« NTTドコモ南港Gにて | トップページ | カンタベリー青山店リニューアル »

サードロー15周年

22日は、神戸の三ノ宮に行っていた。老舗のライブハウス「チキンジョージ」で、ラグビー好きが集まるバー・サードロー(THIRD ROW)の15周年記念パーティーがあったのだ。サードローのマスターは、僕の大学の一年先輩で、ワールドでも活躍された金村泰憲さん。その名の通り、運動量豊富なフランカーだった。同じく神戸を本拠地にする神戸製鋼ラグビー部関係者との親交も深く、神戸製鋼、ワールドのラグビー関係者を軸に大盛況のパーティーになった。

201208231

場所がライブハウスなので、「金村さんのためなら」と各地からバンドがやってきて、懐かしい曲を次々に演奏してくれた。チャーリー・コーセイさんが、ルパン三世のテーマを歌ってくれたりもして、気持ちのいい時間だった。

201208232

合間にはさんだトークライブで進行役をさせてもらった。スペシャルゲストはワールドOBで現在は六甲ファイティングブルのGMを務める東田哲也さん、そして、神戸製鋼コベルコスティーラーズのGM兼総監督の平尾誠二さんも駆けつけてくれた。金村さんと同時代にプレーしたということもあって、懐かしい話が次々に飛び出した。客席には、元神戸製鋼の林敏之さんもいたので、林、大八木、平尾、東田、土田という同志社大学時代のスター選手の人間関係に話を振ったら、やっぱり面白かった。

平尾さんが高校3年生の頃、同志社大学に練習試合に行ったことがあった。「そしたら、ロッカールームに、大八木さんが林さんを連れて来てくれた。林さんと言えば、当時、大学生で唯一の日本代表選手だった。すると、大八木さんが先輩の林さんにタメ口で話している。同志社って上下関係なくて自由なんやと、素晴らしいと思った。これも僕が同志社に行こうとした理由なんです。ところが、入学して見たら、タメ口なのは、大八木さんだけなんです。他の人はみんな敬語で話していた……」。なんていう話しが次々に。

金村さんが、15年を振り返る。「サードローが上手く行ったら、フロントローっていうちゃんこ鍋のお店を出そうと思ってたんです。次に、セカンドローという焼肉屋、そして、ハーフバックスというホストクラブ(笑)。でも、だんだん店は小さくなって……」。堅実にサードローを守って15年である。全国にラグビーにちなんだ名を付けたバーは数多い。金村さんのお店の近くには、大体大、ワールドの先輩の森本さんが経営する「コラプシング」もある。このパーティーでも、岐阜市のプールバー「スクラム」(PoolBAR SCRUM)の方に声をかけていただいた。ラグビー愛好家の語らいの場として、そして、ラグビーへの入り口として、どのお店も長く続いてほしいと願うばかり。

201208233

最後は「雨上がりの夜空に」で最高潮に。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « NTTドコモ南港Gにて | トップページ | カンタベリー青山店リニューアル »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私は九州なのでなかなかいけませんが、まさに私の憧れた世代です。
    聞きたかった~。
    初めて、当時関西に住んでた友達を訪ねて試合を見に行った時、電車で突然林さんが私の友人の隣に座って来て、私は憧れの人に突然出会った衝撃で固まっていると、そんな事お構いなしに友人が林さんに握手して下さいとお願いすると、心良く握手をしてもらっていました。
    私は、俺の方が百倍ファンなのに…と思いながら固まっていました。
    懐かしい20年前の思い出です。

    投稿: 楕円大輔 | 2012年8月23日 23:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « NTTドコモ南港Gにて | トップページ | カンタベリー青山店リニューアル »