« 花園ラグビーパーク | トップページ | ARFUアワード&お知らせなど »

エディー・ジョーンズHC総括会見

12月6日、午後1時から日本ラグビー協会会議室でエディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチの欧州遠征総括会見が行われた。

20121206

テストマッチ2勝のターゲットが達成できて、歴史を作ることができた。2015年ワールドカップに向けて、チームが伸びたことも良かった。選手がインターナショナルのラグビーを戦う心構えが構築できたのも良かった。世界トップ10に入る信念も芽生えた。などなど、まずはポジティブな総括があふれ出た。

今後、世界のトップ10入りをする「クリアの道筋も見えたと思います」とも話し、ルーマニア、グルジア戦でスクラムからクリーンボールが出なかったことを挙げながら、一つ目の課題として「スクラム」。筋力不足を指摘して二つ目を「ストレングス」とした。「スクラムとストレングスの改善がなければ、日本の伸びしろは途絶える」とまで言った。

スクラムについては、フランスが100キロ前後のフロントローで巨漢揃いのサモアのスクラムに勝った例をあげ、「体の大きさではなく、(日本には)強さがない」と、具体的には、首の後ろから腰にかけての筋力アップの必要性を指摘した。「日本のラグビーコミュニティーが、この部分をアシストしてもらえればありがたい」と、国内のチームがスクラムの強化、筋力アップに取り組むことが必要だとコメントした。

もちろん、ハンドリングなどの基礎スキル、戦術的なレベルアップは必要だと指摘しながらの話である。「難しいのは、世界一のフィットネスレベルを維持しながら、ストレングスのレベルを上げなければいけないことです。2019年を考えれば、いま18歳のフロントローが世界レベルのトレーニングをしていかなくてはいけないのです」など、日本代表の強化期間だけでなく、国内各チームのトレーニングの質を上げることを要望した。

2015年ワールドカップの出場権を獲得することが先決ながら、その先に、南アフリカ、サモア、スコットランドと戦うことが決まった。今後選出する選手は、「トレーニング、プレーがインターナショナルレベルであるかを見ます。他の誰よりもハードにプレーしている人を選ぶ」と話し、世界で勝つ肉体と気概のある選手を求めていた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 花園ラグビーパーク | トップページ | ARFUアワード&お知らせなど »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    エデイHCは手応えを感じているようですね。
    個人が一外国人に打ち勝つことは無理だと
    思うので、組織力や戦術、個人の判断力
    がポイントになると思います。
    それらを踏まえた上で、HCが言うような基本が重要です。
    昨日も述べましたがもっと若手を起用して欲しいです。
    頑張れ!!エデイJAPAN

    投稿: カズ | 2012年12月 7日 13:21

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56263411

    この記事へのトラックバック一覧です: エディー・ジョーンズHC総括会見:

    « 花園ラグビーパーク | トップページ | ARFUアワード&お知らせなど »