« 日本選手権・準決勝結果 | トップページ | マツオ・イン・ラオス »

いよいよ最終節

日曜日は花園ラグビー場だったので、夜はシックスネーションズを観戦し、月曜日に国立競技場の東芝ブレイブルーパス対サントリーサンゴリアス戦の録画を見た。スーパー15の録画もあるので、もう時間がいくらあっても足りない。優勝に王手をかけたウエールズは、3月17日の最終節でフランスと対戦。追うイングランドは、同日、アイルランドと対戦だ。

さて、日本選手権だが、東芝は惜しいゲームを落とした。サントリーのディフェンスはあまり前に出ていなかったが、スペースを与えないことに徹していた気がする。そして、いよいよゴール前に攻め込まれると低く鋭いタックルを繰り出した。ノーサイド直後に健闘をたたえ合う選手たちの表情が良かった。大野と畠山が抱き合っているところなど、その顔を見ているだけでぐっとくる。そういう試合だった気がする。

これで決勝は、サントリー対パナソニックになったわけだが、パナソニックはトップリーグプレーオフ決勝でサントリーに敗れた。その対策として、ディフェンスシステムを少し変えてNEC戦に臨んでいた。NECには機能した新しいシステムがサントリーに通じるのかどうか。霜村キャプテンは「やってみないと分からない」と話す。決勝戦では、さらに修正を加える可能性もあり、パナソニックのディフェンスとサントリーのアタックの知恵比べも面白い。

お知らせ◎特定非営利活動法人スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構(SCIX)より、セミナーのお知らせです。
3月20日(火・祝)に「フットボール・コーチングセミナー18」の開催を予定。今回は第一部に「神戸市よりトップアスリートを目指そう!(13:00~15:00)」で小学生高学年に測定会やアジリティトレーニング(瞬発力・機敏性の養成)を実施します。第二部にはトップコーチスポーツフォーラムで「トップアスリートの育て方」でトップコーチに体験談などを交え語り合いながら、フロアからのご質問などに応対していただく予定です。
ご参加頂ける場合は、事務局の武藤までご連絡ください。
第二部の「トップコーチスポーツフォーラム」にもコーチ及び保護者の方々のご参加をお待ち致しております。安心して第二部にご参加いただけるようにお子様向けに視聴覚室を設け映画鑑賞をご用意しております。
【フットボール・コーチングセミナー18スケジュール】
日時:2012年3月20日(火・祝)
場所:ホームズスタジアム神戸 芝生広場(少雨決行)&研修室
〔内容〕
第一部 「神戸市よりトップアスリートを目指そう!小学生高学年向け(13:00~15:00)」
第二部 「スポーツフォーラムテーマ:トップアスリートの育て方(15:15~17:00)」
【連絡先】
特定非営利活動法人スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構
英文名称:Sports Community & Intelligence Complex
武藤規夫
〒651-8585神戸市中央区脇浜町2丁目10-26
Phone:078-261-4046
Fax:078-261-4051
E-mail:muto.norio@kobelco.com
URL:http://www.scix.org/

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本選手権・準決勝結果 | トップページ | マツオ・イン・ラオス »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    おおっ、武藤さんのお名前が! 懐かしい~。
    ウィルキンソンのいないイングランドが、ちょっと寂しかったりします。
    これからスーパー15も長丁場。全試合を観るなんて無謀なことは考えないことにしました~。でも、この時期って、どのゲームを観ようかって迷いますよね。

    投稿: サファイヤ | 2012年3月13日 02:39

    NHKのアナウンサーが「サントリーの楽勝だった」みたいなことを言ってましたが、私も村上さん同様東芝が惜しい試合を逃した、と見ました。後半の青木選手のインターセプトからのトライがなければどう転んだかわからない試合でした。リーグ戦の東芝勝利の後のインタビュー「サントリーは最後の20分云々」もなければ、これまたこんなにサントリーの選手たちは頑張れなかったかもしれません。

    そう言えば、昨シーズン三洋(当時)のHCがサントリー戦に勝利した後(リーグ戦かプレイオフ)で、やはり「サントリーは最後は落ちてくるのは周知の…」という意味のことを言ってエディさんが激怒した記憶があります。「ラグビーを愛するものへのリスペクトが足りないのではないか」というようなことを吐き出していたと記憶しています。
    まぁ、あのような社会人としてHCとして常識のない人間は別として、今回の発言は選手からのものだし本当に嬉しさのあまり、って感じが見て取れるのであまり問題にしたくはありません。

    しかし、そういう観点で言うと、パナの主将は素晴らしい。性格的なものが大きいとは思うが(もちろんサントリーを怒らせたくない計算もあると思うが)、優勝したサントリーに自然に敬意を払う発言が多い。

    謙虚な者は強い。
    現状把握の正確な者は強い。
    理想を忘れない者は本当に強い。

    サントリー、今の霜村主将のパナを侮ってはいけない。

    投稿: 青高OB | 2012年3月13日 01:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54206240

    この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ最終節:

    » 『NHK-BS特番「スポーツのチカラ ~震災と戦うアスリートたち~」 [ココロミ]
    3月11日に放送された番組なんですが、これ、いいです。じんわりときます。3月17日に再放送があるので視聴可能な方は、ぜひ。司会の生島淳さんも、お姉さまを亡くしたそうです(合掌)。番組は被災地でのサッカー、ヨット、ラグビーを、それぞれのゲストがレポートするもの。ラグビーは、釜石SW(釜石シーウェーブス)の活躍を大畑大介さんが現地を訪れレポート。避難所暮らしで元気のなかった子どもたちと釜石SWの選手たちがタグラグビーをすると、子どもたちの閉ざされていた心がだんだん開けていき、笑顔が戻り、表情が変わってい... [続きを読む]

    受信: 2012年3月13日 02:22

    » お悔やみ & 超大物オールブラックスが日本へ [Rugby Kingdom  ラグビー王国ニュージーランド]
    元オールブラックスのキャプテンでもあり、前ニュージーランドラグビーユニオンのチェアマンのJock Hobbs氏がウエリントンの病院でお亡くなりになられました。数年前から白血病で闘病生活を送られていて、先週...... [続きを読む]

    受信: 2012年3月13日 17:24

    « 日本選手権・準決勝結果 | トップページ | マツオ・イン・ラオス »