは?

    投稿: インバカーゴ | 2012年3月 8日 11:49

    自分は見たくない試合は見ないですね(笑)
    日本がつまらなければ多分海外ばっかり見るし。
    日本開催のワールドカップがこけようがうまくいこうがどっちでもよくて、
    ただ自分は見に行きます 地元だから(笑)
    結局現場の選手の気持ちは計りづらく
    薫田元代表(他の選手も同じと信じたいです)のNZ戦の悔しさは多分わかんないすよね自分には。
    帝京大学然り。

    日本代表をいかに強くするか本気で考えられる方々が集まったなぁと思います。
    …オレ期待してるじゃん(笑)

    投稿: けんじ | 2012年3月 7日 00:13

    喧嘩を売る気はありませんが…
    キャノンに対する意見で『辞退しろ』的なコメントはいかがなものでしょうか?
    建設的で自由奔放な意見はいいですが、あまり気持ちのいいコメントではありません。

    投稿: ユキポン | 2012年3月 6日 22:50

    大学の指導者は大学でプレイさせたいし、学生もレベルが高く試合に出場しづらいトップリーグは二の足踏むと思う。大学でキャプテンなどしたら、日本代表でも辞退した人いるし、そこには選らばた責任感や仲間意識があります。大学は4年生が卒業するから一年ごとチームを作り直すし、若いのでフィジカルも経験もトップリーグには及ばず、勝てる訳がありません。ただ、鉄は熱いうちに打たないといけないので、現状で出来そうなことは、季節が逆のNZで日本の公式戦以外にプレイする、対抗戦とリーグ戦を統合する、大学のトップクラスはトップリーグの控え選手と頻繁にゲームをする、日本選手権にトップリーグのチームを増やし、もっと下位のチームと対戦させる等だと考えます。東芝は前半スクラムのボールを奪われ失点してるので、スクラムトライをし、嬉しさから頭上にボールを放り投げようと個人的には全く違和感ないです。朝青龍のようにガッツポーズして問題になるスポーツじゃないし。海外の選手はアリで日本人はナシの方が違和感があります。

    投稿: ドニントンパーク | 2012年3月 6日 14:53

    帝京の善戦は評価します。指導者のラグビーへのビジョンは評価しませんが。でも、東芝相手の善戦は素晴らしかったと思います。

     一方、キャノンは本当に不甲斐ない。トップチャレンジで昇格を決めた後の大敗、それに続くNEC戦の大敗。こんなチームがトップリーグに昇格するかと思うとすごくイヤな気分になります。ラグビーは、スキル、戦略も大事でしょうが、基本は強い気持ちではないでしょうか。いろんな悪い条件が重なっているのかもしれませんが、大量得点を簡単にとられるのは、精神面のあり方に大きな問題があるとしか思えません。1回はともかく2回続けてというのは、復元力もない証拠です。

     このようなチームが、来期までに精神的に何かを獲得する準備をしてくるとは思えない。昇格権をクボタに譲ったら、とすら思うような惨状だと思います。今までの昇格権をゲットしたチームは、意気の良さを前面に押し出して闘ってきました。トップリーグに昇格することの価値を理解してほしいと切に思います。もし理解できないなら辞退するべきだと思います。

    投稿: 青高OB | 2012年3月 6日 10:01

    やはり現行の日本選手権は改正して欲しいです。
    トップリーグプレーオフで三位決定戦を行い、トップリーグ三チームと大学チャンピオンの四チームで行うのはどうでしょうか?トップリーグの上位四チームがそのままでるのよりどこが出れるかわからない方が緊張感も楽しみも上がるはずです。そしてやはり大学がトップリーグにチャレンジする機会は学生にもいい経験になると思います。トップチャレンジはワイルドカードにいれるべきだと私も思います。

    投稿: スペンサー | 2012年3月 6日 08:38

    クラブ王者が大学王者に大敗
    大学準王者がTLチャレンジ王者に(まあ)大敗
    大学王者がTL4強に大敗

    何か悪いことしましたか? というような「見せしめ」になっていて不快というか、趣味が悪いですね。

    ごく個人的には、春・夏に「協会指定の技量審査試合」的なものを行い、クラブや大学のレベルがTLにかなり遠いことを確認できれば日本選手権には出場させない。というのを毎年したらどうかなと思います。

    あと、早稲田がトヨタを破って東芝に負けた年のことを思い出しても、帝京は東芝とやる前に、どこかもう少し下のTL勢とやったほうが良かったのかなと。こちらの目線でいえば、日本選手権は16チームくらいでやり、TLが12枠大学勢が4枠とか、そこにクラブ1~2枠を入れ、無理な話かも知れませんが、TLの弱いほうと大学勢・クラブ勢を1回戦で当てる、くらいの「まあ許してよ」みたいな工夫があっても良いのかも知れませんが。NTTコムやトヨタ。…いやいや待って下さいよ、サニックスやドコモ、ホンダやコーラにだって、もう一度トーナメントに出させてあげてもいいのでは? 数がどんどん増えてゆく…(笑)

    色々ない意見から最善を探して欲しいですね。

    投稿: トンガリキッズ | 2012年3月 6日 04:54

    日本選手権の改革に向けて、走りだしたようです
    個人的には、トップチャレンジと、クラブ枠は、ワイルドカードに組み込んだらと思います

    村上さんなりの改革案が有りましたら、お聞かせください

    投稿: ハード | 2012年3月 5日 21:59

    大学生の有望選手をさっさとトップ・リーグでプレイさせればいいと思います。
    そしたら、学生対社会人っていう構図の意味はなくなりますからね。学生が社会人に挑戦っていう日本選手権の大義は失われます。

    投稿: かもめのJONA | 2012年3月 5日 19:19

    かもねぎさんに激しく同意。
    日本選手権自体の意義については賛否両論あっても、このヘンテコな組合せは「否」以外の何者でもない。

    投稿: テルキー | 2012年3月 5日 13:18

    帝京大学頑張ってはいるが、明らかにミスマッチでしょう。
    世界的に見ても、大学生とプロが戦う公式戦てあるんですか?
    大学とクラブは各カテゴリー内で、チャンピオン決めるだけじゃ駄目なんですかね。
    あの試合にお金払って見に行けないですよ。
    テレビ観戦でも、ちょっと無理がある。

    あと、東芝のナンバーエイトの人。
    学生相手にスクラムトライ取って、あんなに点差も付いてるのに、ボールを頭上に上げるパフォーマンスはいらないでしょう。
    そういう所は海外の真似しないで下さい。

    投稿: ナドロ | 2012年3月 5日 13:18

    やはりNECのSOは田村優ですね。
    プレーオフは悲惨な試合でしたが、日本選手権準決勝は頑張ってほしいです。

    花園には行けませんが、国立で待ってます!

    投稿: ねこぷ~ | 2012年3月 5日 10:59

    東芝、スコアだけ見ると大勝ですが、前半と最後に取られたトライはいただけませんね。
    それにしても、組み合わせが違うだけでプレーオフと同じチームが準決勝。もう少し日本選手権の組み合わせを考えるときが来てるのかも知れません。

    投稿: タマモクロス | 2012年3月 4日 19:57

    やはりどちらも2回戦ではなく、1回戦で行われるべきミスマッチでしたね。
    ヤマハ>帝京大、神鋼>キヤノン なのは明白です。
    NHKをつなぎとめることだけが目的のこんな不自然な組み合わせはもうやめませんか。

    投稿: かもねぎ | 2012年3月 4日 19:24

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54139660

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権2回戦結果&大阪トークのお知らせ:

    » ラグビー日本選手権 キャノンvsNEC [銀杏(いちょう)の並木道]
    キャノン 14 - 62 NEC 立上り反則が目立ったNECに対して、キャノンは [続きを読む]

    受信: 2012年3月 4日 23:17

    » ラグビー日本選手権 東芝vs帝京大 [銀杏(いちょう)の並木道]
    東芝 86 - 19 帝京大学 大学生相手の、ある意味東芝としては難しい試合でし [続きを読む]

    受信: 2012年3月 4日 23:19

    » ラグビー日本選手権 2回戦 [らぐびーる]
    ラグビー日本選手権を観戦。日本選手権、2回戦NEC ○62-19● キヤノン東芝 ○86-19● 帝京大NECvsキヤノン。ナドロのプレー、途中からは笑うしかない状態でした。ナドロ祭りでした。1人で7トライ。まるで全盛期の○○の様です(嘘)解説者も言ってましたがNECがよかったのは、ナ... [続きを読む]

    受信: 2012年3月 6日 23:13

    « セブンズと高校選抜大会のこと | トップページ | 東京セブンズまで25日 »