« 9月23日最新情報 | トップページ | TL第2節・土曜の結果ほか »

TL第2節金曜の結果

トップリーグ第2節の金曜ナイターは、初昇格のキヤノンの健闘で大接戦となった。立ち上がりから、PGを狙わずに波状攻撃を仕掛けた東芝が、ようやく先制トライを奪ったのは前半16分だった。PKからの速攻を連続してCTB渡邊太生がトライ。その後もキヤノンの粘りに苦しんだが、2トライを追加して、前半を21-7リードで折り返した。

ハーフタイムで、東芝・和田賢一監督は「ブレイクダウンで、やられている」とコメント。その修正を後半にかけた。しかし、ボールを持ってよく攻めたのはキヤノンンのほうだった。東芝の地域を進めるキックを思いきりよくリターンし、13分には、FB橋野皓介のハイパントが大きく弾んで、CTB三友良平の胸にすっぽり収まってのトライで、12-21に迫る。

東芝は、前半のCTB豊島翔平に続いて、CTB森田佳寿、SOデヴィッド・ヒルが相次いで足を痛めて退場。攻めてもミスが多く、流れが悪い。PGで15-21に迫られ、さらに猛攻を受けることに。後半28分、キヤノンはSOに入った橋野がラインブレイクしてゴールラインに迫り、その後の攻撃でWTB大居がインゴールに駆け込んだが、ラストパスがスローフォワードの判定で万事休す。それでも最後の東芝の猛攻を粘って、7点差以内の負けに与えられるボーナス点はゲット。健闘が光った。

「後半完封といっても負けは負け」とキヤノンの和田拓キャプテンは淡々とコメント。「前半からFWがよくファイトしてくれた」とFW陣の健闘を称えた。東芝の和田賢一監督は、「ブレイクダウンで入り負け、初戦の課題が修正できないままだった」と厳しい表情。豊田真人キャプテンも、「キヤノンは前にスペースをとってくるようなブレイクダウンデ、低さにも対抗できなかった」とブレイクダウンで後手を踏んだことを悔やんだ。

東芝の豊島翔平選手は足首の脱臼骨折ですぐに手術となり、長期の戦線離脱になりそうだ。7人制日本代表のトライゲッターでもあり、ダブルで痛い負傷になった。

■トップリーグ第2節金曜の結果
キヤノンイーグルス●15-21○東芝ブレイブルーパス(前半7-21)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 9月23日最新情報 | トップページ | TL第2節・土曜の結果ほか »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    村上さんの解説でディフェンス時ラックに人数をかけるかは作戦としてある、と聞いて
    ふーん じゃあどうするのか観てたら
    タックルに2人で行くんですね。

    チームの約束事が観ていてわかるレベルでした。

    オフェンスもそう感じた。
    縦に入る選手は後に味方が来ていると信じている感じがした。
    村上さんの解説が辛辣になってくるのも面白かった(笑)
    期待の裏返しと感じました。

    キャノンスゴい。
    やっぱり永友か(笑)
    組織力が素晴らしい。
    ジャパンの未来に(微かな)希望が見えました。

    投稿: けんじ | 2012年9月10日 22:35

    惜しいことをしました。
    本当は秩父宮に行く予定だったのに
    急遽仕事で泣く泣くキャンセル。
    ネット、新聞で結果を目にしないようにして録画で楽しみました。
    いや~、この試合は会場で見たかったですね。

    キャノンの若きプレーヤーたちの活きの良さといったら!
    スピードや突破する力強さのみならず、
    BDでの攻防、タックルされてからのボールの繋ぎなど、
    ただピチピチしているだけでなく、味も良い。

    スローフォワードが無ければ、もしかて?・・・。
    ゲームの結果も惜しいことをしました。

    投稿: トーシロ | 2012年9月10日 10:02

    いい試合を見させてもらいました。感動です。
    キャノンの会見のコメントもいいです。
    前から疑問に思うのですが、前にノッコンしかけて、結果落とさず取ったとしても、2歩も3歩も進んでいたらそれはスローフォワードではないでしょうか?
    タックラーもそのボールが離れている瞬間は本能的にタックルに入らないでしょうし。

    投稿: シノ | 2012年9月 8日 15:03

    負けない東芝も確かに強い。でもキャノンの高いフィットネスには敬服。後半グランドに倒れているのは東芝の選手の方が多かった。
    なぜ東芝は、PGを狙って点差を広げてからトライを取るという戦い方ができないのだろうか。キャノンからは簡単にトライを取れると高をくくっているのだとしたら、ラグビーに対して謙虚な気持ちのなかった去年と同じで優勝など夢物語だ。

    投稿: エリス少年 | 2012年9月 8日 10:48

    私も秩父宮で観戦していました。
    キャノンとても初昇格のチームとは思えません。

    今シーズンの台風の目になると思います。

    投稿: のんきな監督 | 2012年9月 8日 09:22

    村上さん、確かに東芝が負けたような試合でしたが、勝ってます(苦笑)

    けが人がこれだけ集中して出ると苦しいですよね。  スタンドで観ててもどうするのか心配でした。

    キヤノンは半年前に九電に大敗したチームとはまるで違いましたね。

    投稿: だいゆ | 2012年9月 8日 09:19

    記事と関係なくてすみません。明日、日本デビュー?

    早く見たい。この2人によるエンターティメントラグビー!世界のラグビーファンを楽しませてくれ。

    SBW+山田=無限大!

    投稿: nick | 2012年9月 8日 06:22

    豊島選手の長期離脱は非常に残念です。彼の場合は、トップリーグと七人制の2足のわらじを履かされていたことが、怪我の一因になってる気もします。どちらの強化を優先すべきなのかも含め、専任の選手作りが必要なのではないでしょうか?

    投稿: タマモクロス | 2012年9月 8日 00:23

    先週に続き、東芝はパッとしないゲームだったような。PGを狙わず攻め続けるスタイルは魅力ですが、が、攻め疲れをしてしまうような。確実に点を稼いでから・・・。

    まだ、修正はききます。
    頑張ってほしい!

    明日は三菱重工相模原のシェーン ウィリアムの出番です。見に行こうか悩んでます。

    投稿: だつ | 2012年9月 7日 22:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55603100

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第2節金曜の結果:

    » ラグビー(´12-13)第1節 東芝vsキャノン [銀杏(いちょう)の並木道]
    東芝 21 - 15 キャノン 東芝の湧き出るようなピック&ゴーの試合を期待しま [続きを読む]

    受信: 2012年9月 8日 02:58

    « 9月23日最新情報 | トップページ | TL第2節・土曜の結果ほか »