« 男女7人制代表結果 | トップページ | ラグビー新喜劇 »

10年ぶりのトライ

そういえば、書くのが遅くなってしまったのだけど、変顔キングの山賀選手(セコムラガッツ)が、山梨学院大学との練習試合でトライして、関係者の間で話題になった。で、本人に連絡してみたら、「トライといっても、モールでのトライですが(笑)、練習試合では、トライ経験あるのです。前回のトライは、2002年関東代表でオーストラリア遠征中の練習試合。SO伊藤宏明選手からの内返しパスに反応してのトライ! 今でも鮮明に覚えております」とのこと。10年ぶりのトライだったみたいだ。

というわけで、公式戦ではいまだトライなし。「公式戦での初トライ目指して頑張ります!」と山賀選手。まだまだ元気だ。こうなると、トライしてほしいような、ずっとしてほしくないような、複雑な気分になるなぁ。

トップリーグの第1節の試合を、少しずつ見返している。パナソニックは、ホラニ龍コリニアシ選手の復帰がものすごく大きい気がする。あのディフェンス力は魅力だ。東芝は、ルーキーの森田佳寿選手がアウトサイドCTBでいい突破をしていた。福岡サニックスはハイパントを織り交ぜながら、しっかり勝利するラグビー。いろいろ引き出しが増えてきて、次は何をしてくるか分からない面白さも感じた。

9月は金曜のナイターがあるので、次節が早く感じる。開幕戦でサントリーに敗れたNECは、トヨタ自動車との対戦。トヨタも初戦でヤマハ発動機に敗れており、互いに負けられない戦いになる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 男女7人制代表結果 | トップページ | ラグビー新喜劇 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    dangerトップリーグのレベルは間違いなく高まっている。ワールドクラスの選手の加入、実績あるコーチの指導。一方、それに追いついていないのがレフリーのレベルじゃないか。
    7試合見て、全くフィットしていないレフリーがおひとりふたり見受けられた。職業持ちのボランティアではもうもたないのではないか。A級レフリーは協会付きのプロフェッショナルである必要を感じたのは私だけか。

    投稿: エリス少年 | 2012年9月 4日 19:34

    パナはコリーの復帰が大きいですね。負傷中のWTB北川選手とNZ挑戦中の田中選手・堀江選手がチームに合流すれば更に強くなると思います。あとLO北川勇選手の成長も見逃せません。

    SBW+山田=無限大!

    投稿: nick | 2012年9月 4日 00:32

    録画した試合をみてから村上さんのブログを見ようと思うと寝るヒマがありません(笑)。

    ちょっと遅くなりましたが、サントリーvsNEC、1万人超えたと思ったんですがいってなかったんですね。残念。
    試合前は風がここちよいと思っていましたが、開始後は熱気でものすごく暑く(熱く?)なりました。

    第2節のナイターも観に行きます。

    投稿: ねこぷ~ | 2012年9月 3日 22:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55575489

    この記事へのトラックバック一覧です: 10年ぶりのトライ:

    « 男女7人制代表結果 | トップページ | ラグビー新喜劇 »