« 田中、アイブス、堀江揃って出場へ | トップページ | 宇野さん支援。花園ラグビー場での募金活動 »

中村知春選手に会う。ほか

木曜日は、女子7人制日本代表の中村知春キャプテンのインタビューだった。今月末に発行される予定のラグビー協会の機関誌に掲載されるもの。先日の記者会見でも、しっかりしたイメージがあったのだが、すごく自然体の受け答えで感心させられた。

20121012

中村選手は、広告代理店に勤めていて、仕事終わりに駆けつけてくれた。小学校から大学(法政大学)まで、ずっとバスケットボールをしていたそうだ。ラグビーを始めたのは大学の部活を引退してから。ラグビー経験は1年半ほどである。バスケットとかハンドボールの選手はラグビーに適応しやすいと言われているが、その通り、「スペースを見つける感覚やパスを出すときの周辺視野が似ていますね」。運動能力が高くて適応能力があれば、短期間で日本代表にまで上り詰められるのがラグビーの特徴ともいえる。男子でも、大学から本格的にラグビーを始めて日本代表になった人は少なくない。今親しんでいる競技から、他の競技にも挑戦してみたい人は、ぜひラグビーに挑戦してほしいなと思う。

もちろん、女子日本代表には、小学生のころから楕円球と戯れてきた鈴木彩香選手、鈴木陽子選手などラグビー理解度の深い選手も多く、バランスのとれた布陣になっている。中村選手が言っていた。「ラグビーは、バスケットだったらファウルし放題みたいなスポーツ。そこが面白い」。そして、ラグビーにはまった要因について、「ラグビーは命がけてするスポーツ。人も温かいと思うんです。絆を大事にする、まっすぐな人が多いですよね」と話していた。目標は、もちろん、2016年五輪での金メダル。「今回のW杯予選も、出場権を目標にしていたら獲れなかったでしょう。優勝を目指したから、出場権が獲れたと思います」。頼もしく感じるコメントだった。

追記◎10月13日(土)~10月14日(日)に開催されるトップリーグ第6節では、全6会場中4会場で、女性が来場無料となる「ラガールデー」対象試合となる。10月13日(土)の近鉄花園ラグビー場、名古屋市瑞穂公園ラグビー場、10月14日(日)のユアテックスタジアム仙台、グローバルスタジアム(福岡)で開催される全試合が女性の観戦無料。これを機に、皆さん、女性のお友達をたくさん誘ってぜひ会場へ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 田中、アイブス、堀江揃って出場へ | トップページ | 宇野さん支援。花園ラグビー場での募金活動 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    『ULTRA☆RUGIRL』頑張れ&輝けラグビー娘(^-^)/

    投稿: nick | 2012年10月12日 18:46

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55873057

    この記事へのトラックバック一覧です: 中村知春選手に会う。ほか:

    « 田中、アイブス、堀江揃って出場へ | トップページ | 宇野さん支援。花園ラグビー場での募金活動 »