« ノーサイド・ライブ告知ほか | トップページ | 網走2日目 »

網走は寒かった

1日の早朝に家を出て、大阪の伊丹空港から北海道の女満別空港に向かった。なんと、到着したら、気温は16度。きのうの京都は34度くらいあったから、ものすごく寒く感じた。網走もきのうまでは暑かったらしい。しかし、相変わらず芝生は素晴らしいなぁ。

20120801

トップリーグ各チームが練習している呼人のトレーニングフィールドに行くと、ちょうど、サントリーサンゴリアスと神戸製鋼コベルコスティーラーズの練習試合が始まったところだった。ジョージ・スミス、フーリー・デュプレア(サントリー)、ジャック・フーリー、クレイグ・ウィング(神戸製鋼)など世界のビッグネームに、サントリーに今季加入したSO小野晃征はじめ、FL佐々木隆道、HO青木佑輔、WTB小野澤宏時、神戸製鋼のFL橋本大樹、LO伊藤鐘史ら日本代表スコッドの面々も。顔見知りのファンの皆さんも来ていたが、豪華な対決だった。

冷たい雨の中、神戸製鋼がキックで地域をとると、サントリーがカウンターで切り返し、ボールを保持して攻め続ける展開が続いた。序盤は神戸製鋼のディフェンスがよく機能してスコアは動かなかったが、サントリーの大久保直弥監督の「ダイレクトプレー!」という声あたりから、サントリーが少ないパスで縦に出始め、SHデュプレア、FLスミスらがトライ。FL竹本隼太郎、CTB平浩二らもよくゲインして次第に点差を広げた。

終了間際に、神戸製鋼WTB大橋由和がトライを返し、最終スコアは、31-19だったが、8割がたサントリーが攻めていた。「シェイプの精度を上げる」(大久保監督)が今季のテーマだが、雨の中で、よくボールをキープできていた。敗れた神戸製鋼の苑田右二ヘッドコーチは、「雨だから、キックを使っていこうと言っていましたので、サントリーの攻撃時間が多くなるのは分かっていたことです。よくディフェンスできていたところもありましたが、攻撃を継続できなかったですね」とコメント。橋本キャプテンは、「まだまだです。しかし、デュプレアは上手いですねぇ。ディフェンスのしづらい選手です」と、世界一とも言われるデュプレアの状況判断とパス捌きに改めて感心していた。

201208011

今回は、JSPORTSで、トップリーグ前に放送されるハイライト番組の取材なのだが、こちらの写真は、トヨタ自動車ヴェルブリッツの新戦力、ジェローム・カイノ(オールブラックスFL)のインタビュー。まだ肩の怪我で調整中だが、一人で試合の流れを変えられる選手だけに、いつから出てくるのかも他チームには気になるところだろう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ノーサイド・ライブ告知ほか | トップページ | 網走2日目 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    寒い中、お疲れ様でした。脳震盪が2名出るほど激しい試合でしたね。
    大久保監督は神戸戦とうって変わった戦いぶりを褒めていました。

    妻はあまりの寒さにダウンジャケットを調達。。。

    投稿: クラモト | 2012年8月 1日 18:57

    練習試合とはいえ豪華すぎるメンバー。トヨタのカイノは早く怪我が治るといいね。10年目のトップリーグ。開幕が楽しみ。

    投稿: nick | 2012年8月 1日 18:55

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55329455

    この記事へのトラックバック一覧です: 網走は寒かった:

    « ノーサイド・ライブ告知ほか | トップページ | 網走2日目 »