« 7人制学生代表結果&ラグビー新喜劇 | トップページ | トップレフリー研修会 »

スーパー15最終節途中経過

スーパー15最終節の途中経過を書くので、結果を知りたくない方はご注意を。その前に、「7人制ラグビー学生世界選手権」の結果を。

男子はカップ敗者戦でルーマニアを破り、カップ5位/6位決定戦でポルトガルを24-7(前半0-7)で破り、全体の5位で大会を終えた。一方、女子は準決勝でフランスに敗れ、カップ3位/4位決定戦でイタリアに14-19(前半7-7、後半7-7、延長0-5)で敗れ、全体の4位で大会を終えた。

さて、スーパー15だが、14日午後10時現在、NZ首位のチーフスを破ったハリケーンズが、6位(勝ち点57)に食い込み、レッズは、ワラタスの快勝し、4トライ以上のボーナス点を獲得。勝ち点を58まで伸ばした。そして、オーストラリア首位だったブランビーズは、NZのブルーズに完敗し、ボーナス点も獲得できずに、58のまま。得失点差でレッズがオーストラリア1位になった。現時点で、チーフス(NZ1位)、ストーマーズ(南アフリカ1位)、レッズ、そして、フォースを破ったクルセイダーズが勝ち点を61とし、ファイナルシリーズ進出を決めた。

残るは、総合7位のブルズ(勝ち点54)、8位のシャークス(54)の結果次第。もし、両チームともが4トライ以上の勝利をあげれば、59点まで伸びるので、ブランビーズ、ハリケーンズは、ファイナルシリーズを逃すことになる。

お答えします◎JSPORTSのスーパー15の放送に対するコメントがありましたが、JSPORTSの担当プロデューサーから以下のような回答がありました。
▽全試合放送できずファンの皆様には申し訳ありません。諸事情により毎節4試合という編成を保っております。放送カードは試合2ヶ月前の編成発表時に決定しなければ放送枠を確保できません。上記2点まずはご理解頂ければ幸いです。
毎節4試合の選択は、前年成績と今季の調子を鑑みて、できるだけ実力伯仲のいい試合を中心に選びますが、下位チームの試合も選ぶよう配慮しております。また今回の最終節は4試合全てプレーオフがかかった試合なので変更ありませんが、プレーオフがかかった重要な試合を当初選択しなかった場合には編成変更する場合もあります。
 なおチーターズ、ライオンズ、フォースの放送が多い印象とのご意見もありましたが、下記の通りの放送数となっております。
レッズ(12)、クルセイダーズ(12)、ストーマーズ(11)、フォース(10)、チーターズ(10)、ライオンズ(9)
 このようなご意見はJSPORTSカスタマーセンターへお電話いただければ、リポートとして全スタッフへ通知され、多くのご意見は編成方針へも反映されるので、ご意見いただければと思います。
J SPORTS カスタマーセンター
電話 03-5500-3488 (10:00~18:00)


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 7人制学生代表結果&ラグビー新喜劇 | トップページ | トップレフリー研修会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55195404

    この記事へのトラックバック一覧です: スーパー15最終節途中経過:

    « 7人制学生代表結果&ラグビー新喜劇 | トップページ | トップレフリー研修会 »