« TL9節花園&トークライブお知らせ | トップページ | ウイルチェアラグビー三阪さん講演 »

RWC2015組み分け決まる

2015年ラグビーワールドカップの組み分けが決まった。抽選会は、ロンドンの近代美術館「Tate Modern(テート・モダン)」で開催され、20チームを5チームずつ4プールに分ける抽選が行われた。抽選はバンド5(各プール5位グループ)から、順番に行われた。日本がいる「アジア1」は、南アフリカ、サモア、スコットランド、アメリカ地区2位と同じBプールに入った(※日本は出場権を獲得していないというご指摘受けて、表現変えました。失礼しました)。2015年で世界のトップ10入りを狙うということは、ワールドカップでランキング上位国を倒すということであり、日本が当面のターゲットにしているスコットランドがBプールに入っているのは、悪くない組み合わせだろう。

A=オーストラリア、イングランド、ウエールズ、オセアニア1位、敗者復活戦勝者
B=南アフリカ、サモア、スコットランド、アジア1位、アメリカ2位
C=ニュージーランド、アルゼンチン、トンガ、欧州1位、アフリカ1位
D=フランス、アイルランド、イタリア、アメリカ1位、欧州2位

エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチのコメントは以下の通り。

「日本にとって、よいプールと言えるだろう。まずは出場権を獲得することが大切。南アフリカ、サモア共にフィジカルなチーム。サモアには、春のパシフィック・ネーションズカップでコンバージョンが入らず、勝ちきることができなかったが自信にはなった。スコットランドは現在調子を落としているが、友人でもあるスコット・ジョンソンがコーチになり、立て直してくるだろう。体が大きくてフィジカルの強いチームに対し、我々はボールを動かす自分たちのスタイルを貫かなくてはならない。ワールドカップは世界最高のチームと対戦する場。強いチームとの対戦をためらってはならない。世界のトップ10 に入るという目的のためには、全ての試合に勝つつもりで臨まなければならない。2 試合に勝とうとすることは、2 試合に負ける、ということだ」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL9節花園&トークライブお知らせ | トップページ | ウイルチェアラグビー三阪さん講演 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    エディーが監督に就任して間もなく1年経過しますね・・・・
    欧州遠征2勝と徐々に力をつけている印象はありますが・・・
    WC仮にこのBグループに入ったとして
    3年後でも勝てる感じはしないですね・・・
    厳しい言い方ですが、これまでの試合を見た限り戦術、
    選手起用法等に疑問を感じます。
    WCが近ついて来ると、BKにも外人選手名が
    連なるのでしょうか?小野澤選手も頑張っていますが、
    2014年の大会でベストパフォーマンスを
    発揮出来るでしょうか?
    BKは若手日本人や力のある外人を使って早く組織化すべきだと思います。

    投稿: カズ | 2012年12月 6日 16:28

    日本はまだワールドカップの出場権を獲得したわけではないので、「日本は、南アフリカ、サモア、スコットランド、アメリカ地区2位と同じBプールに入った」という表現は適切でないように思います。

    投稿: a | 2012年12月 4日 23:43

    もう組み合わせ決まるんですね。

    確かに一年もあっという間に過ぎてしまうし。

    出場権を獲得するとBグループなんですね。

    うーん。

    サモアも好きな国だし。

    ヨーロッパの中では、スコットランドが一番好きだし。リッチー・グレイ選手をU20の大会で見た時から応援してるし。

    ワールドカップは、全ての試合が、素晴らしい試合なので、楽しみです。

    投稿: 池田亜樹 | 2012年12月 4日 21:41

    GO JAPAN!相手は決まった!あとはやるだけ!南アとの初対決は楽しみ。

    あとレフリーに対する厳しいコメが目立ちます。早明戦をまだ見てないのであまり内容を知りませんがミスジャッジの指摘が多いですね。

    私自身、今年からレフリーを始めているのでミスジャッジのことを言われると辛い。レフリーは大変で難しいっということもわかってほしいです。
    でもレフリーの向上は日本ラグビーにとってとても必要なので早く早明戦を見て勉強します(^-^)b

    そういえばAB'sが負けましたね(涙)。たまにはいいか(笑)。

    投稿: nick | 2012年12月 4日 20:28

    決まりましたね!!
    JAPANは勝つことだけ意識していけば
    勝てないチームではないはず!!と思うのですが
    どうでしょう??
    気になるのは松嶋幸太郎JAPANにくるのか
    南アに行くのかJAPANとして2015,2019年と
    戦って欲しいけれど
    亮平にも復帰してもらいたいし
    フライハーフに亮平インサイドセンターに立川の
    ラインを見たい
    ブレイクダウンのときにフローターをガッツリやれる
    フランカーが育つと、このラインでゲインを切れると
    思うのですが。
    とりあえず見守ります。

    投稿: チビ丸 | 2012年12月 4日 14:42

    アメリカ二位がカナダになるかアメリカになるか。そこが最大の焦点かな。アメリカの方が勝てる可能性が高いが、カナダとの因縁にケリをつけたい気もする。
    サモアとスコットランドのどちらかに勝つのは簡単ではないが、不可能でもない。がんばって欲しい。
    関係ないですが、早明戦のレフリーに疑念を持っている方が多くいらして良かったです。ラグビーファンをバカにしたようなレフリングは勘弁してください。

    投稿: テルキー | 2012年12月 4日 14:07

    相手は決まった!
    エディーヘッドコーチ・選手のみなさん・協会・ラグビーにかかわるみんなを巻き込んで、本戦出場~トップ10へ!!!
    もう、がっかりはしない!!!

    投稿: もうオールドファン!? | 2012年12月 4日 13:28

    プールAが、オーストラリア、イングランド、ウェールズって、死の組・・・
    日本は、相手国がどうのとか、この国なら勝てそうとか打算的な戦いはやめて、その日の実力を全て出し切る、そんなラグビーをしてくれることを期待します。

    そのために先ずは、出場権を勝ち取ろう。

    投稿: Do | 2012年12月 4日 11:40

    日本にとっては一番いいプールに入ったんじゃないですか?サモアとスコットランドはフィジーやウェールズよりも相性はよさそうだし。南アフリカは別格だけど、思いっ切りチャレンジしてほしい。エディーさんは今日から本気で2位通過を狙うイメージを立てるはずです。

    投稿: スペンサー | 2012年12月 4日 03:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56247950

    この記事へのトラックバック一覧です: RWC2015組み分け決まる:

    « TL9節花園&トークライブお知らせ | トップページ | ウイルチェアラグビー三阪さん講演 »