« 日本代表メンバー発表 | トップページ | 大阪トークライブ3.21 »

近畿高校大会ほか

20日は、近鉄花園ラグビー場、東大阪市多目的グラウンドで開幕した近畿高校ラグビー大会1回戦を見てきた。大阪の常翔学園や奈良の御所実業らが順当に勝ち進んだが、昨季の全国大会準優勝の東海大仰星を天理が破ってスタンドを大いに沸かせるシーンも。天理は強くなっている気がした。ディフェンスは粘り強く、リアクションもいい。敗れた仰星の土井監督は、「今年のチームは鍛えがいがありますよ」と前向きコメント。伏見工業は報徳学園(訂正・当初関西学院と書いてしまい大変失礼しました)を逆転で下して、らしさを見せ、京都成章は、SO清水の長距離を含む4PGなどで後半、大阪朝高を突き放した。成章のディフェンスは相変わらず粘り強い。写真は、京都成章と大阪朝高戦(東大阪市多目的グラウンド)。

201203201

きょうは、各大学の監督、コーチのみなさんがたくさん見に来ていた。天理大学の小松監督のそばには日本代表に選出されたばかりの立川理道選手の姿も。この春からクボタで一緒にプレーするお兄さんの直道選手もいた。前日に日本代表が発表されたこともあってか、高校生から握手を求められたり、ファンの方と一緒に写真に収まったり。早くも、日本代表としてのファンサービスという感じ。「嬉しいです。アドラー履いて行きます」。奈良製のスパイクを履いた初の日本代表になるというわけだ。

近畿高校大会は、22日に2回戦、24日に準決勝、26日に決勝が行われる。決勝戦のみメイングラウンド。上位5チームが、全国選抜大会に進出する。

昨日のブログでも紹介した日本代表会見後、廣瀬キャプテンに少し話を伺った。余裕を持った受け答えが印象的だった。「あまり肩に力を入れずにやりたいですね」。東芝での4シーズンにわたるキャプテン経験、そして、キャプテン会議代表としてさまざまなチームの選手と接してきたことが心にゆとりをもたらしているようだった。「4年前の僕だったら、肩に力が入って視野が狭くなったでしょうね。でも、そうじゃないほうがいいと東芝のキャプテンのときに感じたんですよね」。日本代表は、4月2日に集合、3日から静岡県の「ヤマハリゾートつま恋」で練習をスタートさせる。その後は、大阪の「J-GREEN堺」での合宿を経て、4月28日のアジア五カ国対抗第1戦のカザフスタン戦に臨むため、カザフスタンのアマルティに向かう。

追記◎コメントで、日本選手権決勝でのTMOについてご質問ありましたが、TMOは、トライのところと、PGやDGがはっきり確認できなかったときなど、得点にからむときに使うもので、あの使い方はすべきでないと思います。僕もキックされたボールがタッチインゴールを割ったように見えたので、最終判断はあれで良かったと思いますが。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表メンバー発表 | トップページ | 大阪トークライブ3.21 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さんも観戦されていたのですね。
    いつも解説楽しみにしています。
    天理の試合はよかったですね。
    ところで、伏見工業に逆転負けしたのは、
    関西学院ではなく、私が応援していた報徳学園です。残念な試合内容でした。

    投稿: しげき | 2012年3月21日 21:16

    伏見工業が逆転で下したのは報徳学園です。
    関西学院は、常翔学園に完敗でした。

    投稿: ヨッシー | 2012年3月21日 17:52

    TMOの回答有難うございます。
    村上さんと考えが同じだったので嬉しいです。

    投稿: しお | 2012年3月20日 22:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54269777

    この記事へのトラックバック一覧です: 近畿高校大会ほか:

    « 日本代表メンバー発表 | トップページ | 大阪トークライブ3.21 »