« 関西惑大会&お知らせ2本 | トップページ | 日本代表・堺合宿始まる »

ジュニア・ジャパン始動ほか

月曜日は天理大学ラグビー部のグラウンドに取材に行っていた。昨季、大学選手権準優勝の天理大は、日本選手権終了後、1週間程度の休みのあと、新チームをスタート。すでに昨年以上の走り込みを行っている。大学選手権のファイナリストなったことは、選手の意識を高め、立川、ハベアなど主力が抜けたこともあって、危機感もあるのだろう。小松監督も、「練習に取り組む姿勢が素晴らしい。勝たせてやりたい」と話していた。

日本協会からは、2012年度より開始する若手選手育成プロジェクト「ジュニア・ジャパン」プログラムの2012年度スコッド38名(FW24名、BK14名)とスケジュールが発表された。これは、15人制日本代表が掲げる2015年W杯でIRB世界ランキング10位以内、2019年に日本で開催されるW杯ではベスト8という目標達成に向けた将来の日本代表選手育成プログラム。日本代表チームスタッフがコーディネートすることで、代表との一貫指導を実現し、代表までつながる一体的、継続的なトレーニングを実施する予定。今後は、指導者養成、将来日本代表として世界と戦える選手を育てるため、海外チームとの対戦、選手の海外派遣なども予定しているという。メンバーには、2年生で高校日本代表に選出されたSO山沢、CTB松田ら将来期待の選手がたくさんいるが、振り返れば、同様のプログラムが機能してこなかった歴史がある。再度失敗を繰り返すことなく、本当に継続した強化が粘り強くできるのかどうか、注視する必要があるだろう。

◎ジュニア・ジャパンスコッド
FW:PR1長野正和(ヤマハ発動機ジュビロ)、三上正貴(東芝ブレイブルーパス)、吉田康平(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、上田竜太郎(早稲田大学4 年)、北川賢吾(同志社大学2年)、 石原慎太郎(明治大学4 年)、HO白隆尚(NTT コム)、彦坂圭克(筑波大学4年)、坂手淳史(帝京大学1 年)、PR3浅原拓真(東芝ブレイブルーパス)、田中光(NEC グリーンロケッツ)、松波昭哉(明治大学2 年)、垣永真之介(早稲田大学3年)、LO4ティモシー・ボンド(サントリーサンゴリアス)、寺田大樹(明治大学2 年)、宇佐美和彦(立命館大学3 年)、LO5 細田佳也(NEC グリーンロケッツ)、小瀧尚弘(帝京大学2 年)、FL6小野寺優太(NEC グリーンロケッツ)、 堀江恭佑(明治大学4 年)、FL7前川鐘平(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、田村玲一(クボタスピアーズ)、NO8 李聖彰(帝京大学3 年)、長谷川崚太(大東文化大学1 年)、
BK:SH:井上大介(クボタスピアーズ)、中尾康太郎(早稲田大学2 年)、SO山沢拓也(深谷高校3 年)、小倉順平(早稲田大学2 年)、WTB11羽野一志(中央大学3 年)、原田季郎(早稲田大学4 年)、CTB12アイセア・ハベア(近鉄ライナーズ)、森田佳寿(東芝ブレイブルーパス)、CTB13南橋直哉(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、松田力也(伏見工業高校3 年)、WTB14彦坂匡克(筑波大学4 年)、小原政佑(東海大学2年)、FB橋野皓介(キヤノンイーグルス)、豊島翔平(東芝ブレイブルーパス)

トップリーグのNTTドコモレッドハリケーンズから、2012年度の新体制、新加入選手、退部スタッフの発表があった。

部長:徳広清志、副部長:福島聡、ゼネラルマネージャー:隠岐昌平、アシスタントゼネラルマネジャー:西村剛、ヘッドコーチ:高野一成、アシスタントコーチ:下沖正博、FWコーチ:セモ・シティティ、BKコーチ: ディーン ・ラット、セットコーチ:東考三、マネージャー:今津敏明、小玉久史、マネージャー兼通訳:岩本征二ほか
主将:平瀬健志
副将:松川功、清瀬岳大

2012年度新加入選手 8名
西村尚記(PR、22歳、178cm、115kg、帝京大学)
土屋鷹一郎(LO、22歳、187cm、95kg、早稲田大学)
川田涼(FL、22歳、174cm、85kg、山梨学院大学)
金栄釱(FL、29歳、179cm、98kg、大阪産業大学)
千布亮輔(NO8、23歳、182cm、100kg、明治大学)
安承爀(アン スンヒョ、SH、29歳、183cm、85kg、高麗大学)
秦一平(SH、21歳、152cm、53kg、明治大学)
佐藤善仁(SO、22歳、178cm、84kg、東海大学)
退任スタッフ3
ゼネラルマネージャー 北本 社
ディレクター 森野晃
チーフマネージャー 漆崎晃久

近鉄ライナーズも新体制を発表した。
顧問:森島和洋、部長兼GM:菅浦隆弘、GMアシスタント:木村雅裕、監督:前田隆介、FWコーチ:今田圭太、BKコーチ:ジョン マルビヒル、スクラムコーチ兼アナリスト:阿部仁、アナリスト:大谷久志ほか
主将:髙忠伸
副将:太田春樹
FWリーダー:佐藤幹夫
BKリーダー:森田尚希
主務:坪井章
副務:坂下幸二
広報:西尾忠弘

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西惑大会&お知らせ2本 | トップページ | 日本代表・堺合宿始まる »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、またまたすみません。
    ブログに関係ないネタを掲載していただき、ありがとうございました。
    おかげでご本人様からメールをいただけました。
    ふくやんさん、ありがとうございました。
    佐藤さんではなかったのですが、ご本人は「スミス、グレーガンとあわせてラグビー界の3大ジョージ」とおっしゃっていました(^_^)

    投稿: ねこぷ~ | 2012年4月20日 17:55

    仮にも日本代表候補、
    明日の日本ラグビーを担う選抜選手たちでしょ?

    初日の練習に18名??
    「今日は塾がありますから・・・」
    って休む中学生の弱い学校の部活動か!!!

    ラグビー協会もどーにかしろよ。。。
    恥ずかしいくない??

    投稿: ボンバー | 2012年4月18日 15:20

    早慶明とかいろんなチャリティーありまが、盛り上がっているのは試合会場だけです。現地の人を思うなら現地でプレーして現地の人と心をつなげないとって思う人が、このラグビー有志にいるのかなってふと思います。現地に全員集まってください。それでわかりあえると思います。

    投稿: がんち | 2012年4月17日 22:32

    このプロジェクトの成否は、各チーム次第ではないでしょうか。
    協会に遂行し切るだけの力があるとは到底思えないですから(裏を返せば、協会にそれだけの力を持たせない各チームが問題)。

    ある程度強引に進めないと、この国の民は動きません。
    渋る選手がいれば、チーム側が、ケツを叩いて「行って来い」と言わないとダメだと思います。選手の判断に任せるっていうんでは、保守的な日本人なら気心知れた仲間との時間を選ぶのは当然ですから。
    (もちろん、最終判断は選手にゆだねないと仕方ないですが)。

    全てのラグビー関係者が、我がチームなどという狭い視野ではなく、もっと広い視野をもって、日本のラグビー界のために何をするべきか、突き詰めて考えるべきだと思います。

    投稿: かもめのJONA | 2012年4月17日 22:25

    ねこぶ~さん。僕はその試合も観てないしオークションの場にもいなかったのでなんとも言えないのですが、永友さんと同期でその風貌なら佐藤ひさと(すいません。漢字忘れました。)さんでは?

    投稿: ふくやん | 2012年4月17日 20:48

    ジュニアジャパン、とても楽しみなメンバーですね。海外での経験をたくさん積んで欲しいものです。
    早稲田の垣永選手は先日開催された早慶明チャリティーマッチの時に写真撮らせてもらったのですが、とってもすてきな笑顔でした。

    ブログの内容とまったく関係なく申し訳ないのですが、その早慶明チャリティーマッチの後のオークションで司会進行をされていた、明治OBの方の名前がわかる方がいたら教えてください。
    永友と同期だと言ってました。
    パチパチパンチの島木譲二さんを若くしたような人です。
    とても楽しかったです。

    投稿: ねこぷ~ | 2012年4月17日 18:38

    今年もセブンズフェスティバルは開催するのでしょうか?

    投稿: しおむ | 2012年4月17日 05:13

    2019年日本でのW杯成功に向けて、もう後が無い状況ではないでしょうか。年齢的には彼らこそが中心であり、育成には力を入れてほしいと願っています。ただ、「ボクシングのヘビー級世界ランキングに日本人はいない、大相撲の上位には外人ばかり」というような日本人の小ささ、筋力の弱さをもっと直視し、
    スピードと組織的な守りに活路を見出す以外に勝ち目は無い。絶対に無い。というような結論付けが出来ないものかどうか。私は個人的には、そのような認識に立ったチームつくり、選手選抜を行う必要性を感じています。コンセプトの練り直しと「強固な確立」は要らないのでしょうか。

    投稿: トンガリキッズ | 2012年4月17日 03:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54489446

    この記事へのトラックバック一覧です: ジュニア・ジャパン始動ほか:

    « 関西惑大会&お知らせ2本 | トップページ | 日本代表・堺合宿始まる »