« 月曜日、灘浜Gにて | トップページ | NEC鉄人座談会&お知らせ »

デュプレア×日和佐SH対談

火曜日、京都駅から新横浜駅に向かった。そのまま川崎市のヴェルディのクラブハウスへ。実は今、サントリーサンゴリアスは、ここで活動している。府中のクラブハウスは改装中。10月いっぱいは、こちらでも活動になる。

きょうは、フーリー・デュプレア選手と日和佐篤選手のスクラムハーフ対談だった。日和佐選手は、世界最多キャップを誇るジョージ・グレーガン、そして南アフリカ代表であり、現在でも世界最高のSHとされるフーリー・デュプレアの姿を見ながら学んでいる。当然、ライバル心もあると思うのだが、「まだまだ力がともなっていない。いまは学ぶときだと思っています」と、あらゆるスキルに長けたデュプレア選手からすべてを学んでいる。

10161

デュプレア選手は言っていた。「もちろん、試合には出たい。しかし、日和佐が先発するなら、それもまた私には嬉しいことです」。日和佐ほか若い選手達を成長させることもまた、自らの役割だと思っているからだろう。日本のSHの印象も聞いてみたのだが、レベルが高いと感じたものの、ディフェンスについては、ちょっと古いスタイルに感じたそうだ。そのへんも、日和佐選手は勉強中である。元サントリーSHで、広報担当の田中澄憲さんも、日和佐選手の環境について、「ほんとに、羨ましいですよ」と話していた。このインタビューは、ラグビー協会のメンバーズクラブ会報誌に掲載されるもの。

昨日のジャック・フーリー選手に続いて、南アフリカ代表選手へのインタビューとなったが、気さくに話しかけてくれて、ものすごく明るいフーリー選手に比べると、デュプレア選手はシャイな印象。子供のころのニックネームとか恥ずかしそうに話さなかった。きっと面白いニックネームとかあるんだろうなぁ。ちなみに、ジャック・フーリー選手のニックネームは、「モシ」。南アフリカの言葉アフリカーンスで「小鳥」という意味だそうだ。この意味を説明するときは、デュプレア選手もすごく楽しそう。仲がいいのだろう。意味については、同誌のフーリー選手のインタビューで明かされる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 月曜日、灘浜Gにて | トップページ | NEC鉄人座談会&お知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ちなみに、二人が結婚すると、フーリー・フーリーになるんですか?

    わたしも高校時代、センターながらに左スクリューが放れませんでした。フッカー出身の監督に呼び止められ投げ方を教えられましたが、なんだか情けない気分でした。
    まぁ、当時はまだスクリュー全盛じゃなかったので、カンペイとか普通にスクリューかけなくても届いてましたけどね。

    しかし!
    先日、子供とラグビーボール持って遊びに行ったら、練習もしてないのに普通に左スクリューが放れたのです。
    これはなぜかと考えたところ、大人になってから趣味で始めたギターの練習で左の小指を鍛えたことに原因があると分かりました。
    世の中、小指が全てみたいなところあるじゃないですか。

    投稿: 島田 | 2012年10月17日 11:06

    SHで言えば、来年ウィル・ゲニアが来るかもという話も有りますね! 日本のSHの選手達は勿論ですが、SOの選手達も彼らから多くの事を学び取って成長して欲しいですね。

    投稿: key | 2012年10月16日 21:10

    私、長年ラグビーしてますけど、SHは出来ない。左スクリュー放れないし(泣)。

    ワラビ-ズのゲニア選手が日本に来るって言われてますね。

    本当なら凄い。でも日本人SHだって負けてない(^-^)b

    投稿: nick | 2012年10月16日 19:13

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/55904512

    この記事へのトラックバック一覧です: デュプレア×日和佐SH対談:

    « 月曜日、灘浜Gにて | トップページ | NEC鉄人座談会&お知らせ »