« 週末のこと、マレ・サウのこと他 | トップページ | 坂田好弘氏、殿堂入り »

PNC開幕・日本代表結果

6月5日は瑞穂公園ラグビー場にいた。パシフィックネーションズカップ(PNC)の開幕である。第1試合のサモア代表対トンガ代表は、午後5時過ぎから行われ、激しいコンタクトプレーの応酬の末、サモアが、20-18で競り勝った。今大会は、どのチームもワールドカップの翌年でヘッドコーチも変わり、チームを作りなおしている。サモアもキャップ数が少ない選手が多く、この日のメンバー編成では劣勢が予想されたのだが、粘り強くディフェンスし、キックチャージなどからトライをあげて勝利をものにした。ただし、体格的にはトンガのほうが大きく、経験豊富な選手も揃っており、6月10日の日本戦には気合を入れなおして臨んでくるだろう。日本にとって手強い相手となりそうだ。

第2試合の日本代表対フィジー代表戦は、午後7時10分のキックオフ。日本の現在地を知るうえで貴重な機会となったが、やはり、立ち上がりは日本代表選手の突進に対してフィジーのコンタクトが上回り、ボールを抱え込まれてターンオーバーをされるなど、攻撃を寸断されるシーンが相次いだ。それでも、日本代表は粘り強く攻めた。その姿勢に観客席も熱くなる。フィジーの反則を誘っては、FB五郎丸歩がPGを決め、19分の約50mの距離あるPGが成功した時の観客の盛り上がりは感動的ですらあった。

その後は、日本が仕掛けているはずのボールをターンオーバーされて、一気に走りきられるトライを連続で奪われ、9-14と逆転される。前半終了間際に日本に絶好のチャンスが訪れたのだが、ここは最後のラックでノックオンがあってトライが獲りきれなかった。

後半に入ると、日本代表はなんとかボールをキープし、五郎丸のPGで追撃。しかし、19分、フィジーWTBヴォトゥにハイパントキャッチから走られ、最後はCTBゴネヴァにトライを奪われる。結局、これが決勝トライになった。日本も22分、ドライビングモールからペナルティトライを奪って6点差とし、最後まで逆転可能な点差で踏ん張ったが届かなかった。

「みなさんの期待に応えたかったので残念です。でも、下を向いてしまう内容ではない。発展途上のチームだし、まだまだ強くなれる。いい勉強になりました」と廣瀬キャプテン。エディー・ジョーンズヘッドコーチも「結果は残念だが、パフォーマンスに手ごたえはある。きょうの一番の問題点はディシジョンメイキング」と話し、例を挙げながら判断ミスによってチャンスを失い、ブレイクダウンで劣勢になっていると説明した。また、ボディポジションも修正点とし、「高い姿勢に慣れている選手が多く、練習では低くなれても、試合では元の姿勢に戻ってしまう。そこはいま変えている最中。レッスンから学ぶしかない」と説明。「相手の弱みをついてアタックできなかったこと」も大きな問題点とした。ただ、「後半はシンプルなことができるようになった。学びきる前に相手にトライをとられてしまったということ」と、後半徐々に良くなった選手達の修正能力には可能性を感じているようだった。

バイスキャプテンの佐々木隆道は悔しさをにじませながら、「立ち上がりにアジアでの試合と同じようなプレーをしてしまって、ボールをホールドされた。日本は体が小さいのだから、テクニックを使ってボールを出さないといけないのに。でも、自分たちがテンポをコントロールして、考えながら動けていたとは思う。勝てなくて残念」と話した。

まだチームとして、実質の練習は6週間。そう簡単に結果は出ない。スクラム、ラインアウトは安定していたのだが、後半半ばにフロントローのメンバーを入れ替えたあとの大事なスクラムで大きく押し込まれた。そのあと、修正できただけに、あの一本は痛かった。ただし、何度も弾き飛ばされながらも冷静に考えてボールを運び、最後まであきらめずにタックルし続ける姿勢が、この日本代表にはある。次のトンガ代表はさらにサイズも大きく、パワフルだが、一戦ごとの進歩を見せてほしいと願う。

また、日本代表戦のハーフタイムには、元日本代表WTB坂田好弘氏のIRB殿堂(IRB Hall of Fame)入りの特別表彰式が行われた。日本人として初ということだけでなく、世界でも51人目の快挙で、日本ラグビー史の伝説だった坂田好弘のエピソードが、世界中のラグビー関係者が知る伝説となったということになる。1968年の日本代表ニュージーランド遠征での12トライ。1969年ニュージーランド武者修行時代のカンタベリー代表選出など、功績は数えきれないので、次の日記で詳しく触れたいと思う。

■試合結果
サモア代表○20-18●トンガ代表(前半6-9)
フィジー代表○25-19●日本代表(前半14-9)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 週末のこと、マレ・サウのこと他 | トップページ | 坂田好弘氏、殿堂入り »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    失敗、ミスは付き物でしよ。
    小野soはいいと思うな。
    大きな相手にも前に出ようとするラグビー
    良いと思うな

    投稿: ささき | 2012年6月 8日 15:43

    6千人は少なすぎませんか。秩父宮なら1万人は入ったはず。代表応援のTシャツ着てる人が少なくて残念。
    最後までわからないアツい試合で興奮しました。敗因はズバリ、廣瀬キャプテンを最後に交代させた事ではないでしょうか。長友はFBで出すべきだったのでは。最後に逆転トライが見れなくて残念。
    残り2試合、期待せずにいられません。

    投稿: 岡山スポーツファン | 2012年6月 8日 12:45

    村上さんどうでした?
    善戦しましたが、だれか突破する選手が
    必要では?
    なにでトライをとるか?
    うまくキックも織り交ぜたほうがよい?

    大阪から瑞穂に応援にいきましたが
    いい試合でした

    みんなでJAPANを応援しにいけるよう
    バックアップをよろしく

    投稿: 舘 | 2012年6月 6日 22:22

    村上さんお疲れ様でした。

    フィジーのトライは、NECのナドロ選手を彷彿とさせるものがありましたね。興奮しました。
    最後の方ではテレビの前で(しかも録画なのに)声を出して応援してしまいました。

    それにしても、やっぱり日本人が多い日本代表、いいですね(もちろん、リーチもライアンも好きですよ)。

    秩父宮、応援に行きます!

    投稿: ねこぷ~ | 2012年6月 6日 17:01

    昨日の瑞穂でのフィジー戦を観戦しました。内容云々の前に平日の地方開催にもかかわらず、大勢のファンがスタンドを埋めていたことを嬉しく感じました。選手達のモチベーションと無関係ではないと思いますので。また、日本代表だけでなくフィジーの選手の好プレーにも惜しみない声援や拍手が飛んでいて、非常に気持ち良く観戦できました。瑞穂のサポーターの皆さんありがとう。願わくば学生や子供達もたくさん詰めかけていましたので、激闘でお疲れとは思いますが、試合後のファンサービスの時間があればなぁと思います。秩父宮までは応援に行かれませんが、次の試合もテレビで応援してます。頑張れエディジャパン!

    投稿: ピロカズパパ | 2012年6月 6日 11:03

    期待が持てる敗戦でしたね。
    JAPANは、個のサイズ、身体能力で劣るわけですから、組織力を形成する段階では、どうしても大敗しがちでした。それが1年目でフィジー相手に接戦を演じただけでも、ひとまずの評価はできると思います。
    例え全敗でも、中身を重視し、また長い目で見たいものです。

    投稿: かもめのJONA | 2012年6月 6日 09:18

    わたしはHB団のレベルの低さが耐えられません。
    小野選手には可能性を感じますが、キックのレベルが低すぎる気が・・・
    キック使わない戦術の中でも自陣からのPKタッチをミスられたらたまったもんじゃありません。
    日和佐さんはただせわしなく動いているだけのような気が・・・
    パスのモーション自体は遅いので、やはり肘から先だけの動きでパスを放れるデュプレアとは比較にならないなと思いました。向こうは世界一だから当たり前だけど・・・
    あと、小野沢選手は相変わらずライン際でタックルしませんね。
    アタックも通用するのはアジアまでじゃないですか?

    投稿: 島田 | 2012年6月 6日 09:17

    19-25、残念ながらこれが今の実力、力関係なんでしょうか?

    モールは押せる感触はあったと思うので、そういう展開に持っていけなかったのかなぁ..。ラインアウトが安定してたので一つは取れたと思います。
    でも体を張ったプレー、気迫は感じられました。あと2試合がんばってほしい!

    坂田先生の殿堂入りおめでとうございます。昔のビデオが流れましたが、改めてすごいプレーヤーだったんだと思いました。スワーブで左に抜いてトライまで持っていったのは思わず息を呑みました!

    投稿: kerikeri | 2012年6月 6日 08:05

    村上様も昨日の解説で言われてた「フィジー相手に守りに入ったら負ける」その通りだと思います。今のジャパンはたとえ負けてもスタイルを変えない事です。課題は明確でした。ブレイクダウンの精度と疲れた時間のハンドリングエラーです。おそらくディフェンスの練習はあまりしてないのでしょうが、今はフィットネスをつける段階です。その段階を経てコンタクトを出来る体に仕上げるべきです。(昨日の試合で大野選手も五郎丸選手もスリムに見えました)サントリーも完成するのは三年かかりました。成功事例はあるので、再来年位に完璧にすればいいので今は結果は二の次でジャパンの熱意を見ているファンに伝えてください。

    投稿: スペンサー | 2012年6月 6日 07:25

    ミスした選手
    今回のジャパンの顔ですよね
    その選手と同じように悔しいです。

    村上さん仰るように1対1では差し込まれますが タックル後ジャッカるスピードというか いつも足りない感じがします。

    ただ
    村上さん小林さん共にアツい解説でとても面白く勉強になりました。
    ちなみに矢野さんも個人的に好きです(笑)

    投稿: けんじ | 2012年6月 6日 02:15

    村上様 解説お疲れ様でございます。

    本日のJAPANvsフィジーを現地で観戦していました。

    昨年のワールドカップ、トンガ戦の敗戦後、なかなかコメントする気持ちになれませんでしたが、
    本日の試合を見て、今持っている力を出しきって戦う姿勢に熱くなりました。選手の皆様、ありがとうございます。

    日本独自のラグビースタイル確立に向けて、
    今後に期待します。

    投稿: 47歳現役ラガー | 2012年6月 6日 01:50

    サントリーが2011-2012のトップリーグで見せたラグビーを、ジャパンのメンバーで見たいと思っているのですが・・・・・

    投稿: 元祖おでんちゃん | 2012年6月 6日 01:33

    なかなか前に出れない。でもこういう厳しい試合を数多く経験していけば必ず強くなれる。次のトンガ戦は見に行きます。2015年に向けて頑張れエディ-JAPAN。

    投稿: nick | 2012年6月 6日 00:39

    ずっと3番だった畠山選手を1番で使うのであれば、なぜ1番固定で使わないのでしょうか。経験を積む意味で、少しでも長く1番として試合に出るべきだと思います。

    投稿: けいこりゅういち | 2012年6月 6日 00:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54885902

    この記事へのトラックバック一覧です: PNC開幕・日本代表結果:

    » ’12 パシフィックネーションズカップ サモアvsトンガ [銀杏(いちょう)の並木道]
    サモア 20 - 18 トンガ 両チームとも、新チームの試運転を開始したという段 [続きを読む]

    受信: 2012年6月 6日 14:49

    » ’12 パシフィックネーションズカップ 日本vsフィジー [銀杏(いちょう)の並木道]
    日本 19 - 25 フィジー 世界ランキング14位の日本と16位のフィジーとい [続きを読む]

    受信: 2012年6月 6日 14:51

    » トンガ、サモア、フィジーのウォークライ(ハカ)と日本の? [銀杏(いちょう)の並木道]
    トンガ サモア フィジー 日本の?ゴールラインから一斉に走り出しました。どこかで [続きを読む]

    受信: 2012年6月 6日 14:58

    » いよいよ開幕!PNC [スキなこと日記]
    パシフィック・ネーションズカップ杯が昨日からいよいよ開幕。 環太平洋の4カ国、フィジー、サモア、トンガとの総当たり戦。 これまでのアジアの国相手とは違い、超強豪だ。今年の最も重要なテストマッチだ。 運動能力は世界でも屈指の各国。 新生ジャパンによる速いテンポでボールを回す攻撃が、どこまで彼らに通用するかに注目しつつ、 名古屋まで観戦してきました。 ... [続きを読む]

    受信: 2012年6月 6日 23:00

    « 週末のこと、マレ・サウのこと他 | トップページ | 坂田好弘氏、殿堂入り »