« 関西大学リーグ入替戦ほか | トップページ | 土日のおさらい。ラグビーウィークリー »

大学選手権セカンドS結果

日曜日は、各地で大学選手権のセカンドステージが行われた。僕は京都の西京極で、流通経済大学対大阪体育大学、関西学院大学対慶應義塾大学の2試合を、解説、取材した。ときおり、雪のちらつく寒さ、強風、観戦に訪れたお客さんには大変な天候だったと思う。放送席も、室内とはいえ、カメラを置く関係で前の窓が全開なので冷え込んだ。

第1試合は流経大の攻撃力が大体大の防御を切り裂いた。前半6分、FB合谷のトライで先制すると、ブレイクダウンでの激しく前に出て、SOオペティの縦突進から次々にチャンスが生まれる。HO植村のスキルフルなプレーも目立った。パス、サポート、トライと大活躍。後半に投入されたWTBリリダムも、NO8高森の突破をサポートしてのトライから、個人技で2トライをあげ、後半だけでハットトリックを達成した。大体大は強化してきたスクラムを生かせず終い。最終スコアは、57-0。

第2試合は予想に違わぬ好ゲームになった。先制トライは慶大。SO宮川が個人技で防御を破り、すぐさまパス。WTB鈴木が左中間に躍り込む。その後は、関西学院が自慢のバックスを走らせれば、慶應はFWの周辺を粘り強く攻める。19分、関西学院LO藤原がタックルをはじきながらトライ(5-5)。慶應もLO山田が密集サイドからインゴールに身体をねじこんでトライすると、関西学院もドライビングモールからLO竹村が押さえて、前半は12-12。

後半は、関西学院がWTB畑中のトライで突き放しにかかるが、慶應も14分、CTB高田が抜け出して、19-17と逆転に成功する。このあたりから、慶應の集中力がさらに高まったように感じた。ブレイクダウンでも激しく戦って、関西学院の攻撃をスローダウンさせ、タックルも低く刺さるようになった。最終スコアは、29-17。時間の経つのを忘れる、引き締まった好ゲームだった。

「ブレイクダウンの意識が慶應は高かった」と関西学院の藤原キャプテン。ミスで数回のトライチャンスを逃しただけに、萩井監督も「テンポのいいアタック、粘りのディフェンスは関東のチームにもある程度通用した。プレーの精度をもっと高めないと」と次戦を見据えた。勝った慶應の田中監督は「タックルが前半高くて、関西学院のペースになったが、後半修正できた。鍛えてきたのでスタミナももった。ひそかな目標だった4トライ以上もとれた」と手ごたえある表情を見せた。負傷退場の茂木キャプテンに代わって、記者会見に出席したHO渡辺は、「関西学院のほうがタレントは上。慶應は人数で勝負しようとしました。(次の筑波大戦に向けては)自分達の突き詰めてきたラグビーを体現したい」と語った。

新システムの大学選手権は、負けたチームにも次があるというのが特徴。課題を修正しながら3試合を戦うことで、チーム力を着実に上げてほしいと思う。

■セカンドステージ9日の結果
明治大学 40-3 日本大学(前半21-3)
帝京大学 65-3 拓殖大学(前半17-3)
筑波大学 61 - 3 法政大学 (前半17-3)
流通経済大学 57-0 大阪体育大学(前半26-0)
関西学院大学 17-29 慶應義塾大学(前半12-12)
立命館大学 43-12 福岡工業大学(前半17-7)
天理大学 14-46 早稲田大学(前半7-29)

■セカンドステージ8日の結果
東海大学 34 - 5 近畿大学(前半22-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学リーグ入替戦ほか | トップページ | 土日のおさらい。ラグビーウィークリー »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    東京日帰りで慶應を応援しに行きました。
    開始早々のトライは嬉しかったのですが、その後攻めあぐみ、同点。雪は舞う、風は変わる、
    陽が差し込んだりと、天候はよく変わりましたが、試合は前半から後半の前半まで両校の凌ぎ合いだったと思います。辛うじて後半慶應が突き放したような結果でしたが、強さは感じられませんでした。筑波にどのように挑むのか楽しみです。12-36のようなことはないと思いたいです。西京極は国立と同じでトラックがあるので選手が遠いです。上の方で観ましたが、空気が綺麗で澄んでいて気持ちよかったです。
    今週は、秩父宮で。。。。

    投稿: 楕円球 | 2012年12月12日 17:06

    流経は、余裕を持って戦っていたように見えました。
    早稲田は、さすが。ディフェンス、オフェンスともしっかりと仕上げてきた感じがする。あそこまで差がつくとは予想外。
    慶應は高く・強い意識を持ち、最後まで気を抜かずに戦った結果の勝利。関西学院は、
    村上さんもテレビでコメントしてましたが最後の方はスタミナ切れの感じは否めませんでした。
    筑波は完勝。ボールを持ってから前へ進んでいくスピードが速い。
    帝京は当然の結果でした。
    明治はPK1本の3点に押さえ点差こそ開きましたが、日大のミスにかなり助けられた。
    しかも取れるべきところで、取りきれない完成度の低さが気になりました。
    スクラムも圧倒できなかったし、ブレイクダウンでも決して勝ってはいなかったので、準決勝まで残れるか微妙では・・・? 
    東海大に勝てるかどうかちょっと心配です。

    投稿: トーシロ | 2012年12月11日 22:36

    私も今年度の大学選手権の方式には違和感を感じます。プロ野球のCSシリーズを真似たような。似た方式は何年か前にもありましたよね。

    確かに真剣勝負の数は増え、ラグビー観戦者が増える可能性はありますが、一発勝負でないとやはり、自力に戦力的に勝るチームが勝つと思います。

    当面は、昨年までの方式がベストと思うのですが、これでは、リーグ戦で何位になるかなど、来年以降、いろいろな調整がでてきてしまうのではないか?など疑問が残ります。

    投稿: ラグビー親爺 | 2012年12月10日 23:22

    大学選手権のアドバンテージポイントには私も反対です。各リーグの順位を元にブロック分けすることで十分。
    リーグ5位まで自動的に出場できることも、どうかなと思います。どうして16校も参加させねばならないのでしょうか?出場校を増やすなら、セブンズのカップ・プレート・ボウルトーナメントのようにクラス(リーグ順位)別の争いにするとか…運営は大変でしょうが。成績に応じてリーグ毎の翌年の出場枠が増減する仕組みをつくるなど、参加校のモチベーションを保たなければなりませんね。
    全国地区対抗大学大会もあわせて制度改革を進めるとか、いろんなアイデアを出して、裾野を拡げてほしいです。

    投稿: えいじパパ | 2012年12月10日 21:54

    天理があっさり負けてしまったのには驚きました。ノックオンが多かったのは寒さのせい?そして、解説の大畑さんのテンションが低かったのも気になりました・・・。

    トンガリキッズさんの「4トライ以上を奨励するのは疑問」に同意します。
    守り抜くのもラグビーの魅力だと思います。

    投稿: ねこぷ~ | 2012年12月10日 20:25

    記事と関係なくてすみません。

    録画してたパナ対Nドコを観ました。

    パナ山田選手!昨日の試合で3トライ!

    ムリアイナを抜いたトライは痺れたな〜。ハイボールのキヤッチングからのトライも良かったな〜。

    もう山田選手はトライ王になるしかない(^-^)/

    投稿: nick | 2012年12月10日 20:08

    日本ラグビー協会のホームページに記載されていた大学選手権の運営要領を見ましたが、アドバンテージポイント制だけはなぜ導入したか、はたまたどんなルールかもよくわかりませんでした。
    これまで戦ってきた各リーグ戦の結果を加算するってこと?よくわからないので、どなたかご指導ください。
    別で、Dプールに入るチームは優勝したチームの属するチームの二位のチームとのことですが、福岡工大が優勝したらどうなるんでしょうね?いきなり増枠?マンガだったら、東福岡高校の選手がみんな福岡大学に進学したりして、優勝するんだろうけど、さすがにないからいいのか…

    投稿: テルキー | 2012年12月10日 13:51

    本日の試合結果を見ていて、やはり「今現在」では対抗戦優位、関東勢優位かなと思いました。だから逆に、ハンデポイント制(アドバンテージポイント制)には疑問があります。対抗戦4強独占を阻むために、操作をしている印象です。いずれまた関西優位の時代、関東リーグ戦優位の時代は来ます。そういうものは時の流れに任せてほしいです。
    5位チームは。8点差つけて1位チームに勝たないといけない。というような形になります。これは試合開始前に、1位チームのスコアボードに、7点書き入れるようなものです。
    これはスポーツの神聖さ、日本一を決める大会の神聖さを、汚すものだと思います。
    若者は懸命に、日々練習している。大人(協会)が、鉛筆舐め舐め、ハンデポイントを付けてしまう。たとえば柔道の全日本選手権で、弱い選手には足に重りを付けるようなもの。
    スポーツは、全日本選手権は、もっと神聖なものではないのでしょうか。試合が始まったら平等に扱う。およそどの競技の全日本選手権でもそうではないのでしょうか。今回のハンデポイント制度は、そこを壊しているように思えて、非常に残念です。
    4トライというのもラグビーに人気があった頃、観客が感動してフラフラになって帰っていった試合は、みんなロースコアゲームだったはず。4トライ以上を奨励するのは疑問です。その頃は審判は、純白の服を着ていました。昨今は悪くなっている面が多いと思います。

    投稿: トンガリキッズ | 2012年12月10日 05:55

    東海vs明治、流経vs早稲田の結果によっては、4強全て対抗戦の可能性もありますねぇ・・・。

    投稿: らぐび~ | 2012年12月 9日 22:27

    東海大学の結果がないような?近大に負けてるとは思えないけど。
    ま、今年も対抗戦ですね、やっぱり。

    投稿: テルキー | 2012年12月 9日 21:14

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56285776

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学選手権セカンドS結果:

    » ラグビー大学選手権の主催者へ!! [IXY-nob]
    今日は少し愚痴るので、短めに。 ラグビー大学選手権で出かけた今日の長居スタジアムでのこと。 一般席の一番よい場所に「選手席」の札が貼ってあるのです。 自チームを応援する試合に出ない選手のための席があらかじめ確保してある・・・。 このため、われわれ一般観客はその後ろの席へ。 決して「立ったままで応援せよ」とは言いませんが、彼らは有料入場者である観客の後ろでいいのではないでしょうか?寒い中を開場を待って小一時間並んで待っていた熱心なファンをなえがしろにする悲しい出来事でした。 主催者の猛省を促します!!... [続きを読む]

    受信: 2012年12月 9日 21:43

    « 関西大学リーグ入替戦ほか | トップページ | 土日のおさらい。ラグビーウィークリー »