« 女子日本代表候補合宿 | トップページ | 瀬川、浅見両HCに会う。 »

RWC組織委員会理事会&大畑大介アンバサダー

20日の午後、都内のホテルで、ラグビーワールドカップ2019組織委員会の第2回理事会が開催され、記者会見があった。理事会には、御手洗富士夫会長ほか、佐治信忠氏、平尾誠二氏など12名の理事が出席。記者会見は、御手洗会長、竹田恆和、森喜朗の両副会長が出席した。

201212202

この日承認されたのは、試合会場の選定方針。この案は、日本ラグビー協会、W杯組織委員会、文部科学省、スポーツ振興センター、Jリーグなどが参加して行われた会議で決められ、W杯リミテッドの理事会でも承認済み。今回の理事会でも承認された。「日本に豊かなフットボール文化を醸成できるスタジアムや施設を整備する」、「開催地のスポーツ認可をさらに普及・発展させ、盛り上げる」、「選手やマッチオフィシャル、観客、運営担当者、開催地の住民などラグビーワールドカップ2019に関わる全ての人に夢や感動、喜びを提供する」、「全国津々浦々までラグビーワールドカップ2019の熱狂を広げ、日本中にその恩恵をもたらす」など6項目が掲げられており、すでに、国内の自治体を対象にしたワークショップも開催され、興味を持つ37の自治体が参加しているという。

今後は、2013年5月までに会場の収容人数などのガイドラインを発表し、開催自治体の受けは、14年3月末締め切り。15年5月頃に試合会場が決定される。また、選定方針、日程とは別に、2019に向かって、全国のラグビー関係者・ファンを対象にした大規模な調査を実施するという発表があった。来年1、2月に全国規模の調査を実施し、アンケートやヒアリングをベースに、大会ビジョンの策定をするという。

201212203_2

この記者会見の後、国立競技場の大会議室では、日本スポーツ振興センターの事業報告などが行われ、6人目の「SPORTS JAPAN アンバサダー」となる大畑大介さんの任命式があった。「日本のスポーツ界の顔として任命していただいたことは光栄なことですが、責任も感じます。これを機にスポーツ界のみならず、社会にも貢献できる活動をしていきたい」とコメントした。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子日本代表候補合宿 | トップページ | 瀬川、浅見両HCに会う。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今のままでは2019の成功は絶対にありません。
    自分の周りにもラグビーやってる人以外知ってるのは僅か。
    この間W杯開催すること言ったらお前の希望を言うなと笑われました(笑)
    大学ラグビーが集客の頂点として頼っていたり、それも早慶明に、トップリーグの集客を各チームが努力しろと言ったりはっきり言ってラグビー協会にやる気が感じられません。
    財力もない一般市民では何も出来ないので協会がしっかりやってほしい。
    代表の強化もエディさんの意向に沿うようにしていただきたい。

    投稿: 田舎のPR | 2012年12月20日 22:39

    開催出来るように、花園を改装してほしいなぁ。

    投稿: らぐじ~ | 2012年12月20日 22:30

    写真(1枚目)の偉い方々は当然ラグビー好きですよね?何でだろう(笑)。不安だ(笑)。

    トップは心配だけど(笑)、日本全国の「Rugby Brothers & RUGIRL」が「One Heart」になって「2019」を成功させよう(^-^)/

    全国のラグビーファンを集めて熱いトークをやりたいですね(^-^)b

    投稿: nick | 2012年12月20日 20:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56358661

    この記事へのトラックバック一覧です: RWC組織委員会理事会&大畑大介アンバサダー:

    « 女子日本代表候補合宿 | トップページ | 瀬川、浅見両HCに会う。 »