« 愛好日記トークライブ2012夏 | トップページ | スーパー15準決勝結果 »

ラグマガ9月号

Cover_2012_9

書くのが遅くなってしまったが、ラグビーマガジン9月号と、ラグビークリニック盛夏号が発売になっている。ラグマガの表紙は、大野均選手、竹中祥選手に、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチ。低い姿勢で運動量豊富に動き回る。大野選手は、エディージャパンの象徴的存在になっている。そして、竹中選手は、もてる身体能力で、海外の列強の選手以上と言われている。

菅平高原での夏合宿レポート。ジョーンズHCのインタビューなどで、日本代表の方向性が示される。僕もジョーンズHCに菅平のことを聞いたことがあるのだが、山本巖さんの日本代表監督時代にコーチを務めていた頃、菅平の夏合宿が印象に残っていたそうだ。たくさんのグラウンドがあって、日本代表の練習をラグビー関係者、ファンが見守っている。「世界のどこにもない」最高の環境で、日本代表の基礎を作りたいと考えたそうだ。今後、菅平での夏合宿が恒例になれば、同時期に菅平に来る子供達もそれを見学できるし、ファンのみなさんも予定を立てやすくなるだろう。日本代表がたくさんの人の目につくことは、とても大切なことだ。

フレンチ・バーバリアンズの会長として来日した元フランス代表フランカー、ジャン=ピエール・リーヴさんの、藤島大さんによるインタビューは面白い。「秩序を望まぬ兵士の独白」。現在は、芸術家(現代彫刻)。たとえば、アルゼンチン代表について、リーヴさんは、こう語る。「最後のロマンチック。最後のバガボンド(自由な旅人)。現代ラグビーにおいては、アルゼンチンがそういう存在ではないでしょうか。際立つ個性があり特質があり国への誇りがある。郷愁に近いのかもしれませんが」

あなたにとって、ラグビーとは?「自由。ラグビーは時に戦争になる。でも根底に愛情と友愛がある。人間と人間の行為なのでエネルギーが生まれる。そのエネルギーは自由がなくては生まれない。個人の自由を守る。そこに自分が自分である証明がある」。この先は、ラグマガにて。

Rugbyclinic_30

ラグビークリニックの特集は「勝利への準備」。サントリーサンゴリアスの「アタキングラグビーの、心、技、体、改革。」は興味深い。日本代表のスポットコーチとして来日したスティーブ・ボーズウィックの「押せるラインアウト・モールの基礎」や、天理大学のSH練習など面白い。新・試験的ルールの要点は必読だろう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 愛好日記トークライブ2012夏 | トップページ | スーパー15準決勝結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    リーヴ氏へのインタビュー、藤島さんしかムリかも知れませんね(笑)。面白かったです。

    投稿: らぐじ~ | 2012年7月28日 23:11

    レス違いm(_ _)m

    オフロードパスで、後ろに目がついてんじゃねーのか?みたいなシーンがよくありますが
    再放送のRWCでABs ワラビーズの最初のABsのダグ→ノヌーのトライは ノヌーが声出してますね。

    自分は経験者ではないので少し納得出来ました。


    投稿: けんじ | 2012年7月28日 22:59

    J・P・リーブが言うように、アルゼンチン・プーマスには、確かに個性、自由、誇りを感じる。近年のフランス代表より。

    ところで、ロンドン五輪の開会式で、英国(GB)の歴史を表現するパフォーマンスの中で、英4地域(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)を紹介する映像として、4地域全て、ラグビーの代表チームが使われていたのに感動した。IOC会長J・ロゲが、元ラグビー選手(ベルギー代表FL)であった事と無関係ではないのだろう。そこにも“ラグビー愛”を感じた

    投稿: コドロニュー | 2012年7月28日 22:46

    全く関係ないですが。

    ロンドンオリンピックの開会式では。

    アイルランド、スコットランド、ウェールズの順でトライシーンが映像で。

    締めはイングランド。

    ワールドカップで優勝した時のウィルキンソン選手のドロップゴールのシーン。
    早起きは三文の得でした。

    投稿: 池田亜樹 | 2012年7月28日 22:43

    フレンチ・バーバリアンズで思い出しましたが、竹中君のプレイのように、ランナーがスピードに乗って抜いていくシーンって、日本のカメラは必ず寄りますよね?
    あれ、全然ランナーのスピード感が伝わってこなくて、エキサイティングじゃないんですよね。海外の放送とかでも、あんなカメラワークないですよね。

    寄って撮影する方が難しいんでしょうが、自己満足の技術を披露されても、見る側としては・・・

    しっかりカメラに引いてもらえないですかねえ。
    村上さんから、もしくは協会を通して、放送サイドに言ってもらえると有難いんですが。

    投稿: かもめのJONA | 2012年7月28日 20:03

    ラグマガとラグクリ。もちろん両方買います(まだ買ってません)。ところでラグクリって言ってるの私だけかな?

    投稿: nick | 2012年7月28日 19:07

    いかんラグマガ買い忘れるとこでした。
    ありがとうございました。

    投稿: ささき | 2012年7月28日 15:08

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55298474

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ9月号:

    « 愛好日記トークライブ2012夏 | トップページ | スーパー15準決勝結果 »