« バスク選抜戦結果 | トップページ | 大学選手権&関西リーグ »

早慶戦&霜村・三宅トークライブ

23日は早慶戦の解説のため、秩父宮ラグビー場だった。大正11年から始まった定期戦は、両校のOBや長年のファンの皆さんの熱も加わって独特の雰囲気になる。この日も立ち上がりから劣勢を予想された慶應が自陣からもボールをキープして攻め、僅差勝負に持ち込んだ。早稲田は負傷から復帰したSO小倉のキックで陣地を取り、ボールをもぎ取るようなターンオーバーで慶應の攻撃の芽を摘んでいった。

前半は、10-10の同点。後半37分、小倉の約45mのドロップゴールは見事だった。後半4分、早稲田はスクラムからのサインプレー一発でWTB中靏がトライ。その後は慶應もよく攻めたがトライを取り切れず、最終的には31-10で早稲田が勝利した。「自陣にくぎ付けの時間を防ぎ切り、突き放せたのは自信になったと思います」と早稲田の後藤監督。ディフェンスの集中力はたしかに高かった。敗れた慶應の茂木キャプテンは「僕たちのやりたいアタックができなかった」と、攻撃の精度の低さを悔いていた。

早稲田は12月2日に明治と対戦、慶應は同じく2日に青山学院と対戦する。

取材後、高田馬場に移動し、ノーサイドクラブでのトークライブに臨んだ。今回のゲストは、パナソニックワイルドナイツの霜村誠一キャプテンと三宅敬選手。関東学院大で一学年違いとあって、仲のいい2人のトークは終始和やかムード。ソニービル・ウィリアムズ選手のいたずらっ子な素顔など、チームメイトの普段の表情をさまざま語ってくれた。

20121123_noside_panasonic_010

高校(伏見工業)の先輩でもある三宅選手は、田中史朗選手のニヤけ顔が許せない。「可愛いやつですけど、このあいだ帰国した時にみんなでお祝いの会をしたら、『僕と会えなくて寂しかったでしょう~』って、ニヤけた顔をするんですよ。ほんと憎らしい。ここは、堀江に先にスーパーラグビーに出場してもらって、あのニヤけ顔を黙らせたい(笑)」

霜村選手はSBWの話しを。「ほんと、いたずらっ子です。ウォーミングアップで、僕が体を動かしながらランニングしていたら、後ろでずっと同じ動きをしているんですよ。真似するな!って言ったら、お前が俺の真似をしているんだって。そんな一面もあります」。堀江選手ついては、「根暗ですよ(笑)。僕は仲良くていつも一緒にいるけど、2人ともギターとかが好きで、完全にインドア派です」などなど楽しい人物評は尽きなかった。

三宅選手、霜村選手ともに、大東文化大学に通って保健体育の教員免許を取得している。2人とも高校の免許はとり、三宅選手は中学もとるために勉強中だとか。教育者になるんですね、と問いかけると、「教えるのではなく、伝える人になりたいです」と印象的な言葉。子供たちと同じ目線でラグビーの素晴らしさを伝えていきたいのだという。

今季は調子が出ないことについては、霜村選手がこんな話をしてくれた。「春は、ホラニ龍コリニアシやSBW、山田がいなくても調子が良かった。これでみんなが加入したら凄いことになるって、本気で思っていました。でも、実際に選手が揃ってみると、その選手達に頼ってしまったんです」。三宅選手も言っていたが、春から作り上げてきたチームプレーがメンバーが変わって少しバランスが崩れたというのが本音のようだった。この日は、昼間にサントリーと練習試合をしてから来てくれたのだが、久しぶりのサントリー戦勝利で、「僕的にはふっきれました」と三宅選手。12月からの後半戦に向けて、いい流れができるのかもしれない。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « バスク選抜戦結果 | トップページ | 大学選手権&関西リーグ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ノーサイドライブにはほぼ毎回お邪魔していたのに、今回は仕事が忙しくて行けなかったのが残念です(音倉の愛好日記ライブは何とか行けたけど)。楽しかったみたいだなぁ…。

    投稿: さわさき | 2012年12月 6日 18:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56176707

    この記事へのトラックバック一覧です: 早慶戦&霜村・三宅トークライブ:

    « バスク選抜戦結果 | トップページ | 大学選手権&関西リーグ »