« 関西大学A会見&女子部員 | トップページ | リコ・ギア全黒ラーメン発売 »

ラグマガ11月号ほか

Cover_2012_11

ラグビーマガジン11月号が発売になっている。表紙はいま話題のソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)。本人は、「僕は、ソニーではなく、サニー」と正しい発音を指摘。僕も先日、チームメイトの熊崎選手に聞いたのだが、チーム内では、「SBと呼んでくれ」と話しているそうなので、SB(エスビー)と呼ぶのがいいのかも。

巻頭のインタビューは、涼しげな笑顔のSBがラグビーへの想い、家族への想いを語っている。「オフロードパスは、仲間のサポートがあってこそ成功します。何より大切なのは、仲間とスペースを分かち合うこと」。これを読むと、ますますファンが増えそうだ。

中カラーには、元ウエールズ代表の小さな巨人シェーン・ウィリアムズ選手(三菱重工相模原ダイナボアーズ)のインタビューもある。恵まれた体格を誇るSBとは対照的に、シェーン・ウィリアムズ選手は、170㎝、80㎏のサイズで、ウエールズ代表、ブリティッシュ&アイリッシュライオンズで、60トライをあげてきた(世界歴代3位)。

こんなコメントがある。「私がボールを持って突っ込んで、相手を吹っ飛ばすようなことはありません。自分に合った、自分に必要なスキルを磨く。必ずサイズによって勝負が決まるものだとは思いません。正しくタックルすれば、相手は倒れるのですから」。「小さな者には大きなスペースがある」という名言の、もうひとつの意味にも触れている。それはラグビーの真理だ。詳しくは、誌面にて。

今号は大学特集。東西の大学の情報が満載。解体心書は、NTTコムの小林訓也選手。付録は、全国主要大学チーム写真名鑑。

Cover_1211_daigaku

ラグマガ11月号発売日の9月25日には、白夜書房から、ラグビー魂・世界ラグビー選手名鑑も発売になっている。ものすごい情報量!

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学A会見&女子部員 | トップページ | リコ・ギア全黒ラーメン発売 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ソニーをサニー、って何だか千葉真一みたいですね。今度はSB・・・。どこかの食品会社みたい(笑)

    投稿: Do | 2012年9月27日 10:22

    私はサイズがありません。でも自分の短所(短所と思ってないかも)を武器にして戦っているジョージスミス選手、シェーンウィリアムズ選手、そしてバレーボールの竹下選手は私の目標です。

    「小さな選手には大きな…」は大好きな言葉です。

    SBWっていい人(笑)。あっ、SBでしたね^-^ゞ

    投稿: nick | 2012年9月27日 05:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55754217

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ11月号ほか:

    « 関西大学A会見&女子部員 | トップページ | リコ・ギア全黒ラーメン発売 »