« ラグビー・フリーペーパー創刊 | トップページ | ラグビーチャンピオンシップ開幕 »

男子7人制代表

前回のブログの花は、「ヤナギハナガサ(柳花笠)」でした。情報くださった方、ありがとうございました。これは分かります。マリーゴールドです。

Marry

HSBCアジアセブンズシリーズ第一戦「ボルネオセブンズ」(9月1~2日 マレーシア・ボルネオ)に参加する男子7人制日本代表の選考合宿メンバーが発表になった。

桑水流裕策(コカ・コーラウエストレッドスパークス)、四至本侑城(クボタスピアーズ)、 後藤駿弥(ホンダヒート)、 鶴ヶ﨑好昭(パナソニック ワイルドナツ)、 鶴谷知憲(立正大学3年)、加藤裕太(セコムラガッツ)、仲宗根健太(サントリーサンゴリアス)、和田耕二(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、ロテ・トゥキリ(北海道バーバリアンズ)、坂井克行(豊田自動織機シャトルズ)、シリバ・アヒオ(福岡サニックス ブルース)、シオネ・テアウパ(豊田自動織機シャトルズ)、 大松直人(拓殖大学4年)、横山健一(リコーブラックラムズ)、横山伸一(リコーブラックラムズ)、羽野一志(中央大学3年)、田中友也(エーコンクラブ)

テスト生として、エーコンクラブ所属の田中友也(19歳)が入っている。ニュージーランドのパーマストンノースボーイズ高校出身で、100m10秒台、とてつもなく足の速い選手だと聞いている。

アジアセブンズシリーズ2012大会は全4戦開催される。日本は全シリーズに参加予定。シリーズ第4戦となる「シンガポールセブンズ」(11月2日~3日)は、来年モスクワで開催されるIRBラグビーワールドカップ・セブンズのアジア地区予選を兼ねている。シンガポール大会は16チームが参加し、上位3チームがアジア代表としてワールドカップに出場する。ボルネオ(マレーシア)、上海(中国)、ムンバイ(インド)の3大会によるランキングで、シンガポールセブンズのシード順が決定されるので、そこまでの戦いも重要になる。

昨年のシリーズでは日本がアジア1位。2位香港、3位は、中国、フィリピン、韓国の3カ国が並んだ。この結果、日本、香港、中国、フィリピンが香港セブンズの出場権を獲得している。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビー・フリーペーパー創刊 | トップページ | ラグビーチャンピオンシップ開幕 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ユニオンの通過点に見てるのは否定できませんね。
    次回オリンピックからかわることを期待し、
    総合的にラグビーの認知度上がればいいですね。

    投稿: ささき | 2012年8月20日 02:04

    アジアセブンズシリーズに、日本開催が無いのに一抹の寂しさを感じる。

    やはり、日本はセブンズを軽視しているのか。

    投稿: ライガー | 2012年8月19日 10:03

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « ラグビー・フリーペーパー創刊 | トップページ | ラグビーチャンピオンシップ開幕 »