« 伊藤宏明、正面健司に会う | トップページ | 10年目のトップリーグ開幕 »

なんば、梅田でラグビー談議

きのうは、伊藤選手と正面選手の取材後、大阪なんばの、なんばグランド花月に向かった。9月4日のラグビー新喜劇の軽い地合わせ兼下見のつもりだった。支配人の新田さんは、関西学院大学ラグビー部のOBだ。ちょっとお話しして、観劇させてもらった。

COWCOW、Wヤング、トミーズ、笑福亭仁鶴さんらの漫才、漫談、そして新喜劇。大笑い。息が苦しくなるくらい笑った。座長の川畑泰史さんは、京都の公立高校でラグビー部だったので、少しお話もさせてもらった。修学院中学やったんかぁ。

201208301

その後は、花園アフターマッチFANクションのオフ会に参加。後藤翔太さん、冨岡耕児さん、伊藤宏明さんも飛び入りゲストで、参加者のみなさんを大いに喜ばせた。

場所は、大阪駅第1ビル地下2階の「酒宴・但馬」。大いにラグビー談議したのだが、壁を見ると、なんだかラグビーのポスターなどが多い。ご主人の古屋(こや)伸一郎さんは大のラグビー好き。息子さんは摂南大学でもプレーされ、キャプテンを務めていたそうだ。このポスター、ちょっと笑える。気軽に飲めるお店なので、入ったら古屋さんのクイズに答えてみよう。ウエルカムドリンクがもらえるみたい。

201208302

このお店のすぐ近くには、「TRY」というお店も。さすが大阪、ラグビー濃度が半端じゃありません。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 伊藤宏明、正面健司に会う | トップページ | 10年目のトップリーグ開幕 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さんが連日の梅田ネタなんて、梅田勤務の私は今日も村上さんが歩いていないかとキョロキョロしてしまいました(笑)

    第一ビルのお店、さっそく下見してきます♪

    投稿: 05 | 2012年9月 1日 00:01

    山賀選手、公式戦じゃないので引退しませんね!

    投稿: オールドオールドファン!? | 2012年8月31日 16:55

    大阪らしいですね!?
    ラガッツ山賀選手 初トライですか~!!!
    結婚もして・・・今シーズンで引退・・・なんて考えて欲しくないです!!!
    おめでとうございます。

    投稿: もうオールドファン!? | 2012年8月31日 16:50

    度々どうも・・・。8月17日セコムラガッツの山賀選手が山梨学院大戦で生涯初トライしましたねえ。すばらしい!珍事?(笑)

    投稿: KOREMASA | 2012年8月31日 09:15

    大阪在住のラグビーファンさん>ありがとうございました!

    投稿: KOREMASA | 2012年8月31日 08:42

    神戸製鋼の外国人選手の件、マパカイトロ選手は日本国籍を取得しており、ウイング選手はフィリピン国籍でアジア枠となるため、外国人枠はグラント選手とフーリー選手の2名になるので問題ないかと思われます。

    投稿: 大阪在住のラグビーファン | 2012年8月31日 00:28

    話は全く関係ないですが。

    パラリンピックのダイジェスト見てましたら。

    競技でウィルチェアラグビーという競技があって日本はメダル候補だそうです。
    初戦は大会7日目位でフランスと対戦。

    注目して見たいです。

    投稿: 池田亜樹 | 2012年8月31日 00:15

    記事と関係なくてすみません。明日10年目のトップリーグが開幕。とても楽しみ。とにかく熱くて激しい試合が見たい!

    投稿: nick | 2012年8月30日 20:32

    質問です。神戸製鋼の先発ですが、外国籍の選手が3人いますがOKなのでしょうか?

    投稿: KOREMASA | 2012年8月30日 18:43

    幸いにして関西方面へ出張る機会が増えましたので、早速クイズに挑戦して参ります。
    奈良エリアのオモシロラグビー酒場情報も御座いましたらご紹介下さい。

    投稿: ナベゾ | 2012年8月30日 16:18

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55540761

    この記事へのトラックバック一覧です: なんば、梅田でラグビー談議:

    « 伊藤宏明、正面健司に会う | トップページ | 10年目のトップリーグ開幕 »