« 林監督、君島選手トークライブ | トップページ | 大学選手権開幕(熊谷の結果) »

グルジア戦結果

日本代表がアウェイでグルジア代表を破った。先週のルーマニア代表戦以上に接点では圧力を受け、スクラムも再三反則をとられるなど、苦しい試合になったが、最後の最後に、SO小野のドロップゴールで競り勝った。

前半の最後には、自陣22mライン内で得たPKからWTB小野澤が仕掛け、ここからつないで、最後も小野澤が仕留めて見せた。厳しく鍛え上げてきたからこその自信、そして意思統一だろう。後半も、スクラムが崩れる原因となったコラプシング、タックル後に相手を話さない反則などで、PGを決められ、いったんは逆転されたが、FB五郎丸のPGで点差を詰め、22-22からの決勝ドロップゴールだった。もし決まっていなくても、ペナルティ―のアドバンテージをもらっていたので、五郎丸が決めて勝っていた可能性が強い。グルジアの圧力にハンドリングエラーも多かったし、ラインアウトでもミスがあったが、アウェイのテストマッチで勝利した価値は高い。

「ラッキーな勝利だったかもしれないが、きょうは、ボールキープがキーワードでした。選手達は勇気あるアタック、ディフェンスをしてくれた。我々はスタートしたばかりのチーム、フィジカル面ももっと向上しなければならない」と、エディー・ジョーンズヘッドコーチは、冷静に勝利を受け止めていた。


■廣瀬俊朗キャプテン
「遠征の目標だったテストマッチ2連勝を達成できて本当に嬉しい。チーム全員が自分たちを信じてやってくれたことを誇りに思う。最後まで試合を粘り切れた理由は、みんなの『何かを変えたい』という思いがそうさせた。自分たちのストーリーはまだまだ続く。レベルアップしていきたい。日本からの応援本当に有り難うございました」

■小野澤宏時選手
「今日はみんなが頑張ったし、いいコミュニケーションがとれた。(前半終了間際に奪った)自分のトライはおまけです。今週、みんなでいい練習ができたおかげです」

■小野晃征選手
「(終了間際に決めた決勝の勝ち越しDGは)最後にたまたまボールが転がってきて、タックルされそうだったから蹴った。きれいに当たってど真ん中に入った時は、時間が止まった気がした。勝ててよかったし、自分のパフォーマンスもしっかりできた」


◎試合結果
日本代表○25-22●グルジア代表(前半13-9)

【得点内訳】
▼ 日本前半1T、1G、2PG/後半0T、0G、3PG、1DG
▼ グルジア前半0T、0G、3PG/後半1T、1G、2PG

【日本代表先発メンバー】
▽FW1.長江有祐、2.堀江翔太、3.畠山健介、4.大野均、
5.トンプソン・ルーク、6.ヘンドリック・ツイ、7.マイケル・リーチ、8.菊谷崇
▽BK9.田中史朗、10.小野晃征、11.小野澤宏時、
12.立川理道、13.仙波智裕、14.廣瀬俊朗◎、15.五郎丸歩
▽リザーブ16.太田春樹、17.浅原拓真、18.山下裕史、19.マイケル・ブロードハースト、20.ホラニ龍コリニアシ
21.日和佐篤、22.田村優、23.有賀剛※◎キャプテン
【日本代表得点経過・得点者】
■ 前半25分(15.五郎丸PG)、35分(15.五郎丸PG)、42分(11.小野澤T)、44分(15.五郎丸G)、
■ 後半16分(15.五郎丸PG)、26分(15.五郎丸PG)、32分(15.五郎丸PG)、43分(10.小野DG)

【グルジア代表得点経過】
■ 前半5分(PG)、7分(PG)、13分(PG)
■ 後半3分(PG)、10分(PG)、12分(T)、13分(G)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 林監督、君島選手トークライブ | トップページ | 大学選手権開幕(熊谷の結果) »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    2戦とも結果も内容もよくて、ほっとしました。

    ルーマニアもグルジアも我々日本人にはなじみの薄い国だし、ラグビージャーナリストを名乗られている方にはぜひ現地取材してほしかったですね。村上さんも、小林さんも、藤島さんまで東京のスタジオで解説されてたので少しびっくりしました。

    どんな国?会場周辺の雰囲気は?気候は?ピッチコンディションは?両チームの選手たちの準備、コンディションは?などなど、試合前からもっとわくわくしたかったです。

    ライブ中継してくれただけでもよしなのかもしれませんが、代表のテストマッチ、しかも欧州遠征なんて特別だと思います。

    学生ラグビーも大事かもしれませんが、やはりジャパンを一番に考えて、関係者、ファンはこれからW杯日本開催に向けて、盛り上げていきましょう!

    投稿: 村上さんファン | 2012年11月20日 00:19

    「さよならドロップゴール」!!
    谷口さん、ナイス実況ですね!
    とても興奮しました♪おめでとう、エディ・JAPAN。

    投稿: ねこぷ~ | 2012年11月19日 17:44

    序盤の展開では惨敗も覚悟しましたが、前後半の終盤のリスクを負った攻撃に感動しました。ウェールズ戦が愉しみです!

    投稿: さるぞう | 2012年11月19日 09:11

    選手の皆様、スタッフの皆様、ジャパンに関する皆様・・・ジャパンを応援してる皆様も・・・おめでとうどざいます。また、勝利をありがとうございます! グルジアの観客の方たちも・・・ありがとうございます!  スクラムなどの課題もあるかと思いますが、アウェイでのテストマッチ2連勝、素直に感動しました。 

    投稿: もうオールドファン!? | 2012年11月19日 08:50

    ラグビーJAPAN。勝利の美酒をありがとう!おめでとう!本当に嬉しいです。闘う作法は捜しあてたね。後は日本の文化の核でもある無常なる力をダイナミックに表現したどんな状況からでも組み立て直し前に動き続ける日本ラグビーを完成させて欲しい。応援していますよ。スペインとフランス戦へ向けてfightfightfight。

    投稿: ラグビー小僧 | 2012年11月18日 23:22

    何度もスイマセン(笑)

    いや キックオフ数分は、五郎丸が一発目ハズした時は
    誰もが負けると思ったはず!(笑)

    村上さんも負けた時のフォローっぽいコメントが多少…(笑)
    メンタル フィットネス 特にディフェンスに関しては
    あー やっぱ差し込まれるなぁ
    ていう印象が最後は 大丈夫みたいな見方に変わりました。

    課題もはっきりしたのかな 選手間で。

    今後も厳しいと思いますが この試合は…良かった(笑)


    投稿: けんじ | 2012年11月18日 23:03

    内容的には、かなり日本の優位だったと思いますね。

    何よりも、メンタルのタフさ、身体的なタフさが前面に出た感があって素晴らしかった。

    特に、日本の流れを断つようなレフリングに、流れを持っていかれることなく、日本ペースで戦い抜いたのは大きな成果ですね。

    また、プレッシャー下で細かいパスを通し続けたタフさもエキサイティングでした。


    戦術的には、
    あらゆるスポーツで、日本が世界相手に勝つための戦い方ってのは、ある種共通する部分があると思うんですが、
    ラグビーにおいても、ようやく日本が目指すべき形の輪郭が見えた試合でした。

    ツイ君のオフサイドとか、有賀君のゴール前のパントとか、判断ミスないし我慢の不足を感じる部分もありました。
    ここは、トップ10と戦うにはこだわらないといけない部分だと思います。
    次戦以降、さらにプレッシャーが高まる中でどれだけ精度を上げられるか、期待して見たいですね。

    投稿: かもめのJONA | 2012年11月18日 21:21

    泥臭く勇ましく勝った、テストマッチ
    技術的なことよりも勝ちにいったことに
    嬉しかったぞっ
    菊谷!!気合入ってた
    小野澤!!素晴らしい
    フミ!!フミ!!田中フミ!!
    全員ガッツ入ってた!!
    日本人の観客、数人しかいなかったと思うけど
    誇らしく感じたと思う
    最後のグルジア人からの
    ジャポンコールにはマジで泣けた。
    かっこよかたぞっジャパン

    投稿: チビ丸 | 2012年11月18日 14:30

    二連勝はもちろん悪いことではないが、ランキング下位のチームに追い抜かれなかっただけにすぎないとも言える。
    日本の目標が世界のトップ10入りなのであるなら、今回出ている課題に抜本的に立ち向かわないといけない。
    特にFWの一列の強化は2019年に向けては必須。ツイやリーチが機能していることを踏まえると、一列をやる留学生を島国から呼べないのか。力士の卵に声かけするとか。
    今のままだと2019年はあかんでしょ。フィットネス自慢のチームはたいてい負けたときに、相手が意外に疲れなかった、とコメントするものです。

    投稿: テルキー | 2012年11月18日 12:16

    出場していた外国人選手(勿論日本国籍あり)は僅か3人。しかもアウェーで連勝。嬉しくてたまらない。人気が戻ってきてほしい。

    投稿: パパっち | 2012年11月18日 08:34

    ジャパンやりましたね。
    ルーマニア戦に続き苦しい展開でしたが、
    最後まで攻める姿勢を貫き見事な勝利でした。
    本当にうれしいです!

    投稿: マル | 2012年11月18日 07:12

    勝ててよかった!ブレイクダウンとスクラムでペナルティ取られてしまったのは修正が必要です。必ず終盤に攻め続けるのは今のジャパンの良いところです。ランキング上位国にコンタクトで劣勢なのは2019年まで変わらないでしょう。だからこそ世界一のフィットネスが日本代表の進むべき道だと再度分かった試合でした。

    投稿: スペンサー | 2012年11月18日 06:26

    欧州遠征2連勝!あれだけスクラムを押され接点で圧倒されても、最後までフィットネスは落ちなかった。凄い。

    あと廣瀬主将の「何かを変えたい」っと言うコメントに感動。

    残り2試合も勝利を期待。『GO FOR IT エディーJAPAN!』

    投稿: nick | 2012年11月18日 03:12

    新橋のHUBで酔っ払いながら見てました。

    FWは圧力を受けまくってましたが、こういう試合をものにする力がついてきてるのは評価できると思います。

    この調子で残り2試合も頑張ってもらいたいです。

    投稿: だいゆ | 2012年11月18日 01:45

    Jsportsの画面に釘付けでした。テストマッチはとにかく1点差でも何でも勝つことが全て。エディーさんは内容で負けていも、勝利に導ける指導者ですね。これで少しは日本のラグビー情報を世界に発信できたのではないでしょうか。今後のエディーJAPANにも期待しています。試合終了後のグルジアのサポーターの振る舞い、本当に温かく、ラグビーを愛しているんだなということが伝わってきました。

    投稿: sella | 2012年11月18日 01:09

    やりましたね、日本2連勝!!。

    スクラムはあれぐらい押されるのは
    覚悟していましたが、ラインアウトも
    結構苦戦したのは誤算でしたかな。

    ただ、不思議と負ける気はしなかった
    ですね。

    この雰囲気がラストの猛攻・小野選手
    のDGにつながったのでしょう。

    この2連勝で終わらずにあと2試合も
    勝って帰ってきてもらいたいです!!。

    投稿: 大谷 英輝 | 2012年11月18日 01:05

    やったじゃないかJAPAN !! 興奮しました。 攻撃中は「落とすなよ、落とすなよ~」と願い、
    ドキドキしながら応援。前後半ロスタイムに逆転出来るなんて明らかに今までのJAPANと違う。 フレンチバ‐バ‐リア戦は6月のJAPANとは違うぞというところを見せ付けてやってください。
    エディさん来年はアフリカ遠征をお願いします。 ナミビア、南アフリカ戦を、そして悔しい思いをしてきているイタリアとの試合を。GO JAPAN!!。

    投稿: yuzyyuzy | 2012年11月18日 00:41

    アドバンテージの中でドロップゴール。

    割と外れるケースが多いので。

    決まった瞬間。

    えっ。

    テレビの前で喜ぶタイミングを逃した自分が残念。

    しかし、組織力で勝利に結びつけられたというのは、大きいような。

    個々が更にレベルアップして、更に大きな組織力が生まれてくれるといいですね。

    投稿: 池田亜樹 | 2012年11月18日 00:20

    涙でた(笑)
    そんな綺麗に勝てない。
    執念を感じました。
    個々の場面で選手に緊張感があって
    気持ちが切れない中で勝利につながったと思いました。

    色々あっても勝ちは勝ち!(笑)

    投稿: けんじ | 2012年11月18日 00:17

    やったぁ!本当に本当にうれしい!
    ジャパン、粘り強く、勝負強くなりましたね。
    2戦とも、最後の最後まで攻め続けてとりきったトライや得点。わくわくしました。
    気迫、執念、勝ちたいという気持ち。そしてチャレンジ。目には見えない熱いものが、確かに、伝わってきました。
    最後、勝利のうれしさと安堵感から、ホッとした瞬間涙がじわっとあふれてきました。
    ありがとう。新生ジャパン。
    ジャパンラグビーの新しい歴史の扉が、今、開いた気がします。

    投稿: 歴史の扉 | 2012年11月18日 00:03

    ばりばりのアウェイの雰囲気の中、さらにホームタウンディシジョンらしき判定も多い中、競り勝ったのは素晴らしい。選手達を誇りに思います。
    次の課題はスクラムをどうするかですね。

    投稿: タマモクロス | 2012年11月18日 00:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56135167

    この記事へのトラックバック一覧です: グルジア戦結果:

    » ラグビー日本代表、ヨーロッパ遠征、連勝!! [IXY-nob]
    先週のルーマニア戦(勝利)に続いて、今週はグルジア戦。 世界ランキングは日本とほぼ同じですが、選手の多くが欧州の有力クラブでプレーしてる強豪。 先週のルーマニアは、代表経験の少ない若手中心のメンバーでしたが、グルジアは昨年のワールドカップメンバーが軸。前半から圧倒的なパワーに翻弄されるジャパン。 スクラムもラインアウトも思い通りに行かず、苦しい展開。 ところが、前半終了間際に自陣から攻めてそのままトライ(ゴール)。13対7での折り返し。 でも、先週と違って「今日は無理かも」と思えるほどの厳しいセット... [続きを読む]

    受信: 2012年11月18日 21:30

    » ルーマニアに続き、グルジアにも勝利! [スキなこと日記]
    11月10日、ブカレストで行われた対ルーマニア戦、34―23で勝利! この勝利は、アウェイにおけるヨーロッパ勢に対する連敗を25でストップさせる歴史的な勝利! http://sakura.rugby-japan.jp/japan/2012/id16741.html 日本協会によるレビュー そして昨日は、ヨーロッパ遠征の第二戦目、トビリシでの対グルジア戦。 グルジアもルーマニアと同様に、非常に大柄で”重い”。 そこをジャパンが掲げる攻撃ラグビーでどう打破するか。 新橋のhubを貸し切りにし... [続きを読む]

    受信: 2012年11月20日 07:30

    « 林監督、君島選手トークライブ | トップページ | 大学選手権開幕(熊谷の結果) »