« ともだちカップ&お知らせ | トップページ | CTB論&近鉄ライナーズ »

ラックの5秒ルール

コメント欄に試験的ルールについてのご質問がありました。トップレフリーの研修会などにも出席させてもらったので、改めて、ラックの5秒ルールについて書いてみます。質問が以下のようなものでした。

「ラックの5秒ルールですが、レフェリーがユーズ・イットの声をかけた後に、相手選手の手が伸びてきて出せないというケースが考えられると思います。この場合、どういうジャッジになるんでしょうか?」

ラックでレフリーが「ユーズ・イット」と声をかけるのは、明らかにボールを出せる状態になったときなので、ラックの終了という意味ではありません。ラックでは手を使えませんので、そのボールに相手チームが手をかけるなどの邪魔をすれば、ハンドやオフサイドの反則になるはずです。レフリーは、明らかにボールが利用できる状態でしか声をかけないので、そこからボールが出ないというのは、あまり起きない現象だと思います。もし、出さなければ、相手ボールのスクラムになります。相手ボールになったときのレフリーのジェスチャーもありません。レフリーは、ただ相手ボールのスクラムを命じるだけになります。

あえて言うなら、ユーズ・イットの声がかかった後に相手のプレーによってボールが出せなくなるのは、カウンターラックのときです。つまり、正当に押し込むことによって、ボールを乗り越えてターンオーバーする動きです。「ユーズ・イット」の声は、あくまでも、ボールを故意に停滞させたり、時間の空費を防ぐためのもので、声がかかったあとの正当なボールの奪い合いは、そのままプレー続行となります。

網走の夏合宿で行われていたトップリーグの練習試合を見る限り、5秒で出さずに相手ボールになった例はありませんでした。完全にボールが出せる状態になれば、普通はボールを出すからです。このルールが想定しているのは、ノーサイド間際に、リードしている側が故意に時間を使うときだと思いますので、このルールに関しては、ストレスなく観戦できると思います。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ともだちカップ&お知らせ | トップページ | CTB論&近鉄ライナーズ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ボクも非常に腑に落ちましたm(_ _)m
    失礼ですが説明ウマい 当たり前なのか?(笑)

    投稿: けんじ | 2012年8月19日 21:22

    村上さん、丁寧なご回答、ありがとうございました。
    内容も、非常に腑に落ちました。
    今季も、各試合の観戦を楽しみたいと思います。

    投稿: かもめのJONA | 2012年8月16日 01:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « ともだちカップ&お知らせ | トップページ | CTB論&近鉄ライナーズ »