« 9月22日、青山でトークイベント開催決定 | トップページ | なんば、梅田でラグビー談議 »

伊藤宏明、正面健司に会う

29日は、大阪の梅田で伊藤宏明選手(NTTドコモレッドハリケーンズ)、正面健司選手(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)のインタビューをした。9月下旬に発行される雑誌「RUGGER」の取材である。テーマは、スタンドオフ。「僕で大丈夫なんですか」と正面選手。たしかに、チームではSOでプレーすることは少ないのだが、2002年のアジア大会では日本代表SOを務め、トヨタ自動車、神戸製鋼でもときおり攻撃的なSOとしてプレーする。彼と接した指導者が、非凡なパスとキックの能力を見て、SOにしたくなる選手だし、本人もSOをやりたがっている。

201208281

一方の伊藤選手は、子供のころからSO一本のスぺシャリスト。最近はSOのタックル回数が増えていることに触れ、「昔は僕も、全然ジャージが汚れなかったんですけどね。明治大学の頃は、いつも綺麗でしたよ」と、ジャージが汚れるようになってきたのは、社会人になってからだと話していた。SOのタックル回数が増えたのは、90年代後半あたりからなのかもしれない。「僕はスクラムのオフサイドラインが5m下がったのは、攻撃的なラグビーを奨励するものではないと思っているんです」などなど、独自の感覚でSOを語ってくれた。「SOは、いつもどうやって試合に勝つかを考えていないと」というのは、2人に共通した意見。詳細は、誌面にて。ちなみに、伊藤選手は「日サロ」には行っていないそうだ。

伊藤選手が所属するNTTドコモラグビー部が、東日本大震災の被災地に対する寄付金200,216 円の目録を8 月24 日、平瀬健志キャプテンより、日本ラグビー協会の矢部専務理事に届けたと、発表があった。寄付金は、JRFUラグビーファミリー支援会を通じて、被災されたラグビーファミリー(県ラグビー協会、チーム、学校、その他)への援助や、ラグビーに関わる復興支援活動に活用される。寄付金は、春季オープン戦の7 試合でのトライ数に対して全部員が行った寄付と、社内イベントに参加者された方々からの募金金額を合わせたものだという。

以前もお知らせしたが、スカパーで放送されたさまざまな番組を表彰する「スカパーアワードの締切が8月31日に迫っている。スポーツ、公営競技のカテゴリーで、「ラグビーワールドカップ2011全48試合生中継」がノミネートされているので、他のスポーツを制して賞を勝ち取るために、できれば、投票をお願いします。

以下URLより、投票できます。
http://award2012.skyperfectv.co.jp/sports.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 9月22日、青山でトークイベント開催決定 | トップページ | なんば、梅田でラグビー談議 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55533566

    この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤宏明、正面健司に会う:

    » トップリーグ昇格をめざして [森本 光ブログ☆ラグビー好きやねん!]
     トップリーグ昇格をめざすトップウエストAリーグの記者会見が先日大阪市内のホテル [続きを読む]

    受信: 2012年8月30日 12:12

    « 9月22日、青山でトークイベント開催決定 | トップページ | なんば、梅田でラグビー談議 »