« 総合格闘技トレ | トップページ | スーパー15準々決勝終わる »

我孫子にてノーサイド

南アフリカで武者修行中の松島幸太朗選手が、南アフリカU19州代表選手権のU19シャークス(クワズールー・ナタール州)の先発メンバーに名を連ねた。U19フリーステート・チーターズ戦で「14」を背負う。なんとも、頼もしく嬉しいニュース。すでに日本代表入りを果たしている、藤田慶和、竹中祥、そして松島幸太朗と、将来の日本代表のバックスリー(WTB、FB)の軸になれる逸材が20歳以下の世代に次々に出てきている。17歳のSO山沢拓也もいる。彼らが質の高い国際舞台での経験を積める育成を着実に進めなければ。

トップウエストのHonda HEATからは、追加新加入選手のお知らせがあった。スーパー15のハリケーンズでプレーしていたファイフィリ・レヴァヴェ選手だ。1986年生まれの26歳。193cm、111kgのFW第三列。19歳でNZ州代表選手権にデビューし、21歳以下のNZ代表にも選ばれている。

201207201

日本代表の菅平合宿は20日で打ち上げ。僕は一足先に下山し、きょうはNECグリーンロケッツの取材で我孫子に行っていた。NECスポーツのロケッツクラブ会報誌でのインタビューだった。話を聞いたのは、ルーキー4選手。写真左から、PRキム・カンシク(高麗大、韓国代表)、CTB/FB山下祐史(パナソニックワイルドナイツより移籍)、LO小野寺優太(流通経済大学、ジュニア・ジャパン)、NO8ヴァカウタ・イシレリ(流通経済大学、日本A代表)。

キム選手は昨秋に入団テストを受けて加入し、今季より公式戦デビューを目指す。一時は130キロ以上あった体重は、NECでのトレーニングで120キロまで絞られている。新卒ルーキーの小野寺、イシレリ両選手も大学の試合が終わってから体重が増えてしまったが、NEC入りして十数キロ落としたようだ。今は体もキレてよく走れるという。逆に、山下選手はパナソニック時代よりウエイトトレーニングの時間が増えて筋肉量がアップ。体重が増えたそうだ。「本当はFBなのですが、NECではCTBに入ることが多くて。でも、いろんなポジションが出来たほうがチームの役にも立てるので」と、前向きに語っていた。

爆発的な突破力が魅力のイシレリ選手はすでに日本A代表に選ばれており、将来の目標も「日本代表」。小野寺選手はジュニアジャパンでは、ブラインドサイドFLに取り組んでいるが、NECでは「LOで勝負したい」と話していた。たしかに、NECのFW第三列は優れた選手が揃う。キャプテンの浅野良太、バイスキャプテンの土佐誠、ニリ・ラトゥ、権丈太郎、日高健、細田佳也、そして、日本代表スコッドの村田毅、このポジション争いは熾烈だ。

ちなにみ、小野寺選手のニックネームは「ゆうた」、「でら」、「テキサス」とたくさんある。テキサスはNEC入りしてついた。「太陽にほえろ」とは、まったく関係がないらしい。これで分かる人は僕と同世代以上かな。

201207202

最後は、昨季限りで引退し、現在のチームの副務を務める熊谷皇紀さん。取材は、我孫子事業場にある我孫子クラブの「ダイニングバー、ノーサイド」で行われた。このお店、知らなかった。ここは、一般の人も入れるお店で、豊富なおつまみも揃っているし、グリーンロケッツラベルの焼酎などもある。歴代のグリーンロケッツのジャージも飾ってあった。

201207203

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 総合格闘技トレ | トップページ | スーパー15準々決勝終わる »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    松島選手楽しみですねー。

    投稿: ささき | 2012年7月20日 20:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55239370

    この記事へのトラックバック一覧です: 我孫子にてノーサイド:

    « 総合格闘技トレ | トップページ | スーパー15準々決勝終わる »