« トークライブのことなど | トップページ | ラグマガ9月号 »

愛好日記トークライブ2012夏

7月26日の夜は、下北沢のライブハウス「音倉」で、久しぶりの「ラグビー愛好日記トークライブ」だった。「2019年に向けて、わたしたちにできる事とは?」というテーマで、ゲストの皆さんと語り合った。トークライブのときは、全体の進行を考えてはいくのだけど、始まってしまったら、どんなコメントが飛び出すかで臨機応変に対応するしかないので、話はあちらこちらに飛びながら進む。今回は個性派の3人で難しかった~(汗)。

201207261

まずは、それぞれの立場を紹介していった。日本ラグビー協会の戦略室、国際部長の中里裕一さんが、慶應義塾大学ラグビー部時代の思い出話をしてくださったのだが、これが止まらなくて、「長い」と思わず突っ込む。すかざす前早稲田大学ラグビー部監督の辻高志さんから、「慶應はこういう人が多いです」と、大笑いのスタートだった。

中里さんから、2019年に向けての戦略計画の概要、取組みなどが紹介され、具体的な数字も示された。戦略計画の軸は、ラグビーファミリーを増やすこと。そして、日本ラグビーの国際力を高めること。日本で国際大会を開催して運営実績を積み重ねていくこと、そして、アジアへの普及活動を積極的に行うこと、このあたりはすでに着々と進んでいるのだが、競技人口は、減っている。競技人口が増えなければマーケットはどんどん小さくなって悪循環に陥る。観客動員も減少傾向だ。

具体的な取り組みとしては、市町村にラグビー協会を作ることが進められていて、戦略計画をt立ち上げてから15の市町村にラグビー協会が生まれ、東京の中央区にも協会が設立された。協会を作ると、補助金が出たり、グラウンドの確保などさまざまな活動がやりやすくなる。この春に日本代表が合宿したJGREEN堺には、サッカーの施設なのにラグビーのゴールポストが立っている。これも、堺市のラグビー協会があってこそ。

こんな取り組みもある。沖縄では、中学3年生の夏で他競技の部活を引退した生徒にラグビーをやらせ、12月に大会を開催している。2011年度の大会には13校が参加した。いまでは、ラグビーを経験した4割から5割が高校でラグビーを続けるという。他競技の先生方からは警戒され始めるほどの成果のようだ。こうした、シーズン制の部活動の取り組みなどが中里さんから紹介された。

また競技者人口分布では、これまで懸念されていた中学での減少は実は起こっておらず、高校卒業後に大きく競技人口が減っている。ここをどうするかが今後の課題。女子は順調に増え続けており、今後の競技人口の拡大には大きく貢献しそう。

辻さんからは、やはり日本代表が強くならないと、という話もあって、元日本代表選手としての実感は迫力があった。「小さい選手が大きな選手と戦うときに大事なのは、真っ向勝負なんです。もし、目の前に160㎝の選手と190㎝の選手がいたら、迷わず190㎝のほうに当たりに行くようにならないと」。極力コンタクトを避ける日本代表の戦いは理解した上で、逃げない心を説いていた。いまはNECのサラリーマンとしての生活だが、時間を作って福島の高校に指導に行ったりしているようだ。渡瀬あつ子さんは、ご主人が海外に野球の普及に行ったことがあり、「野球不毛の地で普及しようということで、まず大人にやらせた。大人が楽しそうにやっていると子供も寄ってくるそうです」と、日本でも、たくさんの大人にラグビーボールに触れるきっかけを作るべきだと話していた。「タッチフットしてから、合コンするとか、男女で交流する機会を作っても、いいと思うんですよね」。あつ子さん、ほんとにやりそうだ。

客席からもさまざまなアイディアや意見が出た。日本代表が世界一になってくれたり、ラグビーの枠を超えるようなスター選手が出てくれば、あっという間に広がるわけだが、今は小さな前進を繰り返すしかない。2019年時点での競技人口の目標は20万人、現在は約10万人。2019年の総観客数の目標は140万人、今はその3分の1ほどだ。現実は厳しいし、日本協会にはもっとアグレッシブに戦略計画を推進してほしいと思う。苛立っているファンのみなさんは多い。

ただ、それとは別に一人一人に今すぐできることもある。僕は、ノーサイドプロジェクトの仲間と、たまには他のスポーツを見に行こう、という話をしている。野球場にラグビージャージの一団がいたら、ちょっと気になる。みんなの背中に「2019」と書いてあれば、何の数字?とも思われるだろう。せっかく、ワールドカップが来るのだから、そんなふうに楽しんでみてもいいと思うのだ。

201207262

最後は、渡瀬あつ子さんが、出身地の福島の子供たちのために作った「君と私にできること」、そして、「楕円桜」の熱唱があった。楕円桜の歌詞は力がある。感動。ゲストのみなさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トークライブのことなど | トップページ | ラグマガ9月号 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    トークライブ、楽しかったです。中里さんのような立場の人が「よく喋る人」であるというのは、普及に向けてとても心強く感じました。プレゼン能力が高くないとダメですからね。

    投稿: さわさき | 2012年7月30日 18:34

    ラグビーファミリーを増やすことであればタッチラグビーがもっと普及してほしいですね。男女混合でだれでもすぐに始められますしね。

    投稿: みと | 2012年7月28日 06:16

    ラグビーを愛するものとして、最近の凋落ぶりはいかんともしがたい状況です。
    はるか昔の隆盛時代にあぐらをかいて何も手をほどこさなかったことが原因でしょうか。
    自らも子供たちに教えているのですが、競技人口を増やすのは至難の技です。
    もちろん時代背景もありますが、今の教育体制ではこの危険な競技に関心を示してくれる父兄は多くありません。 
    ですが、何とかしてこの良さを伝えていきたい。切実にそう思います。
    年に一度くらい各都市で代表大会を開いたりとか、トップリーグの選手に各スクールへ出張してもらったりだとか、あとはもっとメディアに露出させたいものです。

    投稿: kuni | 2012年7月28日 04:12

    現場で感じるのは高校卒業後の若手がラグビーを続ける土壌がないことです。スクール生は増えています。30代以上の経験者はボランティアで懸命に普及活動を支えています。しかし若手が入らない。
    そこには高額の協会登録費が影響をしています。今20名集めてクラブチームを登録しようと思うと約13万円ぐらいかかります。なんとか連れて来て年会費1万円徴収というのが現実で誰も入りません。
    このお金がジャパンを支えていますが明らかに負のスパイラルです。
    お金がかかるラグビーからフットサルやバスケットを気軽にすることを選びます。
    実は学校部活動は学校の経費から登録費が落ちることが多いです。
    お金を吸い上げるところが間違っています。
    バレー界の失敗を教訓にすべきです。

    投稿: がんばろう日本 | 2012年7月27日 22:12

    私も市町村にラグビー協会を設立した一人です。中里さん協力ありがとうございました。小学生を中心にタグラグビーの普及を行っています。ラグビーの楽しさを分かれば人口も増えるはずです。全国で力を合わせて頑張りましょう!行動あるのみです。

    投稿: higashine | 2012年7月27日 21:26

    私は街へ出かける時、必ずSUZUKIさんの「I LOVE RUGBY」Tシャツを着て行きます。普及効果があるかはわかりません。でも今後も出来る範囲で何かしらやっていくつもりです。

    投稿: nick | 2012年7月27日 20:31

    正直日本でのワールドカップは不安でしかたがありません。競技人口の減少に歯止めをかけるには子供達のラグビー離れをストップさせ小学生にラグビーボールを触る機会を設ける事です。日本ラグビー協会の職員は全国の小学校に訪問して推進活動しているのですか?残念ながら普及に熱を入れているのはラグビー経験のあるお父さん方やラグビーのトップ選手です!ラグビー協会が全く使えないから現場の人間が地道にやるしかありません。そして日本人はニュースが大好きな民族です。勝てば必ず食いつきます。目標はスコットランドを倒す事です。今は日本代表をイジメに近いくらいの事をして鍛えるべきです。エディさんは日本協会の誰よりも本気です!そしてファンはずっと日本代表を支えていこうじゃありませんか!

    投稿: スペンサー | 2012年7月27日 20:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55291245

    この記事へのトラックバック一覧です: 愛好日記トークライブ2012夏:

    » 愛好日記トークライブに行ったぞ。 [ココロミ]
    久しぶりのトークライブです。6月は、ジャパンのゲームも観戦できなかったので、ラグビー行事としても久しぶりの参加で楽しかった(^^)7月26日(木) 19:00 K.O. 下北沢「音倉」ゲストは、日本ラグビーフットボール協会の戦略室、国際部長の中里裕一さん、NECの辻さん(今は、ラグビーから離れているそう)、「楕円桜」を歌っている渡瀬あつこさん。今までとは、ちょ~っと変わった組み合わせで興味津々。テーマは、「2019年に向けて、わたしたちにできる事とは?」ってことで、まずは、中里さんが、しゃべる。この... [続きを読む]

    受信: 2012年7月29日 17:39

    « トークライブのことなど | トップページ | ラグマガ9月号 »