« 瀬川智広HC講演 | トップページ | 立売堀トーク&新体制ほか »

フィリピン代表トップ5へ他

スーパー15のWeek9は、トップリーグでプレー経験のある選手が多数出場して活躍していた。ハイランダーズのマイク・デラーニ(パナソニック)、タマティ・エリソン(リコー)、ハリケーンズではトゥシ・ピシ(ハリケーンズ)も途中出場。デラーニ、良かったなぁ。ダン・カーターは、スーパーラグビーで100試合目の出場でトライをあげる。インサイドCTB(NZでは、セカンドファイブエイス)でプレー。

201204221

まもなく、アジア五カ国対抗戦が始まるが、日本が所属するトップ5の下のディビジョン1は、フィリピンの首都マニラで、21日、最終節が行われ、スリランカを28-18で破ったフィリピンが、初優勝し、来年からのトップ5昇格を決めた。フィリピン代表には、来季からNTTコミュニケーションズンズ入りするSOオリバー・サンダースがおり、この試合でも3PG、2ゴールの13点をあげている。アジアラグビー協会によれば、観客は、4,000人。写真もアジア協会提供。

新シーズンから、トップリーグ入りするキヤノンイーグルスが、新体制を発表した。

アドバイザー:村瀬治男(新任)、部長:野口一彦(新任)、GM:佐藤一弥、広報・渉外:大竹睦海、スカウト:瓜生靖治(新任)
監督:永友洋司、ヘッドコーチ:アンディ・フレド(新任)、FWコーチ:小村淳、BKコーチ:今村友基(新任)、スクラムコーチ:中村直人、ストレングフィットネスコーチ:齋藤隆行、コンディショニングーコーチ:坂田貴宏、アスレティックトレーナー:永井宏和、トレーナー:金城洋平、田口真理恵、通訳:佐藤秀典、通訳・選手サポート:佐藤あつこ(新任)、分析:吉田亨(新任)、主務:林哲郎、副務:池澤昌一、林亜樹

愛好的観劇日記◎観劇日記、久しぶりだ。京都に引っ越してからはこの間も芝居や歌舞伎も観ていた。そして、19日の夜、観劇とはいえないけど、「永六輔、山田雅人、二人語りの会 Vol.1」に行ってきた。山田雅人さんの、「語り」は一度聞きたいと思っていたのだけど、「藤山寛美物語と僕」に感動。永さんとのトークの掛け合いも絶妙だった。山田さんも言ってが、永さんは「語りの達人」、入院中のリハビリの話や交通事故後の救急車の話を面白おかしく話し、爆笑につぐ爆笑。話の組み立てとか、間は、勉強になった。山田さんは、6月8日、文京区シビック小ホールでの語りの会で、「ラグビー青春物語」をやってくれる。僕も少しお手伝い。楽しみだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 瀬川智広HC講演 | トップページ | 立売堀トーク&新体制ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ダン・カーターが2ndファイブとして出場した試合で、10番を着けたのはトム・テイラー

    ワーウィック・テイラーの息子と知って感動。父親は、ジョー・スタンレーやスティーブン・ポケリと組んだNZのミッドフィルダー陣の中でも、一番好きな選手だったから

    投稿: コドロニュー | 2012年4月23日 23:15

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54532794

    この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン代表トップ5へ他:

    « 瀬川智広HC講演 | トップページ | 立売堀トーク&新体制ほか »