« 10年目のトップリーグ開幕 | トップページ | 男女7人制代表結果 »

トップリーグ第1節2日目の結果

9月1日(土)、トップリーグ第1節2日目の6試合が各地で開催された。僕はJSPORTSの解説で、大阪の長居第2陸上競技場へ向かった。昼間はカミナリが鳴ったらしく、中断、あるいは中止も視野に入れての開催だった。試合開始直後にシャワーのような雨が降ったが、すぐにやみ、心配されたカミナリもなく、試合は進んだ。

「トップリーグのファーストゲームを思いきり楽しもう!」という和田拓キャプテンの言葉通り、初昇格のキャノンは元気いっぱいにピッチを駆け抜けた。NTTドコモのボールキャリアが孤立しがちなところを狙って激しく前に出てブレイクダウンを制圧、前半だけで4本のターンオーバーを勝ちとるなど、勢いが違った。

前半18分、NO8ソンゲタのトライで先制すると、22分、ルーキーのSH福居がラックサイドを駆け抜けてトライ。29分には、FB和田が約45mのドロップゴールを決めて観客の度肝を抜いた。チーム加入3年目までの若い選手が躍動するキヤノンに対し、NTTドコモは、ブレイクダウンで後手を踏み、攻めてもハンドリングエラーが多くチャンスを広げられない。後半に入り、パスワークの素早いSH秦、FBムリアイナらを投入して流れを変えようとしたが、後半20分のトライチャンスもノックオンで逃がし、あとは規律も乱れて組織が崩壊、突き放された。

敗れたドコモの高野一成ヘッドコーチは、「ホームの長居で初戦をプレーでき、多くのサポーターのみなさんに来ていただいたのに、結果が出ず申し訳ない。自分の責任だと思っています。何が歯車を狂わせたのが探り出し、チーム一丸となって立て直します」と声を絞り出した。

トップリーグ初勝利をあげたキヤノンの永友洋司監督は満面の笑み。「若い選手が、のびのびプレーしていた。大したものです。将来、頂点を狙っていく歴史の中で、大きな勝利だと思います」。印象的だったのは、和田キャプテンの楽しげな顔だった。「プレーしていて楽しかった。いいスタートが切れました」。この調子でチャレンジを続ければ、今年のキヤノンは上位陣にとって怖い存在になりそうだ。

◎トップリーグ第1節土曜日の結果
リコーブラックラムズ●13-44○パナソニックワイルドナイツ(前半6-16)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○19-6●近鉄ライナーズ(前半0-3)
福岡サニックスブルース○31-13●九州電力キューデンヴォルテクス(前半16-3)
NTTドコモレッドハリケーンズ●14-38○キヤノンイーグルス(前半7-17)
東芝ブレイブルーパス○26-16●NTTコミュニケーションズシャインニングアークス(前半13-7)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●12-26○ヤマハ発動機ジュビロ(前半7-6)

◎「アジア・パシフィック女子セブンズ」(8月31日~9月2日 マレーシア・ボルネオ)に参加している、女子7人制日本代表の大会2日目の試合結果が届いた。明日は、カップトーナメント準決勝で香港と対戦する。
■2日目試合結果
日本○36-0●シンガポール
日本○36-7●中華台北

◎男子のほうも、HSBCアジアセブンズシリーズ第一戦「ボルネオセブンズ」(9月1日~9月2日 マレーシア・ボルネオ)に参加。大会1日目は2勝して、プールC1位となり、2日目の準々決勝でフィリピン代表と対戦することに。
■1日目試合結果
日本○34-7●スリランカ
日本○32-0●中華台北

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 10年目のトップリーグ開幕 | トップページ | 男女7人制代表結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    過渡期ですよね。
    そう信じたい。
    清宮さんの御子息の事といえ、あまり明るい話題はない感じがします。

    ラックの精度 戻り 当たり 
    ここをテクニカルに、スピーディにやらなくては…
    見ていてつまらんすね(笑)新たなという意味で。

    格落ちとはいえかつて満員の秩父宮でアルゼンチンを下したジャパン。
    今のアルゼンチンの活躍。
    今季トップリーグ緒戦。

    … 諦めてます。

    しかしこんなド素人の観方を覆して欲しいです。


    投稿: けんじ | 2012年9月 4日 23:26

    私の優勝予想は、いや、優勝希望はNECです。
    でも、初戦を観戦して、「今年もサントリーかな~」と思ってしまいました。

    キヤノン、よかったですね!永友監督おめでとうございます!試合も終始おせおせで元気があって、見ていて楽しかったです。

    投稿: ねこぷ~ | 2012年9月 3日 22:30

    私も優勝予想に参加させてください。私の優勝予想はパナです。理由は三洋電機時代からのファンだからです。理由になってませんね。すみません。ただ3強以外の違う画も見てみたい。

    3強以外はサニックスとNコミュ・Nドコに注目。ジャイアントキリングを期待してます。

    優勝予想だけでワクワクします。早く会場(9/22)行って三洋電機のジャージ着て大きな声出して応援したい。

    SBW+山田=無限大!

    投稿: 私も優勝予想に参加させてください | 2012年9月 3日 19:28

    私はサントリーかパナソニックだと思います。
    それと汗によるのか、ノックオンがすごく目立ったんですけど、それならもう半月くらいシーズン遅らせられないんですかね?
    解説の人もこの時期は汗で滑りますからねとか、普通に言ってるけど、それで

    投稿: ガイエン | 2012年9月 3日 10:41

    第一節の印象は、NTTコムが頑張ったことと、やっぱり神戸は今年もあかんやろなあということ、最終的なスコアが接戦になった試合がなかったことでした。
    NTTコムは後半にタックルが少し甘くなったところをつけこまれなきゃ、勝ち点1はあった。接点は強いので、三強の次の層には勝てる。
    神戸は相変わらず、点を取るのが下手。勝ち点5をなかなか取れないんじゃないかと。
    優勝予想は、二番人気のパナソニックにしときます。今年はサントリーと一騎打ちかな。

    投稿: テルキー | 2012年9月 3日 08:33

    ここに書き込む人たちで今季の優勝予想を!
    わたしは神戸製鋼!

    投稿: 島田 | 2012年9月 2日 18:37

    ナイターの秩父宮のアイディアは協会の久々の良案だったと思います。でも今回の2試合はレフリングに?の面がありました。
     1試合目はとにかくヘタな笛で試合がぶつぶつ切れている感じでした。ある程度はゲームを流して進行するようなわけにはいかないのでしょうか。ラグビー人気を復活させるには興奮するおもしろい試合が見れればグランドに脚を運ぶ人も自ずから増えると思います。
    2試合目はスクラムのコラプシングの連発。まず試合が形になるようにレフリー両フロントに注意をするべきでは・・?さも私はしっかりレフリングしてますよみたいなジャッジは今後の日本ラグビーのためにならないと思います。

    投稿: kuni | 2012年9月 2日 04:51

    TVで見ました。早く会場行きたいな。パナ山田選手の二足のわらじを応援します。今シーズンはトライ王と代表入り。頑張ってほしい。SBW+山田=無限大!

    投稿: nick | 2012年9月 2日 03:24

    土曜日の秩父宮、雨がパラつきましたが心地よく観戦できました。SBWがチームのウォームアップを手伝う姿が印象的でしたね。山田選手のパンプアップされた上半身にもビックリ。Xリーグの試合も観てみたいと声をかけさせていただきました。

    投稿: えいじパパ | 2012年9月 2日 00:14

    親子で秩父宮へ行ってきました。途中花火が上がったと思ったら、数分後に矢のような雨。今季のNTTコムは上位陣にとって厄介なチームとなりそうな予感。SBWのデビュー戦が待ち遠しい。

    投稿: Do | 2012年9月 1日 23:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55558406

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第1節2日目の結果:

    » ラグビー(´12-13)第1節 パナソニックvsリコー [銀杏(いちょう)の並木道]
    パナソニック 44 - 13 リコー 前半両チームがこころみたPGが七個。さらに [続きを読む]

    受信: 2012年9月 2日 23:53

    » ラグビー(´12-13)第1節 東芝vsNTTコム [銀杏(いちょう)の並木道]
    東芝 26 - 16 NTTコム 前の試合がキックが多い試合だったので、ガツンガ [続きを読む]

    受信: 2012年9月 2日 23:57

    « 10年目のトップリーグ開幕 | トップページ | 男女7人制代表結果 »