« キヤノン今季のリーダー発表 | トップページ | 菅平組・日本代表スコッド »

V7戦士、夢の競演

NPO法人スクラム釜石が、新日鐵釜石OB対神戸製鋼OBによる「V7戦士チャリティマッチ」を開催すると、発表した。9月23日、東日本大震災被災地復興支援イベントとして実施されるもの。

プレスリリースにはこうある(抜粋)。
【1995年1月17日午前5時47分に阪神・淡路大震災に見舞われた兵庫県神戸市を本拠地とする神戸製鋼ラグビー部OB、2011年3月11日午後2時46分に東日本大震災に見舞われた岩手県釜石市が拠点だった新日鐵釜石ラグビー部OB有志、ならびに同部OBを含むNPO法人スクラム釜石は、ともに手を携えて、改めて被災地の復興へ広くご支援を募るべく、本年9月23日(日)、両チームの「V7戦士」を中心とした「V7マッチ」を行うことを決定しました。東日本大震災は、発生から1年3ヶ月が経った今も、被災地に大きな爪痕を残しています。
一朝一夕には終わらない復興を支援し、現地で運動もままならないまま辛い日々を送っている子どもたちに援助の手を差し伸べることは、私たちの願いであり、早急に取り組まなければならない問題です。しかし、残念ながら、巷間の関心は日に日に薄れつつあるのが現状です。
そこで、「被災地」「日本選手権7連覇」という共通のキーワードを持つ両チームのOBが、聖地・秩父宮ラグビー場でチャリティを目的とした試合を行い、世間の関心を呼び起こし、もう一度被災地への支援を広く訴えようと、今回の「V7マッチ」開催を決定致しました。同時に、これはまた、ラグビーという競技が持つ「ノーサイドの精神」を広く世間にアピールし、2019年に日本で開催される第9回ワールドカップを成功させるために、改めてこの競技の魅力を発信するささやかな契機となり得るのでは、とも考えております】

日時:2012年9月23日(日) 13時30分キックオフ(20分ハーフ)
場所:東京・秩父宮ラグビー場

※V7マッチは、同日15時キックオフのトップイースト公式戦・釜石シーウェイブス対横河武蔵野アトラスターズ戦の前座試合として行われる。観戦するには釜石シーウェイブス対横河武蔵野アトラスターズ戦の入場券が必要。当日は、募金活動、釜石シーウェイブス対横河武蔵野アトラスターズ戦終了後に、秩父宮ラグビー場周辺でV7戦士サイン会などを含むチャリティイベントの開催を予定。悪天候の場合は、中止の可能性もあり。
■参加予定メンバー(原則として両チームのV7時代のメンバーが中心)
新日鐵釜石OB=松尾雄治、森重隆、石山次郎、小林一郎、谷藤尚之、瀬川清、千田美智仁、坂下功正ほか
神戸製鋼OB=平尾誠二、林敏之、大八木淳史、萩本光威、藪木宏之、大西一平、堀越正己、
元木由記雄ほか

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « キヤノン今季のリーダー発表 | トップページ | 菅平組・日本代表スコッド »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    懐かしい面々、そして、いい企画です。どんなメンバーが揃うのか、楽しみです。

    投稿: サファイヤ | 2012年7月 8日 16:33

    楽しい趣向ですね。

    投稿: ささき | 2012年7月 6日 08:55

    印象としては。

    新日鉄釜石対同志社大学の印象が強いです。

    フォワードでありながら、当時は同志社大学の平尾選手に憧れていました。

    昨年位にNHK衛星第一で松尾さんの引退試合となった日本選手権、新日鉄釜石対同志社大学の試合が、スタジオゲスト松尾さん、平尾さんという形で放送されてました。

    あの時は、こんな事を考えていたんだと、お二方の考えがわかり面白かったです。試合も今見ても色褪せてないし。

    当時は、松尾さんが、試合に出れるのかどうかやきもきしました。

    千田さんのトライが印象に残ってます。

    地上波でもラグビー特番が90分位あってましたねぇ。林さんの涙が忘れられない。

    しかし、その翌年に照れながら日本一のトロフィーを手にする林さんの姿も忘れられない。

    投稿: 池田亜樹 | 2012年7月 6日 08:20

    松尾雄治で思い出しましたが、2011W杯 日本vsNZ戦後、松尾さんが提案していた日本代表vs在日外国人選抜のシリーズ転戦、本気で検討してもらえないですかね?
    日本代表が難しければJr.JAPANでも。
    これだけビッグネームが日本のチームに在籍しているのだから活用しないのはあまりに勿体ないし、所属チームの理解も頂けるよう協会として動いてもらいたいです。

    更にこれが上手くいけば、2000年秋に豪州とNZが立て続けに日本に来たように(欧州遠征前の調整として日本に立ち寄り、在日外国人中心のチームと対戦) 、毎年秋にオールブラックスが日本で調整試合をしてくれるように発展したら本当に素晴らしいし、在日外国人選手もまた違ったモチベーションが生まれるでしょう。オールブラックスを引退した選手がオールブラックスと戦えるのですから。
    ムリアイナvsダグ、リコ・ギアvsホズィア・ギア、とか、ヘスケスの走りがオールブラックスに通用するのか?、とか、Gスミスvsマコウなどなど、想像したらワクワクします。
    フロントローなど足りないポジションには日本代表スコッドの選手を入れればいいでしょう。日本代表でも体験出来ないレベルの試合が出来ますから本当に貴重な体験となるはずです。
    これ、本気で考えてもらえないですかね。

    投稿: BJ | 2012年7月 6日 00:25

    釜石vs神鋼 V7戦士OB戦、楽しみですねぇ。平尾が現役引退後に試合に出るのなんて初めてじゃないですか?
    反面、年齢無制限は恐い気がします。
    松尾、森は60歳近い。元木なんて現役最年長トップリーガー松田務の1年後輩ですからねぇ。手抜き出来ないタイプだし、大きな事故が起きない事を祈ります。

    投稿: BJ | 2012年7月 5日 23:56

    まさにドリームマッチです。

    雨は大丈夫、降らないでしょう。

    村上さんも秩父宮に来られますよね。

    投稿: シバザキ | 2012年7月 5日 21:35

    いや~豪華メンバー勢揃い。
    全盛期でこのマッチ見て見たかったですね。
    こう考えると、ラグビー人気低下は
    スター選手不在かと・・・・単純にそう思えますね

    投稿: カズ | 2012年7月 5日 15:22

    「V7戦士チャリティマッチ」、魅力的ですね~。松尾さんや大八木さんのプレーは生で観たことがないので、是非観てみたい!
    でもその日は対抗戦が・・・。うう、とても悩ましい・・・。

    村上さん、ブログいつも楽しみにしていますが、少しは休んでくださいね。

    投稿: ねこぷ~ | 2012年7月 5日 14:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55124593

    この記事へのトラックバック一覧です: V7戦士、夢の競演:

    » 釜石OB  v.s. 神鋼OB チャリティーマッチ  [ココロミ]
    釜石vs神戸のV7時代のヒーローによるドリームマッチが実現!9/23(土)トップイーストの釜石SW対横河武蔵野の前座で実施。松尾vs平尾対決も見られる! | ツール・ド・ラグビー 大友信彦ブログまた、平尾さんからはコメントが届きました。「神戸製鋼が新日鐵釜石と並ぶ7連覇という偉業を達成した軌跡の間には『今の神戸製鋼と7連覇当時の新日鐵釜石とどちらが本当に強いのか?』という言葉を、いろいろなところで耳にしたことを覚えています。あれから長い年月が経ち、今回の『V7戦士チャリティーマッチ』で、日本ラグビー... [続きを読む]

    受信: 2012年7月 8日 15:49

    « キヤノン今季のリーダー発表 | トップページ | 菅平組・日本代表スコッド »