« スクラム釜石からのお知らせ他 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »

日本選手権決勝結果

3月18日、国立競技場で行われた日本選手権決勝は、サントリーサンゴリアスがパナソニックワイルドナイツを下し、2年連続5回目の優勝を飾った。サントリーは、トップリーグに続く二冠を達成。竹本隼太郎キャプテンは「今シーズンの練習をはじめてちょうど52週目になります。エディーさんとコーチに必死に食らいついて、何か一つでも欠けていたらこの結果は得られなかったでしょう。チーム一丸となって成長できたことを嬉しく思います」と、一年間の練習を振り返りつつ、喜びを語った。

試合は、キックオフ直後から両者がプレッシャーをかけあい、緊張感ある戦いになった。僕はJSPORTSの仕事でピッチレベルにいたのだが、試合に見入る両チームの控え選手、コーチ陣、そして集中力ある展開にのみこまれる観客の空気をひしひしと感じた。

前半の立ち上がりは、パナソニックの激しく前に出るディフェンスが機能し、サントリーもなかなか前に進めない。19分、パナソニックは若松のターンオーバーからバツベイが抜けだし、サントリーゴールに迫ったが、ここはサントリーのWTB小野澤が戻ってトライを防ぐ。23分、パナソニックFB田邉が先制PG。しかし、サントリーは、SOピシが自らのパントをインゴールで押さえて逆転。35分には、小野澤がインターセプトから約50mを走りきって14-3とリードを広げた。

後半に入っても、互いに激しいタックルでターンオーバー、ボールを奪ったチームが素早く攻め、奪われたチームも必死に反応するハイレベルの攻防が続いた。パナソニックは、田邉とデラーニのPGで9-14に迫ったが、29分、サントリーCTB平がデュプレアのパスに走り込んでトライ。試合を決めた。

「獲るべきところで獲ったサントリー、獲れなかったパナソニックの差」とパナソニックの中嶋則文監督。サントリーのエディ・ジョーンズGM兼監督は、「2年前にチームの強化を始めたとき、日本で一番のアタッキングチームになるのが目標でした。実際にそうなれたと思いますし、今は日本一のディフェンスのチームでもあると思います」と誇らしげに語った。また、準決勝の東芝戦に勝ったあと、心身ともに疲労があったことを明かし、「この一週間は、これまでの52週でもっとも軽い練習でした」とコンディションを重視したと説明した。後半20分を過ぎてからペースアップして試合を決める見事な優勝だった。

報道陣からは日本代表ヘッドコーチに就任してチームを離れることについても質問があったが、竹本キャプテンは「エディーさんがサントリーから離れるのはさびしいけど、日本ラグビーにとっては良いことだし、嬉しく思います」と祝福した。

試合内容は素晴らしかったが、シーズンが間延びした感じになって、観客の足も伸びなかったことは残念。大学と社会人の王者が日本一を争うことが現実的でなくなってから、日本選手権は微修正を繰り返してきたが、大幅に見直す時期だろう。ただ、今年はワールドカップイヤーという4年に一度の特別なシーズンだった。日本選手権の再編は急がなくてはいけないが、手っ取り早い修正ではなく、トップリーグとセットで長い目で見て考えたい。

◎第49回日本選手権大会決勝結果
サントリーサンゴリアス○21-9●パナソニック ワイルドナイツ(前半14-3)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « スクラム釜石からのお知らせ他 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    私もJSportsの生中継で観たかったと思いました!!大人の事情なんですかね・・・。準決勝のEテレは画質も悪かったし、カメラワークもイマイチでした。
    でも普段中継していないのにアナウンサーはよく勉強しているもんだな、と感心しました(笑)。


    投稿: ねこぷ~ | 2012年3月21日 22:20

    ラグビー愛好日記、いつも楽しく拝見させていただいております。
    私も個人的な意見ですが日本選手権は再編してほしいと思っています。
    現状ではTOPリーグからの出場チームが限定されていることで、TOPリーグが日本選手権の予選のように感じてしまいます。
    TOPリーグと日本選手権を並立させるためにも日本選手権はサッカーの天皇杯のようにオープントーナメントの大会として再編するべと思います。NHKの地上波の放送がある大会を廃止するべきとは思いません。それを有効活用するべきと思います。
    現状はトップリーグの下位チームが日本選手権に出場できず。それよりも下のカテゴリーのチームが出場して、大差のスコアの試合があるのが問題なため、TOPリーグからは14チーム全てが出場できるようにしていただきたいです。そのうえで、下部リーグの上位チーム、大学選手権の上位チーム、クラブ大会の優勝チーム、地方予選を勝ち抜いたチームが1回戦を戦い、勝者が2回戦でTOPリーグの下位チームと戦うようにすればミスマッチは少しは減少すると思います。
    地方予選は関東では8~9月に対抗戦A、リーグ戦1部、トップイイ-ストのチームでトーナメントをおこなえば良いと思います。
    日程は大学選手権の翌週からTOPリーグを中断する形で開催する。その後にTOPリーグの12、13節とプレーオフを4週間かけて行う。少し、シーズンが長くなりますが3月末の年度末には終了できます。TOPリーグの決勝がシーズン最終戦になることでTOPリーグの優勝チームも今よりも注目されるのではないでしょうか?そして、3月に決勝が行われることで気候も少し、暖かいので集客がしやすいと思います。いかがでしょうか?


    投稿: GGG | 2012年3月20日 23:35

    教えてください。
    テレビマッチオフィシャルが、タッチのインゴールかどうかで使われてましたが、TMOは、トライの確認だけと思ってました。
    他のプレイでも使えるのでしょうか。
    結局テレビのマイクに入ってたのは、映って無かったのでマッチオフィシャル(谷口レフリ‐?)のジャッジで!
    何か納得いきません。

    投稿: しお | 2012年3月20日 19:43

    その1試合を見るだけで、お腹いっぱいになる位、入り込んで見ていました。

    スーパー15もシックスネイションズも注目ですが。

    やっぱり日本のラグビーが一番です。

    素晴らしい試合をありがとうございました。

    投稿: 池田亜樹 | 2012年3月20日 11:42

    決勝熱戦でした。サントリーの力が抜けてた気がします。
    スポーツ新聞にエディさんの「6万人の前でプレーしたい」とコメントが載ってました。
    エディジャパンでは強いチームでスタジアム満杯に!

    投稿: MAMA | 2012年3月19日 10:59

    村上さんに質問すべき内容では無いと思うのですが、JSPORTSの中継情報等を良く掲載されているので、もしご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?
    今年の日本選手権の放送が、NHKが生で放送するゲームは、JSPORTSでは録画中継になってしまっていましたが、選手権の共催者がNHKの関係だったからなのでしょうか?
    NHKではTMOの映像も流れずに、NHK撮影映像のリプレイだけですし。
    NHKの映像は、JSPORTSに比べてアップ多用や、突然バックスタンド側の映像を映したり(リプレイなら判りますが)で、見難い映像が多いですし、JSPORTSの解説陣は大試合は村上さんも含めて複数の体制で、大局的に見ることが出来るので、昨年まではNHKが中継をしていても、JSPORTSの映像を見ていましたが、今年はそれも出来なくなってしまったので。
    もし新年度の早慶戦以降の大学選手権もNHKが中継する試合は同様になってしまうと、つまらない映像になってしまうと危惧したものですから。
    JSPORTSに準決勝の段階で、同様の質問をしたのですが、返事を頂戴出来なかったものですから。
    全くの当事者ではない村上さんに質問してしまう非礼を、お許し下さい。

    投稿: トウマ ユキオ | 2012年3月19日 10:33

    カーワンジャパンの改善点などの報告などは発表はされたのでしょうか。

    投稿: アオキ | 2012年3月19日 09:16

    村上さん、おつかれさまでした。
    今季も秩父宮、国立と、毎節のようにグランドへ足を運びました。
    W杯初戦にオークランドへ行ったのが、だいぶ前にことのよう。
    まだセブンズも残っていますが、9月から7ヶ月、私にとっては一区切りです。

    投稿: coco | 2012年3月18日 21:49

    個人的にはTLのプレーオフは廃止し、一発トーナメントは日本選手権のみでいいと思ってしまいます。同一チームによるBIGカードがシーズン終盤に何度もあり、大差で負けたチームが次に勝つとかはちょっと…。
    もちろん日本最高リーグはTLであり、TL王者が最高のチームという認識でもいいです。せっかくリーグ戦を頑張ってもトーナメントで負けるのは…何となく一ファンでも納得いかない気がします。 TL終盤が消化ゲームにならないように日本選手権出場チームを拡大し、その上大学トップ4とTL下位チームが当たるなど工夫してほしいです。
    来シーズンから始まる関東大学春期リーグの成績でもいいですが、まぁ大学チームは日程やモチベーションが難しいかもしれませんし、関西リーグもありますが。
    もちろんTLが始まった当初の意義であるレベルの高い試合が増えたのはいいですが最近の日本選手権やプレーオフはちょっと…って感じてしまいます。
    TLを勝ち点を積み上げ王者となったチームが一番実力があり、一発トーナメントの日本選手権王者はもしかしたら運も含めた…って感じでどうでしょうか?

    投稿: タツヤキ | 2012年3月18日 21:02

    村上さんいつも的確なお話感謝です お尋ねしたいのはジャパンの監督はかわりますが・・カーワン監督の問題点はなんだったのでしょうか とても素敵な方だとは感心していましたが・・結果がでませんでした 厳しいようですがその評価は?

    投稿: ヨシダタカシ | 2012年3月18日 20:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54251994

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権決勝結果:

    » 日本選手権決勝 サントリーvsパナソニック [銀杏(いちょう)の並木道]
    サントリー 21 - 9 パナソニック 序盤から攻勢に出るサントリーですが、得点 [続きを読む]

    受信: 2012年3月18日 21:32

    » [rugby]日本選手権・決勝 [枯れた芝生の匂い]
    今年の日本一を決める試合に相応しい2チーム。濡れたボール。スリッピーなピッチ。悪条件にも拘わらず濃〜い80分に。サントリー 21-9 パナソニックスコアの経過は劇的ではないけれど、緊張感が持続するゲームに引き込まれる。クラブ同志がこれだけのレベルのゲームが出来... [続きを読む]

    受信: 2012年3月21日 22:22

    « スクラム釜石からのお知らせ他 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »