« 元日の花園&準々決勝組み合わせ | トップページ | 高校準々決勝結果&準決勝カード »

大学選手権準決勝結果

2013年1月2日、国立競技場で行われた全国大学ラグビー選手権準決勝は、帝京大学と筑波大学が勝利し、1月13日の決勝戦に駒を進めた。4連覇を狙う帝京に、初の決勝進出となる筑波が挑む。

筑波大学の古川監督の言葉を借りれば、「強い帝京と、上手い早稲田」の戦いとなった準決勝第1試合は帝京が強さを存分に見せつけた。トスに勝って風下を選ぶと、主にFW周辺を攻めながらボールを確保して、じわじわと前進する。早稲田もCTB布巻らが何度かボールにからんでターンオーバーしてチャンスをつかみ、SO小倉のPGで先制し、13分にはモールからHO須藤がトライして、10-0とリードした。

しかし、スコアはここまで。スクラムが劣勢になったこともあって防戦一方となり、風上に立った後半はボールをキープして攻めようとするのだが、工夫された攻めがなく、縦横に張り巡らされた帝京防御網を崩せず終わった。逆に帝京は、グラウンドを横幅いっぱいに使いながらボールを動かして、FLイラウア、NO8李らが着々とトライ。貫録を感じさせる勝利だった。

「後半は無理に攻めなくてはいけない状況になってミスが多くなった。点差がすべてです。まだまだ帝京との距離はある。遠い背中を追いかけている状態」と、早稲田の後藤監督。帝京の岩出監督は、「前半から我慢して、しっかり戦ってくれた。いい集中力で戦い、いいコミュニケーションがとれた試合でした」と喜びを語った。

第2試合は、前半、風上に立った東海大が21-5とリードしたことで俄然白熱した。大型FWのアグレッシブな突進、両CTBを軸にした堅実なタックル。のびのびとプレーする東海大は、BKのサインプレーなどで何度の防御ラインを破った。だが、個人技の優れた筑波に強風の中での風上で16点差は少なかったかもしれない。

筑波は、後半9分に、SO片桐がPGを返して、8-21と反撃開始。16分には、LO鶴谷がCTB中靏がタックルされたボールを素早く拾ってトライ、その後もトライとPGを追加して、23-21と逆転に成功した。互いにミスもあってボール保持が二転三転する展開が続いたが、最後の10分は見ごたえがあった。33分、東海大は粘りの防御で筑波の猛攻をしのぎ、ミスを誘って自陣ゴール前から一気にボールをつなぎ、最後はPR平野がトライして、26-23と逆転に成功する。しかし、直後のキックオフのボールを切り返そうとした東海のキックを筑波がチャージ。転々とするボールをFL粕谷がトライして再逆転。そのまま逃げ切る劇的勝利となった。

勝った筑波の古川監督は「クロスゲームを勝てたことは、選手の成長を感じています」と笑顔でコメント。冷静なコメントで知られるFB内田啓太キャプテンは、「前半は緊張してハンドリングミスが起きましたが、後半は終始ペースに握れて、PGで3点を獲ったところで、いけると思いました」と淡々と話した。初の決勝進出については、古川監督が「最高の舞台で、最高のプレーができるように準備したい」と意気込みを語った。

敗れた東海大学の木村監督は、ピッチ上で選手達の労をねぎらい。涙を流した。会見の最後には、自らマイクを握って報道陣にこう語った。「今年も一年間、ありがとうございました。シーズンの最後に国立まで来られました。(今季のチームは)いいチームでした。もう一段、ステージを上げられるように頑張っていきます」。報道陣も思わず拍手のさわやかな幕引きだった。

■試合結果
早稲田大学 10-38 帝京大学(前半10-7)
東海大学 26-28 筑波大学 (前半21-5)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 元日の花園&準々決勝組み合わせ | トップページ | 高校準々決勝結果&準決勝カード »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    国立競技場建て替えの為、来シーズンの早明戦は秩父宮開催と、明大スポーツに載っていました。
    来年の大学選手権や日本選手権は、何処で開催する予定なのでしょうか?
    国立から秩父宮に変更するなら、社会人や大学のリーグ戦を大幅に他会場に移さないと、とても秩父宮の芝生が保ちませんよね。
    トップリーグも1試合増える事ですし。
    とても心配なので、ウェールズ代表来日シリーズや東京セブンズみたいに、決まり次第早めに発表して貰いたいです。
    来期からフォーマットが変わるTLも、今の内から会場にポスターを貼るなり、パンフレットを配るなりして、変更内容を早目早目に告知していかないと(毎年閑古鳥が鳴いている、熊谷の高校選抜も)。
    大学選手権の会場で、まだトーナメントままだと勘違いされている方が結構いましたので、周知徹底が大事であるなと思います。

    投稿: 坂石町分 | 2013年1月 5日 17:57

    筑波のノックオンはスローで見ても微妙です。触っているようにも見えますが。早明戦は明らかでしたけどね。ともかく、ラグビーというものはそういうものであると片付けないことです。何度も言いますが他のスポーツとは何も違わないのです。このままではますます子供たちに嫌われます。決勝戦は充実した帝京が有利でしょうが、筑波は今シーズンを目指してきました。気負わずにのびのびといつも道理のプレーをしてほしいと思います。商機は十分あります。

    投稿: 山本 昭 | 2013年1月 5日 10:04

    現地観戦出来たんですが早稲田は立ち上がりはディフェンスがすごく良かった。スタミナが持つのかなぁと思いましたが。
    (後半?僅差の時(笑)早稲田風下帝京陣内帝京ペナルティでPG蹴らずラインアウトから奪われた時に早稲田の緊張の糸が切れた感じがしました。

    筑波の最後はノックオンですか(笑)
    真逆で見てたんで全然分からずでした。
    つーか筑波抜かれすぎ(笑)

    ハッキリ言って2試合とも大味でした。

    風の影響が強過ぎたんですかね。

    投稿: けんじ | 2013年1月 5日 00:00

    >早稲田は戦術も中途半端それ以上に選手に
    >覇気が全く感じられなかった。
    戦術については分かりませんが、覇気が感じられなかったという点ではカズさんと同じ感想です。
    ゲーム開始早々に、それは感じました。覇気が無いというか、意外に冷めたプレーをしているなあと。
    あえて開始早々いきなりエンジン全開にはしていないのかと思いました。
    選手権セカンドステージで見せてくれたような一分のスキもないような切れのある動き(集散の動きやパス)が見られなかったのが残念でした。
    それとも、そうさせなかった帝京の圧力があったからなのでしょうか・・・?

    筑波vs東海は、あんなに僅差になるとは思いませんでした。15点差くらいで筑波の勝利と予想していました。
    ノックオンかどうか、放送中のリプレイを見ていた限りでは私にはそう見えませんでしたけど・・・。
    HDDの録画を確認したかったのですが、今朝消去してしまいました(笑)

    投稿: トーシロ | 2013年1月 4日 18:35

    ジャッジにミスはつきものだと思います。野球のストライク、ボール、アウト、セーフ、ハーフスイング。他の競技でも。しかし、筑波の最後のトライは完全なノックコンです。TVで見てもそうですが、バウンドが不自然なのは遠目にも分かるはずです。30人がゲームを行う中で、3人のジャッジマンしかいないうえに、これほどルールにそぐわない審判は「日本のラグビーの審判」だけだと思います。見落としではなく技量の問題でしょう。選手が気の毒ですが、相手との力量が段違いであれば問題は起きませんね。
    海外のゲーム、特に南半球のゲームでは、まずミスジャッジはないと言ってもいいくらいです。
    体力、スピードで圧倒していれば、しかし、僅差の勝負では、正しいジャッジが勝負に影響すると思います。海外では「TMO]の導入をしていますが、日本はミスが多いにも関わらず、導入される様子はありません。皆さんが危惧されている通りだと思います。当事者(監督、選手)は協会の決めたことに批判的なことは絶対に言いません。今回のグループ戦が意味があるかないか、ジャッジが間違おうと、不利になろうと、それがルールなので、外野が言わないと変わることはないでしょう。

    投稿: 楕円球 | 2013年1月 3日 20:53

    準決勝だけ見ると、帝京の優位は揺るがない。体格差だけでなく、BKのキレもいい。
    でも、そう簡単にはいかないと信じたい。筑波の準決勝には甚だガッカリしたが、腸炎と国立不慣れの分かな(希望的観測)。次は変わる。
    レフリングは良かったですね。
    ノックオンかどうかは、NHKをみた感じで言えば、85%ノックオンだけど、そこをミスジャッジするかどうかは、個人的にはレフリングの良し悪しには関係ないと思ってるので。


    投稿: テルキー | 2013年1月 3日 17:15

     私はこの場面を国立競技場で見ていました。メインスタンドの下から10段目位で、ほぼ目の前でした。東海、筑波のファンでは有りませんが、間違いなく”ノックイン”でした。隣の見知らぬ観客も同じに見えました。何故レフェリーはアシスタントに確認せずに、トライを認めたのでしょうか?素晴らしい試合を見れただけに、残念に思います。決勝には東海大学が進めたはずです。

    投稿: 陶山和俊 | 2013年1月 3日 12:00

    dangerNHKの映像では、決勝点となったトライ前で、筑波にノックオンがあったように見えました。ただ、原田REF.と松岡A.ref.の二人が見逃すとは思えないので、、、
    まあ、アフタマッチの木村HCのコメントからはそんなこと微塵も感じさせないさわやかなものでしたねgood

    投稿: エリス少年 | 2013年1月 3日 11:25

    早稲田は戦術も中途半端それ以上に選手に
    覇気が全く感じられなかった。負けて当然。

    筑波VS東海はまるでラグビー漫画を見ている
    よう・・・実力や試合の流れは完全に東海だったのに・・・
    今大会制覇出来る運を感じます。
    どちらにしても昨年同様の白熱した試合期待
    します。やはり帝京の4連覇は固い感じは
    します。死角が攻守共見つからない

    投稿: カズ | 2013年1月 3日 08:27

    申し訳ない限りのコメントですが、色々ラグビーという競技がこのままではまずい、見ていて面白くないと感じました。①サッカーと比較して審判が目立ちすぎる競技になりました。審判が勝敗を左右する印象が強すぎる。そしてなぜ真紅のウェアを着ないといけないのかな。一番悪い言葉では「審判がスター気取り」。ともかく昔に比べて審判が目立つ。

    ②点が入りすぎる。サッカーは僅差の1-1とかで終わるように、ルールやゲーム運営が長年工夫されてきた(そして大成功した)と思います。どれだけせっても現在のラグビーは点が入りすぎ、緊張感がいちいちそこで途切れ、昔のように感動できない気がします。これがとにもかくにもの脳内感情の真実です。

    もちろんラグビーとサッカーは違う競技です。でも昔人気があった頃のラグビーは今のように審判が目立たなかったしともかくロースコアだったと思います。私はこれからもラグビーファンであり続けますが、少し熱意を落とそうと思っています。俳優が気張りすぎの芝居を見ているような、最近のラグビー観戦です。

    それから帝京の身体つくりは見事です。初優勝の頃とは特に今年は全然身体つきが違います。どうトレーニングをしたらあそこまでなるのか、マスコミの皆様の出番だと思います。広げていかないといけません。あと協会は、アンチドーピングについてどのような検査体制を敷いているのか、情報公開してほしいです。その点を情報公開して悪い事は、絶対に無いはずですので。

    投稿: トンガリキッズ | 2013年1月 3日 05:18

    勝敗に水を差すわけでは無いですが、最後東海のキックをチャージした後のもみあいで筑波がノックオンした様に見えたのですが、、、。
    どうだったのでしょうか。

    東海としては深めのキックオフでキックで陣地を稼げると踏んだのでしょうが結果論ですが
    キープしていれば・・・。とも思いました。

    いずれにしても筑波の執念が上回ったのでしょうね。

    投稿: ひかり | 2013年1月 3日 00:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56453615

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学選手権準決勝結果:

    » [rugby][sport]箱根駅伝&大学選手権準決勝 [枯れた芝生の匂い]
    年末の温泉&スキーで生活のリズムは乱れまくり。でも、2日は8時にはTVの前へ。で、先頭集団が多摩川を越える頃、国道15号へ向かう。大黒町入口交差点付近で順天堂ののぼりを持ったおぢさん集団の脇で待機。鶴見中継所を10位で通過したことを教えてあげると、「去年は久... [続きを読む]

    受信: 2013年1月 2日 21:03

    « 元日の花園&準々決勝組み合わせ | トップページ | 高校準々決勝結果&準決勝カード »