« 2012年11月25日 - 2012年12月1日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »

2012年12月2日 - 2012年12月8日

関西大学リーグ入替戦ほか

8日の土曜日は、京都の宝ヶ池球技場で、関西大学AリーグとBリーグの入替戦を取材した。風が強く、体感気温は10度を切る寒さだったが、メインスタンドはほぼ満員。各大学の応援団が多数詰めかけていた。

第1試合は、A8位の摂南大学とB1位の関西大学の対戦。Bリーグで全勝優勝した関西大学の充実ぶりが伝えられていたのだが、その通り、立ち上がりから関西大学がボールを大きく動かし攻勢に出る。13分にWTB友尾が先制トライ。その後は、互いにミスと反則が多くなったが、33分、今度は、摂南大がNO8トプイのサイドアタックとCTBラウタイミの縦でトライを返し、前半は7-5と関西大学リードで折り返す。

後半も拮抗した展開になったが、18分、SO三瀬キャプテンのPGで、18-10とリードを広げたところから、関西大学の動きがさらに良くなり、低いタックルを連発。摂南の2人のトンガ人留学生を封じ込め点差を広げた。最終スコアは、32-17。ノーサイドの瞬間は、ピッチ上、スタンドの応援団から歓喜の雄叫びが上がった。

201212081

就任3年目の桑原監督は、関大OBで、3度入替戦で跳ね返された経験がある。その感慨もあってか、「よくがんばった。体を張ってタックルしてくれましたね」と目を潤ませた。来季は32年ぶりのAリーグでのプレーとなる。三瀬キャプテンは、「昇格の代の4年生になれて光栄です。来年は後輩たちが頑張ってくれるでしょう」と笑顔で語った。

第2試合は、B2位の花園大学が前半半ばまで、14-7とリードしてスタンドを沸かせたが、A7位の京都産業大学も地力を発揮。FB山下、SO三原らを軸に素早くボールを動かして、逆転し、風上に立った後半も優位に試合を進め、CTB増田らのトライで突き放した。花園大学もNO8マフィの突進などで反撃するのだが、攻撃を継続できなかった。

ディフェンス面でのセットスピードの速さなども京産大が上回っていたが、花園大学もトンガ選手以外の選手もラインブレイクしたり、キックパスからトライするなど、好プレーも多かった。摂南大が降格してのBリーグの昇格争いも熱くなりそうだ。

そのほか、関東大学リーグ戦の入替戦では、立正大学が関東学院大学を、40-17で下して、1部昇格を決めている。堀越正巳監督、悲願達戦である。大東文化大学は、山梨学院大学を7点差で下して1部残留を決めた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホでも大学選手権が

JSPORTSからのお知らせ。スマホや、タブレット、パソコンでも大学選手権が楽しめる情報です。

いよいよ今週末から大学選手権のセカンドステージがスタートします。J SPORTSとスカパー!で、セカンドステージ以降 全27試合を生中継します。スカパー!で生中継するセカンドステージ計10試合は、誰でも視聴可能なスカパー!オンデマンドでも同時LIVE配信いたしますので、会員登録してください! 

詳しい放送スケジュールはこちら
[→] http://www.jsports.co.jp/search/sys/kensaku.cgi?Genre2=03

◎大学選手権 スカパー!オンデマンドで無料LIVE配信のご案内
スカパー!オンデマンド会員(※無料)になれば、無料でスマホ、タブレット、PCで大学選手権セカンドステージ10試合のLIVE視聴が可能!自宅や移動中、さらにはスタジアムで気になる他会場の試合をリアルタイムにチェックすることが可能です!

■スカパー!オンデマンドLIVE配信対象試合はこちら
<セカンドステージ 第2戦>
12/16(日)午前11:50~ 関西学院大学 vs. 法政大学    (レベスタ)
12/16(日)午後 1:50~ 帝京大学 vs. 福岡工業大学    (レベスタ)
<セカンドステージ 第3戦>
12/23(祝)午前11:50~ 立命館大学 vs. 帝京大学      (秩父宮)
12/23(祝)午前11:50~ 法政大学 vs. 慶應義塾大学   (熊谷)
12/23(祝)午前11:50~ 早稲田大学 vs. 大阪体育大学   (花園)
12/23(祝)午前11:50~ 近畿大学 vs. 日本大学       (レベスタ)
12/23(祝)午後 1:50~ 東海大学 vs. 明治大学       (秩父宮)
12/23(祝)午後 1:53~ 天理大学 vs. 流通経済大学    (熊谷)
12/23(祝)午後 1:53~ 筑波大学 vs. 関西学院大学    (花園)
12/23(祝)午後 1:53~ 拓殖大学 vs. 福岡工業大学    (レベスタ)

▼スカパー!オンデマンド会員登録はこちら
[→] http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/college-rugby

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ARFUアワード&お知らせなど

2012年度のアジアラグビーフットボール協会(ARFU)アワードで、日本ラグビー協会の真下昇副会長が「カールソン・リン」マッチオフィシャル賞、岸田則子女子委員会委員長が女子ラグビー普及賞をそれぞれ受賞した。岸田さんが、日本女子ラグビー連盟を立ち上げられた頃、僕はラグビーマガジンの編集長になったばかりだった。会社に来ていただいたとき、受付に出て行って挨拶したら、「編集長はいらっしゃいますか?」と新米社員だと思われたことがある。懐かしい思い出。本当にここまで女子ラグビーを牽引してきた人だ。

「カールソン・リン」マッチオフィシャル賞
真下昇副会長
○受賞理由
永年にわたるアジア地域でのレフリー(マッチオフィシャル)としての活躍のみならず、アジア地域のレフリー指導や普及に尽力し、今日のアジア地域のレフリー基盤確立に甚大な貢献をした功績を称える。カールソン・リン氏は、元台湾協会副会長、アジア協会副会長。永年台湾協会及びアジア協会のレフリー及びレフリーの普及に貢献し、2009年にはその活動が認められIRBアワード普及賞を受賞。2011年12月に同氏が他界した際、リン氏に敬意を表し、同氏の名前を本賞に冠することとした。

女子ラグビー普及賞
岸田則子女子委員会委員長
○受賞理由
日本女子ラグビーの草創期より現在に至るまで、その普及と発展の中心として活躍し、アジア各国との交流やアジアでの女子ラグビー普及、発展へ多大なる貢献を果たした功績を称える。

知人が、観光庁のラグビーワールドカップ2019日本開催宣伝ビデオの存在を教えてくれた。
http://www.youtube.com/watch?v=6NJpdTVWnso&feature=youtube_gdata_player


追記◎本日夜、ABCラジオの、「スポーツにぴたっと。」に出演します。USTREAM配信も。午後6時過ぎから。年末年始の全国大会のことを話す予定です。
http://abc1008.com/spo_pita/index.html

お知らせ◎恒例となった「みなとスポーツフォーラム」。次回は、12月11日(火)に日本ラグビー協会理事の勝田隆氏を迎えて開催。ラグビーワールドカップの日本代表団やオリンピックの日本選手団本部役員などの経験をもとに、スポーツも持つ価値や力などについて講演する。
詳しくはこちら
http://www.rugby-japan.jp/news/2012/id16842.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エディー・ジョーンズHC総括会見

12月6日、午後1時から日本ラグビー協会会議室でエディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチの欧州遠征総括会見が行われた。

20121206

テストマッチ2勝のターゲットが達成できて、歴史を作ることができた。2015年ワールドカップに向けて、チームが伸びたことも良かった。選手がインターナショナルのラグビーを戦う心構えが構築できたのも良かった。世界トップ10に入る信念も芽生えた。などなど、まずはポジティブな総括があふれ出た。

今後、世界のトップ10入りをする「クリアの道筋も見えたと思います」とも話し、ルーマニア、グルジア戦でスクラムからクリーンボールが出なかったことを挙げながら、一つ目の課題として「スクラム」。筋力不足を指摘して二つ目を「ストレングス」とした。「スクラムとストレングスの改善がなければ、日本の伸びしろは途絶える」とまで言った。

スクラムについては、フランスが100キロ前後のフロントローで巨漢揃いのサモアのスクラムに勝った例をあげ、「体の大きさではなく、(日本には)強さがない」と、具体的には、首の後ろから腰にかけての筋力アップの必要性を指摘した。「日本のラグビーコミュニティーが、この部分をアシストしてもらえればありがたい」と、国内のチームがスクラムの強化、筋力アップに取り組むことが必要だとコメントした。

もちろん、ハンドリングなどの基礎スキル、戦術的なレベルアップは必要だと指摘しながらの話である。「難しいのは、世界一のフィットネスレベルを維持しながら、ストレングスのレベルを上げなければいけないことです。2019年を考えれば、いま18歳のフロントローが世界レベルのトレーニングをしていかなくてはいけないのです」など、日本代表の強化期間だけでなく、国内各チームのトレーニングの質を上げることを要望した。

2015年ワールドカップの出場権を獲得することが先決ながら、その先に、南アフリカ、サモア、スコットランドと戦うことが決まった。今後選出する選手は、「トレーニング、プレーがインターナショナルレベルであるかを見ます。他の誰よりもハードにプレーしている人を選ぶ」と話し、世界で勝つ肉体と気概のある選手を求めていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花園ラグビーパーク

花園ラグビー場を中心に、ファン同士の交流の機会を設けようと活動している「花園アフターマッチFANクション」が、12月15日、TL第11節にあわせ、キッズデーのイベントとして「花園ラグビーパーク」という企画を開催する。以下、概要です。

開催時間 11:00~14:40(開場~第2試合ハーフタイムまで)
対象:中学生以下 参加費無料

正面入口前の協会テントでカードを受け取り、クイズやゲームにチャレンジ!
スタンプを集めて、ラグビーサンタからのプレゼントをゲット!

☆ミニラグビーアタック(正面入口前)
タックル・キック・ステップなどラグビープレーに挑戦できるミニアトラクション

☆1分間チャレンジ(ノーサイド広場など場内3ヶ所)
ラグビーボールを使って1分間のミニゲームに挑戦 (ボール身体回し・片手キャッチボール・ノックオンキャッチなど)

☆ラグビークイズラリー(場内5ヶ所に掲示)
場内に掲示された5問の「ラグビークイズ」に挑戦しよう

☆ラグビー選手ってデカイ!(ノーサイド広場を予定)
試合使用球・各チームFWのジャージを着ての写真撮影サービス

現在運営スタッフのボランティアを募集している。
詳しくは、以下をご覧ください。
https://www.facebook.com/rugbylove15

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルチェアラグビー三阪さん講演

八大学ラグビー部OB会の方から、ご連絡をいただいた。八大学ラグビー部OB会とは、1989 年に6 大学(北海道大学、東北大学、小樽商科大学、東京水産大学、九州大学、帯広畜産大学)で発足し、1999 年に2 大学(名古屋大学と長崎大学)が加入したもので、 ラグビー大会を毎年5 月前後の時期に行ない、1997 年からは講演会と懇親会などを行っている。

その講演会、昨年は元日本代表CTBで福岡高校ラグビー部の指導者でもある森重隆さんが講演したのだが、今年は、ウイルチェアラグビー日本代表の三阪洋行氏が講演する。以下の要領で開催。席に余裕がある場合は一般の方も聴講できます。まずは、希望メールをお送りください。以下のメールアドレス(担当・小林さん)まで。

makokoba@hotmail.com

日時:平成24年12月20日(木)
   18:00開場/受付開始、19:00開演
会場:小山台会館 品川区小山4-11-12 
東急目黒線 武蔵小山駅西口 徒歩3分
演題:ウイルチェアラグビーの世界 ~パラリンピックを戦って~
講演者:ウイルチェアラグビー日本代表副将 三阪洋行氏
会費:3000円

《講演者略歴》
三阪洋行氏
1981年生まれ。大阪府東大阪市出身、埼玉県戸田市在住。ウイルチェアラグビー日本代表副将。HEAT(大阪)所属。布施工業高校時代はラグビー部でNO8。1999年6月、高3の時にラグビー練習中の事故で頸椎を痛めて下半身不随に。事故から3カ月は寝たきりで計8カ月の入院生活。翌年に車いすラグビーを始め、2002年に「自分を変えたい」とニュージーランドに4か月ラグビー留学。2010年、サウスオーストラリア・シャークスに所属しオーストラリアリーグに参戦。日本代表として2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンのパラリンピック3大会連続出場を果たす。

※三阪氏を紹介した電子書籍が以下のURLで出版されている。
「車いすラグビー 新しいスタート ~患者を生きる~」
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/apital/product/2011111600006.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RWC2015組み分け決まる

2015年ラグビーワールドカップの組み分けが決まった。抽選会は、ロンドンの近代美術館「Tate Modern(テート・モダン)」で開催され、20チームを5チームずつ4プールに分ける抽選が行われた。抽選はバンド5(各プール5位グループ)から、順番に行われた。日本がいる「アジア1」は、南アフリカ、サモア、スコットランド、アメリカ地区2位と同じBプールに入った(※日本は出場権を獲得していないというご指摘受けて、表現変えました。失礼しました)。2015年で世界のトップ10入りを狙うということは、ワールドカップでランキング上位国を倒すということであり、日本が当面のターゲットにしているスコットランドがBプールに入っているのは、悪くない組み合わせだろう。

A=オーストラリア、イングランド、ウエールズ、オセアニア1位、敗者復活戦勝者
B=南アフリカ、サモア、スコットランド、アジア1位、アメリカ2位
C=ニュージーランド、アルゼンチン、トンガ、欧州1位、アフリカ1位
D=フランス、アイルランド、イタリア、アメリカ1位、欧州2位

エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチのコメントは以下の通り。

「日本にとって、よいプールと言えるだろう。まずは出場権を獲得することが大切。南アフリカ、サモア共にフィジカルなチーム。サモアには、春のパシフィック・ネーションズカップでコンバージョンが入らず、勝ちきることができなかったが自信にはなった。スコットランドは現在調子を落としているが、友人でもあるスコット・ジョンソンがコーチになり、立て直してくるだろう。体が大きくてフィジカルの強いチームに対し、我々はボールを動かす自分たちのスタイルを貫かなくてはならない。ワールドカップは世界最高のチームと対戦する場。強いチームとの対戦をためらってはならない。世界のトップ10 に入るという目的のためには、全ての試合に勝つつもりで臨まなければならない。2 試合に勝とうとすることは、2 試合に負ける、ということだ」

| | コメント (9) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TL9節花園&トークライブお知らせ

日曜日は、近鉄花園ラグビー場にいた。トップリーグ第9節のNTTコミュニケーションズシャイニングアークス対神戸製鋼コベルコスティーラーズ、近鉄ライナーズ対リコーブラックラムズの解説、取材のためだった。

NTTコムは挑戦者のラグビーをした。SO君島のキックパスに、アイザック・ロス、木曽一らの長身選手が走り込むなど、さまざまな仕掛けをしたのだが、どれも成功しなかった。今季の特徴のはずだった低く前に出るタックルも出ず、ミスや反則で流れを悪くしてしまっていた。一方、神戸製鋼の選手の動きはキレていた。前半7分、WTB大橋がタックラーを2人、3人とかわしてライン際を快走したトライは、チームを勢いづけた。CTBジャック・フーリーのディフェンスも相変わらず幅が広い。クレイグ・ウィングも、古巣に対して、これまであまり見せなかったような俊足ぶりを披露。48-5という予想以上の快勝だった。しかし、NTTコムが簡単なPGを狙わずに、ラインアウトから攻めようとするなど得点機を確実にものにしなかったのは気になった。接戦に持ち込めた気がするのだが。

2試合目の近鉄とリコーは大接戦になったが、前半の最後に近鉄の高キャプテンが、手でボールを外に出す反則でPGを決められ、10-7とリードを許した。試合後、「僕のしょうもない反則で、チームのせっかくのいい準備が台無しになるところだった。勝ててほっとしました」と胸をなでおろしていた。リコーの小松キャプテンは、「近鉄の素晴らしいディフェンスと、こちらのミスでチャンスを手放してしまいました」と敗因を語った。たしかに、ラインオフサイドなど防げる反則が多かった気がする。最終スコアは、19-17で近鉄が勝利という大接戦だった。

他会場の結果はトップリーグのサイトなどをご覧いただきたいのだが、トヨタ自動車を破ったパナソニックが4位に浮上している。

大学選手権の出場チームが出そろった。関東大学対抗戦は、明治が早稲田を逆転で下したため、筑波大、帝京大、明治大が、6勝1敗で並んだが、大学選手権の組み分けのための順位付けは、得失点差により、1位筑波、2位帝京、3位明治となった。これにより、大学選手権セカンドステージのプールが以下のように確定。各組の1位が1月2日の準決勝(ファイナルステージ)に進出する。準決勝の組み合わせ抽選会は、12月24日に行われる。

A=筑波大、関西学院大、法政大、慶應義塾大
B=天理大、流通経済大、早稲田大、大阪体育大
C=東海大、明治大、近畿大、日本大
D=帝京大、立命館大、拓殖大、福岡工業大

セカンドステージは、12月8日、秩父宮ラグビー場で始まる。

お知らせ◎ノーサイドライブ vol.6@RUGBY Dinner No Side Club
恒例になったノーサイドライブの新年第一弾のゲストが決定しました。今回は、女子7人制ラグビー強化チーム「Rugirl-7(ラガールセブン)」より増保輝則コーチ、日本代表選手でもある藤崎朱里選手、山口真理恵選手が登場します。女子ラグビーの現状、彼女たちから見たラグビーの魅力、2016年オリンピックへの想いなど、楽しく、熱く語ってもらいましょう。元日本代表WTBであり、神戸製鋼でも活躍した増保さんは、女子ラグビーの指導にどのように取り組むのか。何を語ってくれるのか興味津々です。申し込み方法など、詳細は以下の通り。お早目にご予約ください。

日時:2013年1月17日(木) 19:00~21:00(18:30~受付)
場所:ノーサイドクラブ(東京都豊島区高田3-10-22 キャッスル安斎ビル2F)
MC:村上晃一
ゲスト:増保輝則、藤崎朱里、山口真理恵=Rugirl-7(ラガールセブン)
会費:¥3,500-(1Drink+軽食付き)
定員:40名
申し込み方法:
お名前と人数を明記の上、お店のメールアドレス
「libyus@taupe.plala.or.jp」 までご連絡下さい。
受付完了後、その旨ご返信させて頂きます。満員となった時点で受付終了とさせて頂く場合もございます。またキャンセルの際は事前に必ずご連絡頂けたらと思いますので、何卒、よろしくお願い申し上げます。
※ゲスト選手につきまして怪我などで変更の可能性もありますので予めご了承下さい。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2012年11月25日 - 2012年12月1日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »