« 網走3日目、オリフィエ来日 | トップページ | スーパー15決勝&新ルール&U19日本代表ほか »

網走ラグビーフェスティバル

4日は網走ラグビーフェスティバルが開催された。トップリーグと同じく、このフェスティバルも今年が10年目となる。いまや、網走を中心にした北海道では、トップリーグ14チーム中、12チームが夏合宿をしている。東芝は19年連続の網走で、最多回数を誇る。この日の朝は快晴だったこともあって、国道に設置された温度計は、27度。ずいぶん暑く感じたが、それでも東京よりは涼しい。朝は、子供たちがタグラグビー体験。今年に入って、網走市ラグビーフットボール協会が設立されたこともあり、これから、ますます盛んになってほしいところ。

試合は、午後12時から3つのグラウンドに分かれて、5試合が行われた。僕と矢野武さんは、メインのラグビーグラウンドで行われた、神戸製鋼コベルコスティーラーズ対リコーブラックラムズ戦、東芝ブレイブルーパス対トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦の場内MCをした。矢野さんがエンジン全開で、大会記念Tシャツの販売案内、熱中症対策からメンバー表の読み上げ、試合実況と元気に声を張りあげる。僕は、新ルールの簡単な説明や、試合の解説でサポートした。

20120804

神戸製鋼とリコーは、若手中心のチームだったのだが、引き締まった好ゲームだった。神戸製鋼は、LO林、NO8谷口らが密集周辺で前に出て、CTB南橋、WTB中濱、FB小笠原らを走らせ、リコーは、LOポヒヴァを軸に前進、WTB横山健一らの俊足BKで勝負した。互いにミスもあったが、ワイドな展開でできたラックから谷口が抜け出してのトライなどで神戸製鋼が、33-10と快勝。網走の水谷洋一市長から、恒例の鮭20匹、じゃがいも100キロの勝利者賞を受けた。敗れたリコーにも、それぞれ半分ずつの敢闘賞が贈られた。

第2試合は、ともに現状のベストメンバー。スタンディングラグビーを追求する東芝ブレイブルーパスと、フィジカルラグビーのトヨタ自動車ヴェルブリッツが、想像以上の激しい肉弾戦を繰り広げた。東芝がSOヒルのトライで先制すれば、トヨタもSOブレットのインターセプトでトライを返す立ち上がり。互いにディフェンスラインが激しく前に出て圧力をかけて一進一退の攻防になったが、33-28と、東芝5点リードで後半30分を過ぎたあたりで、トヨタの連続攻撃のパスを東芝NO8豊田がインターセプトして独走トライ。試合の流れを一気に引き寄せた。このインターセプトがなければ、トヨタがトライしていた可能性が高く、結果は分からなかった。最終スコアは、47-28。

201208041

強烈なインパクトを残したのは、東芝WTB豊島翔平だった。前半の終盤に、左タッチライン沿いでボールを受けると、マークの選手を内側へのステップでかわして加速、カバーディフェンスを振り切って約40mを駆け抜けた。これには、観戦に訪れていた7人制日本代表の瀬川監督も「ステップを切ってもスピードがまったく落ちないですね」と嬉しそう。東芝にとっても、トライゲッターとして十分に計算できる選手になりそうだ。また、この日は、アウトサイドCTBでルーキーの森田佳寿がプレー、サイズは小さいが力強いプレーを見せ、後半にはSOでプレー。トップリーグで十分にプレーできる能力を見せていた。また、東芝は3PGを決めたように、今季は着実にスコアする試合運びを描く。「昨シーズンは5点を狙って結局取れないことも多かった」と和田監督。2シーズン、タイトルから遠ざかるチームが王座奪還に燃えている。

また、別のグラウンドで行われていた、サントリーサンゴリアス対NECグリーンロケッツは、31-19でNECが勝利した。見ていた人によれば、NECはディフェンスも良く、WTBナドロが相変わらずに決定力。サントリーはミスが多かったようだ。三菱重工相模原とサントリーは、40分一本勝負だったのだが、24-7で三菱重工が勝利。リコーブラックラムズ対コカ・コーラウエストレッドスパークス戦は、リコーが26-17で勝った。

201208042

空港への帰り道、ひまわり畑で車を停め、シャッターを切った。そして、振り返って北海道の雄大な景色を撮る。いい感じだと思ったら、何者かが写り込んでいた。さて、これは誰? これも雄大さをより際立たせているかもしれない。

201208043

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 網走3日目、オリフィエ来日 | トップページ | スーパー15決勝&新ルール&U19日本代表ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    こんにちは。東芝のファンなので、好調とのこと、嬉しいです。試合をたくさん観に行けると良いなあ……

    投稿: ぱぐ | 2012年8月 6日 13:26

    記事と関係なくてすみません。オリンピックでの男女サッカーの快進撃。危機感を感じているラグビーファンは多いはず。ラグビーも負けられない。次のオリンピックとW杯はラグビーが結果を出す番だ!

    投稿: nick | 2012年8月 5日 12:21

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55351526

    この記事へのトラックバック一覧です: 網走ラグビーフェスティバル:

    « 網走3日目、オリフィエ来日 | トップページ | スーパー15決勝&新ルール&U19日本代表ほか »