« フレンチ・バーバリアンズ来日他いろいろ | トップページ | ラグマガ6月号&イベントお知らせ »

全国消防親善ラグビー大会

201204261

26日は、京都・宝ヶ池公園スポーツ広場球技場で開催されている第38回全国消防親善ラグビー大会を見に行ってきた。旧知の渡辺敏行さん(日本協会レフリーコーチ)から連絡をもらった。渡辺さんとは、20年前から数年、クラブチームで一緒にプレーした。現場に行ってみたら、大学の後輩で消防士になった北口くんもいて、消防のラグビー活動についていろいろ教えてもらった。たくさんの消防関係者とあいさつもさせていただいたが、東日本大震災のとき、福島第1原発で放水活動に取り組んだ東京消防庁のハイパーレスキュー隊の冨岡豊彦消防司令もいらっしゃった。記者会見で隊員の家族を思いやって涙ぐんだ冨岡さんである。長年、東京消防庁ラグビー部の監督を務めているそうだ。

この大会は、昭和50年に京都で第1回が開催された。そのときは、京都市、横浜市、福岡市の3チーム。翌年、盛岡市が加わり、少しずつ拡大しながら全国規模の大会になっていった。消防ラグビーのOB会長で横浜市消防訓練センターの角津さんのお話では、「仕事優先でのラグビー活動ですから、その中で続いてきたのはみんなラグビーが好きだからでしょうね」とのこと。もちろん、参加者が費用を出し合っての自主的運営である。今回は、26日、27日の2日間開催され、単独チームで参加しているのは、盛岡地区広域消防組合消防本部、東京消防庁、横浜市消防局、豊橋市消防局、豊田市消防局、大阪市消防局、福岡市消防局、京都市消防局。そのほか、個人参加は混合チームで試合していた。

普段から体を鍛えているとあって、引き締まった肉体が印象的だった。フロントロー体型は少ないらしい。試合は、15分ハーフ。面白いのは、シンビンが、「グラウンド一周ランニング」だということ。レフリーもすべて消防関係者(B級以上)で運営し、救急救命士も多いため、負傷の際も迅速に対応する。現在は、選手層が分厚く、関東社会人リーグに所属する東京が三連覇中。昨年は、東日本大震災で、隊員の多くが東北へ救助に向かったため開催できず、2年ぶりの大会で全国の消防ラグビー仲間が親交を深めていた。

選手には関東学院大学や同志社大学のラグビー部出身もいて、大阪の守口市門真市消防組合には、天理大学のレギュラーだった選手もいる。みんな消防士として活躍しているようだ。ラグビー選手はレスキュー隊員が多いらしい。守口市門真市消防組合の消防指令長、三田さんは言っていた。「ラグビー部出身者は現場でよく働きますよ。長時間におよぶ現場でも、へばってから、よく働いてくれる」。

実は、消防士は僕の憧れの職業である。僕はなろうとはしなかったけど、親戚にも消防士がいて、身近に感じる。最近は消防士になりたい人が多く、競争率は高くなっているようだが、キビキビとプレーする選手たちを見て、とても頼もしい気持ちになった。最後のは、OB戦後の集合写真。ちなみに、消防士のことを、「ファイヤーマン」と言ったが、今は「ファイヤーファイター」と呼ぶようだ。

201204262

追記◎5月、6月の日本代表戦で、花園開催がないことについてご質問ありました。僕も、国際試合はさまざまな場所で開催してほしいと思っていますが、花園がない理由としては、花園の芝養生でNG期間があること、ナイター設備がないこと、そして、6月については、スケジュール調整ができなかったということのようです。そして、急きょ決まった試合がすべて秩父宮ラグビー場になってしまう。このことは、協会が自由にコントロールできるグラウンドが少ないという証でもあります。今後、ラグビー協会が優先的に使用できるグラウンドを増やすことは、ラグビー普及の上で、欠かせない要素になるということだと思います。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « フレンチ・バーバリアンズ来日他いろいろ | トップページ | ラグマガ6月号&イベントお知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    東京消防庁のハイパーレスキュー隊の命の危険をも顧みずに放水作業を行った勇敢な働きに、感銘を受けました。そんな彼らが、ラグビーをやっていると知り、なんだか嬉しくなりました。ラグビー記事ではありませんが、当時の記者会見の記事をTBしました。今読んでも涙が出そうです。

    投稿: サファイヤ | 2012年4月29日 01:03

    花園開催なし残念ですが、なんとか寄付等で
    照明等解消できないものでしょうか

    投稿: 堀内 | 2012年4月26日 23:42

    『仕方なく』秩父宮を使っています
    ということでしょうか

    もっとも芝の養生をしなければいけないのは秩父宮じゃないかと思うのですが

    どちらのどなたの思惑か知りませんが、そもそも関西でやる気がないんでしょう

    投稿: 照 | 2012年4月26日 23:24

    そうそう、消防の人ってよう走らはるんですわ。仕事がトレーニングみたいなもんですからねぇ。確かにプロップ体型の人は少ないけど、みんなよう鍛えたはります。昔、コテンパンにやられました。

    投稿: らぐじ~ | 2012年4月26日 21:39

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54565820

    この記事へのトラックバック一覧です: 全国消防親善ラグビー大会:

    » 福島原発派遣の東京消防庁隊長のことば。 [ココロミ]
    東京消防庁ハイパーレスキュー隊長、そして隊員たちの懸命の任務遂行に、感銘を受けました。その勇気ある行動を、ここに残しておきます。 隊員のみなさん、ありがとう。■ 「被ばく線量最大、自分でいい」=難航、緊迫…-福島原発派遣の東京消防庁隊長(時事ドットコム 2011/03/24-18:10) 「被ばく線量の最大値が自分でよかった」。福島第1原発3号機への放水に参加した東京消防庁第3方面本部消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)の石井泰弘部隊長(47)が24日、時事通信の取材に応じ、緊迫した作業を語った。... [続きを読む]

    受信: 2012年4月29日 00:57

    « フレンチ・バーバリアンズ来日他いろいろ | トップページ | ラグマガ6月号&イベントお知らせ »