« フィリピン代表トップ5へ他 | トップページ | ジャパン堺合宿24日 »

立売堀トーク&新体制ほか

201204221

22日夜は、大阪・立売堀のミームカフェの8周年記念トークライブだった。NTTドコモレッドハリケーンズの平瀬健志キャプテン、箕内拓郎選手と約2時間半、トークとファンのみなさんとの交流で楽しい時間を過ごした。

昨季は苦しみながらトップリーグ残留を決めたNTTドコモは、「スピード・ラグビー」をスローガンに就任2年目となる平瀬キャプテンを先頭に、「トップ4進出を目指します」(平瀬キャプテン)。日本代表キャプテンでもあった箕内選手に、平瀬キャプテンの印象を聞いてみると、「僕と似ているタイプだと思います。言葉数は少ないけど、プレーとか姿勢で見せていくキャプテンですよね」。平瀬選手も、箕内選手に学ぶことが多いそうで、ペナルティキックのとき、PGかタッチキックかなど迷うときは箕内選手に助言をもらうことが多いようだ。

201204222

オールブラックスのミルズ・ムリアイナ選手の加入も、練習に臨む態度や全力プレーなど、チームに与える影響は大きく、平瀬選手もハイパントのボールキャッチの仕方や、パスした後のサポートのコースなど、これまで日本で教えられてきたこととは違った方法があって、勉強になったと話していた。そんな細かな話から、昨季の試合のこと、来季への抱負、「年間30試合から35試合くらいにした方がいい」(箕内選手)などなど日本ラグビーへの提言もあって、濃い内容となった。最後はレッドハリケーンズのグッズなど参加者の皆さんにプレゼント。箕内選手と平瀬選手の着用していたジャージもプレゼントされた。

ちなみに箕内選手は、3月に香港で行われた10人制の大会に、NECのネマニ・ナドロ選手らと出場するなど、国際舞台でも活躍中。この秋、10月28日~11月4日、福岡県で開催される「ゴールデンオールディーズ・ワールドラグビーフェスティバル」への出場も明らかにした。この大会は、2年ごとに開催される世界中の35歳以上のラグビー愛好家のためのフェスティバル。大会ホストチーム「JAPAN LEGENDS」に、元木由記雄、大畑大介、田沼広之、冨岡鉄平、アンドリュー・マコーミックさんらとプレーする予定。現役選手でプレーするのは、箕内選手と松田努選手くらいになりそうだとか。大会概要などは大会ホームページにて。


福岡サニックスブルースが、2012 年度チームスローガンと新体制を発表。走り勝つスタイルへの原点回帰の意気込みが見える。
<チームスローガン>=RUN
藤井雄一郎監督コメント
「あれもこれもと求めるうちに、いつの間にか、一番大切なものを見失った感のある昨季でした。今季は、今一度原点に立ち返り、欲を捨て、不必要なものすべてを削ぎ落として、走りを極めていきます」
<新体制>監督:藤井雄一郎、ヘッドコーチ:森拓郎、主将:永下安武、副将:杉浦敬宏、濱里周作、BKコーチ:鬼束竜太、FWコーチ:大庭正裕(新任)、ストレングス&コンディショニングコーチ:和田洋明、佐藤雅広、分析:中村彰、リクルート、契約:森山智、チームドクター:岩本英明、チーフトレーナー:福本隆男、トレーナー:甲斐雅昭、末長弘治
<総務> マネージャー:篠原光弘(*スクラムコーチ兼任)、サブマネージャー:廣瀬道子
<マーケティング> チーム広報:野口眞弓、宣伝担当:向井清一

リコーラグビー部 新体制 (2012年度)
顧問:小林悦雄、部長:松石秀隆、副部長:坂田誠二、GM:福岡進、監督:山品博嗣、ヘッドコーチ:レオン・ホールデン、FWコーチ:ジョン・ゴードン、BKコーチ:ロブ・ホードリー、ストレングスコーチ:ヒュー・ディビス、岡誠、アドバイザー:田沼広之、スティーブン・ラーカム、チームマネージャー:神鳥裕之、主務:後藤崇志、副務:池上真介 、吉澤尊、採用:神鳥裕之、田沼広之、普及:西辻勤、池上真介

■ 新キャプテン
小松大祐(こまつ・だいすけ)1984 年 9月 27 日生まれ、27歳。WTB
本人コメント
「リコーラグビー部への多大なるご支援、ご声援本当にありがとうざいます。歴代キャプテンはじめ、多くの先輩方が築きあげた伝統あるリコーラグビー部でキャプテンを任せていただけることを誇りに感じています。選手、スタッフ、そして多くの社員、ファンの皆さまと一丸となって闘い切って、トップリーグで優勝することを本気で目指します。熱く激しく諦めない全力プレーを約束します。リコーファミリーで日本のラグビー。そしてトップリーグを盛り上げていきましょう。

リコーブラックラムズが2012年度新入団選手の第二報を発表。最初に書かれているリキ・フルーティーは、NZ出身で、スーパーラグビーのハリケーンズでプレーしたのち、イングランドに渡ってロンドン・ワスプスなどでプレー、イングランド代表、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズにも選ばれたCTB。BKはどのポジションもプレーできる。

リキ・フルーティー(ユーティリティーBK、NZ、180cm、91kg、32歳)。コリン・ボーク(NO8.FL、NZ、197cm、112kg、27歳)。ジャスティン・コベニー(CTB、WTB、フィリピン、183cm、101kg、26歳)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « フィリピン代表トップ5へ他 | トップページ | ジャパン堺合宿24日 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    日曜日の朝の某・関口宏さんの情報番組を見ていたら、NECの新しいテレビCMにラグビー部のみなさんが出ているようでした。4強入りすると、扱いが違いますね。格好良かったです!

    投稿: トンガリキッズ | 2012年4月24日 06:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54540932

    この記事へのトラックバック一覧です: 立売堀トーク&新体制ほか:

    « フィリピン代表トップ5へ他 | トップページ | ジャパン堺合宿24日 »