« NEC選手がCMに&アメトーク予告 | トップページ | 小野晃征サントリーへ »

土・日のラグビー&山賀選手結婚

201204081

赤坂の弁慶橋より撮影。やっと満開の桜をゆっくり見ることができた。

第13回全国高校選抜大会は、7日の決勝戦で、東福岡が石見智翠館(島根)を24-22で破り、3大会連続3度目の優勝を飾った(昨年の選抜大会は東日本大震災の影響で中止)。逆転勝ちした東福岡の勝負強さはさすがだが、初の決勝進出となった石見智翠館も何度もリードを奪うなど健闘。この実力アップは、冬に向けて楽しみ。8日、横浜のYC&ACで開催された「第53回YC&AC JAPAN SEVENS 」は、決勝戦で筑波大学を28-26で破ったYC&ACが4大会連続4度目の優勝を飾った。

この土・日は、スーパー15Week7、ハイネケンカップ準々決勝も行われ、海外ラグビーも面白い試合が続いた。スコットランドのエディンバラは、フランスの強豪トゥールーズを破って、スコットランド勢初のベスト4入り。連覇を狙うレンスターは、アイルランド代表CTBブライアン・オドリスコルが怪我から復帰しWTBナゼワ、FBカーニー、オドリスコルがトライをあげて快勝。福岡サニックスから期限付き移籍のLOブラッド・ソーンも先発出場している。僕はイングランドで唯一の決勝トーナメント進出となったサラセンズとフランスのクレルモン・オーベルニュ戦の解説だった。その前のマンスター対アルスターの激しい肉弾戦と真っ赤に染まった観客席は見モノだったが、クレルモンの鉄壁ディフェンスにも驚かされた。準決勝は、4月28日、29日、これも面白そう。

そんなわけで、たくさんの試合が行われた土・日のなかで、おめでたいこともあった。ラグビー界の変顔キング、セコムラガッツの山賀敦之選手の結婚である。土曜日、都内のホテルで行われた披露宴、その夜の結婚披露パーティーは、山賀選手の会社の上司、同僚、朝霞西高校、帝京大学などのラグビー仲間、新婦・真由さんのお友達などで大いに賑わった。山賀選手本人が「奇跡」という4年にわたるお付き合いの上のゴールイン。真由さんが、セコムラガッツの応援席で一生懸命に声をからす山賀選手に恋をしたところから始まる恋愛ストーリーは確かに奇跡。「僕、ぜったいに結婚できないと思っていたので、まさに奇跡です」。ただし、新郎はこの4年、ラグビーと仕事に打ち込んだため、ウィークデーのデートは数回ほど。披露宴でようやくこれから一緒になるのだと実感したようだ。

201204071

披露宴の冒頭、盛大な拍手のなかで新郎と新婦が登場したとき、あまりの幸せに感極まった新郎は新婦の手を取り両手を天高く突き上げた。僕は今回、司会をさせてもらったのだが、くしゃくしゃの笑顔に感動させられた。幸せそうな笑顔を見るのはいいものだ。温かい祝辞の後、セコムラガッツの現役・OB有志による「ゲッツ警備隊」の余興には笑った。

201204072

真由さんが熱中するフラダンスのお仲間との舞は素晴らしかった。最後は、新郎自身の謝辞。「みなさん、きょうは、ほんとうに、ありがとうございます」。ここでご両親に対して感謝の言葉を述べようとすると、お父さんが「長い!やめとけ」と突っ込む。微笑ましい。そして、「嬉しくて、嬉しくて、ほんとうに、ほんっとうに、ありがとうございます。もう、この言葉しか出ません。ほんとうに、ほんっとうに、ありがとうございます」。何度お礼を言ったか分からない。

夜の結婚披露パーティーはさらに大勢の仲間が集まったのだが、元近鉄ライナーズの浜辺さんが来ていて、「僕、ここに来るまでドッキリを仕掛けられたと思ってたんですよ。本当じゃないですか」と笑っていた。乾杯の発声は山賀選手のお祝いにニュージーランドから駆け付けた元セコムラガッツで2006年トップリーグトライ王のセネ・タアラさん。今はウェリントンでプレーしているみたいだ。全国各地から奇跡の瞬間を見届けにきた友人たちを見て、山賀選手の人徳を再確認できた。もちろん、パーティーは山ちゃんのワンマンショー。全身ピンクの衣装でビンゴのMCをして、胸に「新郎」大書された特注ジャージと、これまた特注のベルトレス短パン(色は紅白)で歌って、踊り、もう全開で突っ走っていた。

結婚とトライに縁がないと言われてきた山賀選手は現在37歳。次は、奇跡のトライが生まれるのかもしれない。セコムラガッツは新シーズンから安藤敬介さんが監督となり、トップイーストディビジョン2からディビジョン1への昇格を目指す。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « NEC選手がCMに&アメトーク予告 | トップページ | 小野晃征サントリーへ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     私が驚いた事。それは、村上さんにとって、「人生初の結婚式の司会」と言う事。

     いや~、驚いた。
     結構、場数踏んでると思い込んでいたので。

     何はともあれ、
     新郎、新婦、

     「お幸せに」。

     あ、村上さんも良い人生になりますように。(付け足しみたいで、すみません)

    投稿: 曽根崎あかね | 2012年4月13日 21:27

    奇跡と言ってしまえばそれまでですが、出会うべくして出会ったと言うべきか...
    ヤマさんの迸る情熱が既に奇跡のように思いますので、これを見抜いた奥方の眼力に乾杯させて頂きました。
    恐らく今年のラグビーニュース10傑の上位安泰でしょう!

    投稿: ナベゾ | 2012年4月10日 05:18

    山賀選手、結婚おめでとうございます。
    セコムラガッツさん、私の地元大分でトップリーグの試合がありました。山賀選手が気になり、思わずラガッツのジャージを買いました。記憶に間違いがなければ、サニックスとの試合だったと思います。当時、吉田義人選手が 後半途中から試合に出てライン際を駆け抜けた記憶があります。
    あとは、人生初トライ!ですね!?
    応援してます。

    投稿: もうオールドファン? | 2012年4月 9日 18:45

    村上さん、こんにちは。
    司会の大役お疲れ様です。
    石見智翠館高校は大健闘だったようですね。今晩の放送を録画して来たので帰って楽しみに見たいと思います。
    ハイネケンカップも所々見ましたが、クレルモンのラスト数分のディフェンスはほんと凄かったです!
    17人くらいで守っているように見えました。

    投稿: キリンラガー | 2012年4月 9日 11:39

    前々から本当に深く思っているのですが、7人制ラグビーは、それ専門に練習しているチームが、本当に強いですね。
    今の日本ラグビー協会は、まるで日本には勝たせまいという気持があるかのようですが、期待の女子にしろ。男子にしろ。専門選手を作り、どんどんどんどん試合をさせる。そのサポートが、全然足りていないと思います。
    ちなみに、次々回五輪はもう間に合わない。と思います。

    投稿: トンガリキッズ | 2012年4月 9日 04:13

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54426917

    この記事へのトラックバック一覧です: 土・日のラグビー&山賀選手結婚:

    » [rugby]セブンズの季節(4) [枯れた芝生の匂い]
    山手にある横浜カントリー&アスレチッククラブへ。今週は、53回目を迎えるYC&ACジャンパンセブンズ。ふだんTVで観ている人たちを身近に感じられる大会。関東学院のテントの前に陣取ったので、春口廣さんの解説つき。その関東学院は、釜利谷ラグビースクールの可愛い... [続きを読む]

    受信: 2012年4月 9日 07:50

    « NEC選手がCMに&アメトーク予告 | トップページ | 小野晃征サントリーへ »