« トンガ戦日本代表メンバー&お知らせ | トップページ | 愛好日記ライブ告知ほか »

日本対トンガ戦結果ほか

10日は秩父宮ラグビー場だった。パシフィックネーションズカップ(PNC)の第2節を取材した。第1試合は、12時10分キックオフで、サモア対フィジー戦。接戦になったが、サモアがBKの展開から防御を破り、WTBデイヴィット・レミのトライなどで競り勝ち、2戦2勝とした。フィジーは1勝1敗で帰国。23日に、地元でトンガと対戦する。

日本代表対トンガ代表は、午後2時10分に始まった。観客は、7,719人だが、日本代表をサポートしようという熱気を感じた。トンガのキックオフを日本が攻め返すが、ターンオーバーされ、その後も防御に接近したパスをインターセプトされるなど、立ち上がりは苦しい戦い。それでもボールキャリアーのボールをもぎ取るようにパスをつないで前進し、なんとか持ち直す。トンガにPGで先制された直後の10分には、CTBニコラスとSO小野のループで小野が抜けだし、FB五郎丸がゴールラインに迫ったがトライを獲りきれなかった。13分、日本代表がゴール前のラインアウトからモールを押し込んで、NO8ツイが逆転のトライ、五郎丸のゴールも決まって7-3とする。

しかし、日本は直後のキックオフでキャッチミス。ここでのスクラムからトンガNO8マアフ、SHモアでサイドアタックを仕掛けられ、モアのスピードに内側のディフェンスが崩され、WTBタウファに簡単にトライを奪われてしまう。「テストマッチであんなに簡単にトライを与えてはいけない。きょうの敗因はディフェンス」とエディー・ジョーンズヘッドコーチが語るイージーな失点だった。

17-10とトンガリードで後半に入ると、日本は前半より以上にボールを継続して素早く仕掛けようとする。ツイの大幅ゲインでチャンスを作り、五郎丸がPGを狙ったが、これがポストに跳ね返り、そのボールを五郎丸がとってインゴールに押さえるという、ユニークなトライで17-17の同点に。観客席も大いに沸いた。後半なかば過ぎからトンガの足が止まり始めたのだが、日本も疲れからか、素早いテンポで攻められなくなり、21分には、交代出場のカホに決勝トライを奪われる。ディフェンスを中央に集まられて、外側のスペースを攻められる失点だった。5日のフィジー戦から、ブレイクダウンでの2人目の仕事の質などは向上したが、接点で圧力を受けるとサポートも薄くなり、何度もターンオーバーを許した。

試合後、日本代表には温かい拍手が送られたが、廣瀬俊朗キャプテンは、「残念で、がっかりです。あと一歩のところで勝てない。これが現実。もう一度、ハードに練習し、頭もクリアにクレバーにやっていきたいと思います」と悔しそうに語った。エディー・ジョーンズヘッドコーチは、「初歩的なエラーで簡単に失点した。勝ちきるチャンスも生かせなかった。素早くボールを動かそうとういう選手の努力は嬉しく思うが、いまは痛みを感じながら成長している段階」とコメント。また、「フィットネスで相手を上回れていない」とも話し、さらなるハードな練習を続け、「このメンバーで勝つ方法を探していく」と語った。

次戦は、秩父宮ラグビー場で17日、対サモア代表。

■試合結果
サモア代表○29-26●フィジー代表(前半18-13)
トンガ代表○24-20●日本代表(前半17-10)

お知らせ◎ノーサイドプロジェクト2012年水無月
ファン同士のアフターマッチファンクション開催。パシフィックネーションズカップ、サモア戦を終えた日本代表選手もやってきます。選手達の生の声を聞き、激励してください。そして、ファン同士で交流しましょう。

日時:6月17日、午後4時~5時
場所:秩父宮ラグビー場メインスタンド、コンコースにて
内容:日本代表OBの解説トーク、日本代表選手との交流
雨天決行、入場無料
※飲食は、売店にて可
主催:ノーサイドプロジェクト、日本ラグビーフットボール協会

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トンガ戦日本代表メンバー&お知らせ | トップページ | 愛好日記ライブ告知ほか »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    7700人ってウソでしょう。東京のラグビーファン、何で応援せんの?23番Tシャツ、メチャかっこいいのに。廣瀬キャプテンや大野選手の頑張り見たらホンマに感動します。勝負処を知るキャプテンに期待してます。サモア戦はサポーターのアツい応援で勝利を分かち合いたいものです。僕はビール片手にテレビ観戦ですが。

    投稿: 岡山スポーツファン | 2012年6月12日 11:57

    池田亜樹さんの視点は、すごく大事だと思います。
    日本の場合は、多様な競技が盛んで、その種類の豊富さは他国でも類を見ない。これは、優秀な人材が一競技に集中しないデメリットがあるわけですが、これをメリットに変えたいところですよね。


    例えば、クィックネス、フェイント、体のキレなんかでは、バスケとかボクシング(特に軽量級)が参考になるはずです。

    キックは、サッカー。

    コンタクトスキルは、相撲、柔道、レスリング
    などなど
    (ちなみに、身体が細くて非力な僕は、15年ほど前、相撲のおっつけや貫抜きを採り入れてラックオーバーしてました。結構仕事できました)。


    あと、相手の力が上のときの押し合いで、例えば、貴の花や、大鵬なんかの柔らかさみたいなので対抗できないですかねえ。
    純粋なパワーでは彼らより強い人はたくさんいるんですが、何か押し込まれ切ることがなくて、結局勝ってしまう強さ。

    投稿: かもめのJONA | 2012年6月12日 11:56

    らいがーさん
    村上さんはJRFUの人ではありませんのでそれは協会広報担当の方に直接聞かれたらいかがですか?
    たぶん「いそがしかった」といわれるとは思いますが。個人的にはシビアに見て、広報がきちんとなされれば。。。という話ではなくスタジアムに来て見て応援したいというファンの母数が減少している面があると思います。ラグビー離れというのも僕の感覚では少し違います。ファン数が上昇していない上に、他にももっと楽しいことが増えたというのでしょうか。ラグビーに限って言っても僕なら南北テストマッチとか見る方に時間使います、はっきりいってより質の高いプレイヤーが見られるから。

    ところで村上さんフレンチバーバリアンズの来日メンバーの発表の情報は出てきていますか?既に10日を切っているのですがあまり見かけません。

    投稿: たいら | 2012年6月12日 00:18

    何か勝てそうな感じもしましたが。

    エディーさんの精力的な姿が印象に残りました。

    女子陸上100メートルの土井選手のスタートのフォーム解説聞きながら。

    他の選手より低い姿勢を維持できるそうで、低い姿勢は前に真っ直ぐ力を伝えられるそう。

    ラグビーにも使えないかなとふと思いました。

    走り込む時もサポートで押し込む時も今より少しでも前に出れたらどうなのかなと感じました。

    投稿: 池田亜樹 | 2012年6月11日 21:40

    とうとう、秩父宮でのティア2とのテストマッチ。1万人の大台をを割り込みましたか。ワールドカップを挟んで、観客数2~3千人減という感じです。
    W杯が終わるたびに、ジャパンを見限るファンが増えて行きますが、5大会連続未勝利では致し方ない所。
    PNCのスポーツニュースでの扱いも悪いですし、やはり勝たなくては駄目ですね。バレーボールやサッカーの盛り上がりが羨ましい限り。
    とにかく、ワールドカップでの勝利。これしか人気回復の道は無いと思います。

    投稿: 坂石町分 | 2012年6月11日 21:34

    昨日のトンガ戦について

    フィジー戦を経てアイランダーの当たりを体感済みだったせいか、各人が各々工夫していた形跡が見受けられました。特に真壁選手。突っ込む際に頭から行くのは、かつての大久保直弥選手を見ているかのよう。

    タックルもダブルタックルが徹底されていて概ね良かったと思います。

    スクラムは最初の突っかけを意識するあまり、アーリープッシュをいくつか取られていましたが、そこはジャパンの生命線。譲れない所でしょうし、後はレフリングに柔軟に対応していく必要があるでしょう。

    相手のDFラインに接近しすぎてインターセプトを狙われる場面も少なからずありましたが、ゲームメーカーのプレー選択で改善していきたい所。

    問題は安易なミスにより自陣ゴール前で相手ボールのスクラムを許した事。それを起点に小野選手がかなり狙われてましたが、今後そこをどうするのか。短所を上回る長所を重宝して目をつぶるか、立川選手等、他の選手をSOに起用するか。

    あとは時間と陣地を考慮してアタックにメリハリをつける必要があるかと。ここがチャンスと見たら、サモアのように一発でトライを取り切る工夫が欲しい。

    昨日は1点差でもいいから勝ってほしかった。まだ若葉マークが付いている相手指揮官に『世界のエディー』の凄みを見せつけてほしかった。残念といえばそこが残念でした。

    投稿: 永遠の9番 | 2012年6月11日 19:24

    フィジー戦、トンガ戦一歩前進2歩後退みたいな感じですね。でも応援しがいのあるチームだと思っています。
    話は変わりますが、facebookの日本代表ページどうにかなりませんか?大本営発みたいなページじゃファンは増えませんよ。

    投稿: tomo | 2012年6月11日 13:13

    村上さんに質問です。

    JRFUは何故に広報に力をいれないんですか?
    先週、瑞穂で行われたフィジー戦。開催告知がまったく無しでした。それでいて瑞穂では6036人もの観客が集まりました。もし、何らかの告知がおこなわれていれば、1万人以上も夢ではなかったでしょう。
    オプションスポンサーである、大正製薬やトヨタ自動車を利用して、各地にあるドラッグストアやディーラーにポスターを張り出す等のことは出来たと思いますがいかがでしょうか。
    いずれにしても、このPNC協会の観客動員にかける情熱がまったく無いと感じるのは、私だけでしょうか?このままでは、2019年のワールドカップも思いやられるのでは。

    投稿: ライガー | 2012年6月11日 12:36

    行ってきましたトンガ戦。選手の頑張りは伝わってきましたがミス多すぎ。五郎丸のトライは面白かった。今日のMVPは会場にきたファンだと思います。一体感がありました。

    投稿: nick | 2012年6月10日 23:11

    今日の試合を見ていて感じたのは、もっと日本ラグビーの底力を蓄える必要があるのかなという事です。例えばですが、こんな手法はどうでしょうか?ファン増えると思うのですが、

    ◆トップリーグ(8月末から1月末)
     1次リーグ14チーム13試合(勝利勝ち点4、ボーナスポイント1、外国人枠2、アジア枠1)
     2次リーグ1〜6位チーム、7〜12位チームでそれぞれ5試合づつ(勝利勝ち点5、ボーナスポイント1、外国人枠2、アジア枠1、太平洋枠1)

    ◆トップリーグ選抜/ジャパン・ブロッサムズ(2月〜最大7月まで)
    2月からスーパーラグビー参戦
     日本代表有資格者が毎試合先発10名以上を条件に構成

    ◆日本選手権(2月第1週から第4週)
    純日本人同士が競い合うトーナメントとして意義付け(16チーム)
     ※トップリーグの外国籍選手とジャパン・ブロッサムズは出場せず
     ※新戦力発掘、若手の登竜門に
     トップリーグ8チーム
     大学4チーム
     社会人リーグ2チーム
     クラブ2チーム

    ◆アジア5ネーションズ(4月から5月)
     ジャパン・ブロッサムズを除いたメンバーで出場 
     ※外国籍選手とジャパン・ブロッサムズは出場せず
     ※新戦力発掘、若手の登竜門に

    ◆パシフィック・ネーションズ・カップ(6月または7月)
     フル代表を編成
    ◆欧州6カ国と定期戦
     フル代表を編成、春&秋

    投稿: KY | 2012年6月10日 22:02

    惜しかったですね。

    今年のアイランダーは、この後も、トップクラスとテストマッチを控えている為、なかなかの本気モードみたいな様子…?

    だとすれば、ジャパンにとっても、最高の テストマッチ になるので、最終戦、ファンも・魂・込めましょう。

    頑張れ・ジャパン!

    投稿: かずさん | 2012年6月10日 21:56

    相変わらずと言えば、相変わらずなんですが(イージーミス等…)、闘う姿勢は、魅せてくれていると思いました。

    このジャパンなら、勝っても、負けても、応援したくなる。

    そんな、チームになってくれる様、期待しています。

    今は、ファンも、我慢の時期ですね。

    投稿: かずさん | 2012年6月10日 21:43

    名古屋で、日本コールで応援先導しましたが、今日のトンガ戦、見て残念でした、サモア戦チケット買いましたが、正直観戦に行くのは辞めようと思いました。
    残念ながら、デフェンスをする際必死さが見ているものに伝わるものが何人かの選手に感じられませんでした。

    投稿: 中部連合 | 2012年6月10日 20:45

    スタンド空いてるな~とは思っていましたが
    観客7,719人ですか
    秩父宮にしたら少ないですね
    天気は良かったから、対戦カードやチームに対する関心度の反映された数字?

    花園でやってたら5,000人くらいしか入らず、また叩かれてたのかしら

    投稿: 照 | 2012年6月10日 20:37

     シェーン・ウィリアムス選手(Shane Williams)が三菱重工相模原ダイナボアーズと1年契約で交渉中との噂が流れているよ~。

    投稿: トリック | 2012年6月10日 20:05

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/54927794

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本対トンガ戦結果ほか:

    » ’12 パシフィックネーションズカップ フィジーvsサモア [銀杏(いちょう)の並木道]
    サモア 29 - 26 フィジー両チームペナルティーゴールを1本ずつ決めた後、1 [続きを読む]

    受信: 2012年6月11日 21:15

    » ’12 パシフィックネーションズカップ 日本vsトンガ [銀杏(いちょう)の並木道]
    日本 20 - 24 トンガ昨年の9月のワールドカップ以来の対戦でした。トンガは [続きを読む]

    受信: 2012年6月11日 21:21

    » ’12 パシフィックネーションズカップ スタンド点描 [銀杏(いちょう)の並木道]
    10日の秩父宮ラグビー場は、暑かった! アイスクリームが欲しかったけれど、ラグビ [続きを読む]

    受信: 2012年6月11日 22:50

    » PNC第2戦 [スキなこと日記]
    先週日曜は秩父宮でPNCの第二戦を観戦。 [続きを読む]

    受信: 2012年6月13日 23:31

    « トンガ戦日本代表メンバー&お知らせ | トップページ | 愛好日記ライブ告知ほか »