« 立売堀トーク&新体制ほか | トップページ | カザフスタン戦ジャパン発表 »

ジャパン堺合宿24日

20120424

24日朝、京都市北区の上賀茂神社に行った。京都でも北のほうにあるので、しだれ桜もまだ咲いているが、新緑が鮮やかだった。

201204241

午後、大阪の堺へ。J-GREEN堺の日本代表合宿を取材。今合宿は、周辺に工場が多いため、エディー・ジョーンズヘッドコーチが、「ファクトリー・キャンプ」と命名し、選手を鍛え上げている。今合宿前半はモール、ブレイクダウン、ディフェンスシステムに重点を置き、後半はカザフスタン戦(4月28日)への準備に入っている。出場メンバーは、25日に発表されるが、細部にわたるアタック練習が繰り返されていた。

WTB小野澤選手に若い選手たちについて話を聞いてみると、「心も体も、ベースとして持っているものの可能性を感じますよね。楽しそうにやっているし、おじさんもしっかりやろうと思いますよ(笑)」。ジョーンズHCについては、「選手をよく見ているし、声もかけすり、サントリーのエディーさんと変わらない。でも、情報の落とし込み方は、日本代表は時間が限られていることもあって、少し違いますよね。それがどう出るか。選手みんながどう反応するか、見ている気がしますね」と興味深いコメント。

廣瀬俊朗キャプテンも、「みんな取り組む姿勢が良く、そこでのストレスはないですね」と練習への取り組みについては手ごたえを感じているようだった。「僕はみんなが乗っていないときに、方向性を示してあげることが大切かなと思っています。そういう場面は少ないですけど」。今は、選手間での約束事を詰めている段階とのことで、徐々にチームとして、考えが統一され始めているようだった。写真は、プレースキック練習。フォームを録画してチェック。本日、練習していたのは、五郎丸歩、田村優、小野晃征の3選手だった。

201204242

追記◎先日、コメントでご質問のあった専門用語の件ですが、関係者にうかがったところ、ジョーンズHCが使っている「ポッド」とは、ラインアウトのリフター&ジャンパー一括のこと、シングルリフト、ダブルリフトの場合でもポッドと総称しています。また、ジョーンズHCが、「シェイプ」を使う場合は、基本的には『立ち位置』の事で、主にフェイズプレーの時の立ち位置のことを指しているそうです。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 立売堀トーク&新体制ほか | トップページ | カザフスタン戦ジャパン発表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54552953

    この記事へのトラックバック一覧です: ジャパン堺合宿24日:

    « 立売堀トーク&新体制ほか | トップページ | カザフスタン戦ジャパン発表 »