« 女子日本代表情報ほか | トップページ | 女子ラグビー、ロシナンテスほか »

カザフスタン戦結果&コメント

4月28日、カザフスタンのアルマティセントラルスタジアムで、日本時間の18時キックオフで行われた「HSBCアジア五カ国対抗2012 日本代表 対 カザフスタン代表戦」は、日本代表がWTB小野澤の3トライを含む13トライで快勝。FB五郎丸は2トライ、11Gをあげている。※写真はアジアラグビー協会提供

201204291

■試合後コメント
●エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ
「前半の10分はよかった。そして後半の10分から15分もよかった。選手の気持ち、志も高いものがあったと思う。次の試合に向けては、パフォーマンスにこだわり、タックルもアタックも2人目の働きかけをしっかりして伸ばしていかなければならない。ジャパンが目指す方向性を、しっかり定め、やりきる必要がある」

●廣瀬俊朗キャプテンコメント
「初戦としては、まずまずだったと思います。小さいミスもあったが、選手は意欲的にやってくれました。 最初の試合だったので、ゲーム勘を取り戻すのに時間がかかりました。FWの近場のディフェンスは、低いタックルでよかったと思います。80分間チャレンジしたからこそ課題も見つかりました。次に生かしていきたいです。次の試合も楽しみです」

■試合結果
日本代表〇87-0●カザフスタン代表(前半35-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子日本代表情報ほか | トップページ | 女子ラグビー、ロシナンテスほか »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

    確かに新生JAPANの初陣を視聴できなかったのは残念です。JSPORTS4に入っているのに録画放送もしないというのは、”No Rugby
    No Life”を標榜する割りには、JSPORTSさん寂しいです。
    ただ、場所がカザフスタンなので衛星中継できるような環境では無いと察します。当地のメディアが、世界に発信するほどラグビー熱がそれほど高いお国とも思えないですし。
     アジア5ケ国は、昨年苦戦した香港戦がやはり一番楽しみです。新生JAPANの目指すラグビーがどんな形なのか早く見たい。

    投稿: ラグビー壱番 | 2012年5月 1日 23:49

    うーん。やっぱりアジアネーションズに正代表で望む意義が分からないですね・・・

    ジャパニーズ・バーバリアンズでも立ち上げて、代表と3戦ぐらいやった方がよくないですかね。
    で、バーバリアンズでは、代表資格未取得の外国人育成なんかも兼ねるとか。

    そこに参加した外国人選手は、エディーさんの求めているものを体感できるメリットもありますし。

    投稿: かもめのJONA | 2012年4月29日 19:16

    真価が問われるのは6月のPNCから。でも勝ってよかった。

    投稿: nick | 2012年4月29日 06:35

    池田亜樹さん
    私も見られなかったのは残念ですが、得点経過や交替選手、試合結果などは、JRFUMedia (日本ラグビーフットボール協会広報部のアカウント)さんが、Twitterでツイートしてましたよ。
    まだ、フォロアーは190人なので、ご存知ない方が多いのかな。

    投稿: サファイヤ | 2012年4月29日 01:18

    勝ったんですね。良かった。村上さんのブログしか試合結果知る術なく。

    ありがとうございます。

    しかし、僕は怒り心頭です。

    何故、新生ジャパンのアジアファイブネイションズを頼みのJ SPORTSさんは、日本代表戦全試合中継してくれないのでしょう。

    世間の関心低くてもラグビーファンの新生ジャパンがどんなラグビーをするのかは最大の関心事です。

    やっぱり四年間のジャパンの闘いを見てワールドカップを迎えたい。

    常に気持ちは一緒でその日を迎えたいです。

    中継して欲しかったなぁ。
    スーパーラグビーもハイネケンカップも素晴らしいが、やっぱりジャパンの試合が一番です。

    投稿: 池田亜樹 | 2012年4月28日 22:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54581705

    この記事へのトラックバック一覧です: カザフスタン戦結果&コメント:

    « 女子日本代表情報ほか | トップページ | 女子ラグビー、ロシナンテスほか »