« トップチャレンジ1・第2節結果 | トップページ | 山田章仁選手を取材 »

大学決勝結果

13日は、国立競技場だった。午後1時からの全国大学選手権の決勝は、立ち上がりに両大学にミスが連鎖したが、徐々に帝京大学が攻勢に出る。自陣からでも攻撃を仕掛け、FW周辺、権、荒井の両CTBの縦を軸にボールを前に運んだ。対する筑波はタックル後のジャッカルでボールを奪おうとするのだが、帝京の2人目以降の寄りが素早く、逆に乗り越えられて、反則が多くなった。

前半14分、帝京SO中村のPGで8-3となった直後、筑波は、WTB彦坂が個人技でゴールラインに迫り、帝京の反則を誘ってPKを得る。正面近くだったので、PGで2点差に詰める手もあったが、タッチキックでラインアウトからの攻撃を選択。ここで反則をとられて切り返され、SO中村にトライを許して、15-3と突き放される。結果的にこの選択は試合の流れに大きく影響した。32分、筑波はWTB福岡がタッチライン際で自ら上げたショートパントをキャッチしてトライを返したが、前半は、22-10と帝京リードで折り返す。

後半の序盤、筑波に何度か挽回のチャンスが巡ってきたのだが、PKからのタッチキックをインゴールに蹴り込んでしまったり、ノックオンするなど、そのたびミスが出た。10分、帝京はFL松永のトライで、29-10。16分、SH流の素早いパスから流れるようなラインアタックでPR森川が右コーナーに走り込み、34-10とリードを広げた。筑波も、WTB彦坂がトライを返すなどしたが、時すでに遅かった。

試合後のお立ち台では、岩出雅之監督、泉敬キャプテンともに、興奮気味だったのが印象的。「(選手の動きは)最高でした!」と岩出監督。泉キャプテンも「ありがとうございます!感謝の気持ちでいっぱいです!」

記者会見では当然ながら、冷静に試合を振り返った。自陣から攻めることが多かったことについて岩出監督は、「筑波の両WTBはカウンターアタックの能力が高い、我々がそうしたプランを遂行できるようになってきたということです」と、チーム力が上がったからこそ、ボールを動かしながらキープできるようになった。それが筑波の良さを消すことにつながったことを説明した。泉キャプテンは、「対抗戦で筑波に負けてから、あの悔しさをエネルギーに変えようと言ってきました。筑波大学にさまざま学ばせてもらったことに感謝したいです」とコメントした。

敗れた筑波大の古川監督は、「頂点に立つ力がなかったです。誰一人、満足はしていません。ただ、学生の一年の頑張りは誇りに思っています」、内田キャプテンも「帝京が我々より強かったことが証明された試合。日本一を目指してきたので悔しいです。帝京は12月と接点の強さが全然違いました」と、ともに潔く語った。

四連覇は、大学選手権史上初。

■全国大学選手権決勝戦・結果
帝京大学○39-22●筑波大学(前半22-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップチャレンジ1・第2節結果 | トップページ | 山田章仁選手を取材 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    大学選手権の新方式、やはり消化試合が多く発生するのが問題でしょうね。
    セカンドステージ2位以上での準々決勝が日程的に無理なら、セブンズ方式が良いでしょう。
    12月第二週に、従来の様な16チームによるカップトーナメント一回戦実施。
    第三週に、一回戦勝者によるカップ準々決勝と、敗者によるボウルトーナメント準々決勝。
    第四週は、ボウル準決勝と、カップ準々決勝敗者によるプレートトーナメント準決勝のダブルヘッダーを東西で。カップベスト4のチームは調整休みの為、ある程度の集客は見込めるのでは?また、2敗したチームが次のステージ勝ち上がるのは面白みに欠けるし、経費や集客面も考えて、シールドトーナメントは実施せず(2敗したチームが、選手権から敗退するシステム)。
    1月2日に、例年通りカップ準決勝。
    原則1月第一土日(高校花園大会と重ならない日)に、プレートとボウルのW決勝戦開催。(新たな風物詩になるか?)
    第二日曜日に、カップ決勝戦と、その前座で3位決勝戦実施。
    現行方式以上に複雑になる為、ファンに浸透するまで3年位かかってしまうと思うが、消化試合はこで無くなることになる。

    投稿: 坂石町分 | 2013年1月18日 23:24

    録画してあるのですが仕事でまだみれてないです
    ラグビーウィクリーみました。
    帝京のフォワード素晴らしいかったですね
    これは将来の日本代表のフォワード像になるのでは
    まだちゃんとみてないですが
    NZ、FRAのFW屈強だけど早いですよね。

    そして、確かに今の帝京に勝てる大学はいないかもですね
    東海大が違うスタイルで上がってくると面白いかと思いますが。

    投稿: チビ丸 | 2013年1月15日 21:08

    サンスポで帝京の4年生の進路先が載っていましたが、トップリーグの強豪チームの名はありませんでした。意外。
    筑波の彦坂コンビはトヨタ自動車ということみたいなんで、頑張ってください。
    合わせて、新システムについて、一定程度の成功だが、制度の修正に前向きとの記事。どう改正されるか、楽しみに待つとします。

    投稿: テルキー | 2013年1月14日 20:43

    帝京大学の見事な四連覇達成、おめでとうございます。
    観客数も、1万5千人に届くかどうか心配していたのですが、両チームのファンが多数来場しての2万人超えで、なによりです。
    さて、この決勝戦、珍しく午後1時キックオフだったのですが、暖かくてとても観戦しやすかったです。
    真冬は、快晴で暖かい日でも、3時を過ぎると急激に冷え込んできますから。
    3時前に試合が終われば、まだしばらく明るいし夕食まで時間があるので、もう一ヶ所遊びに行くのに都合が良い。
    気温が低い日は、集客が落ち込む傾向がありますし(秩父宮は国立ほど陽が当たりませんし)、少なくとも年明け以降の一試合開催は、1時キックオフに統一した方が良いと思いますね。

    投稿: 坂石町分 | 2013年1月14日 10:59

    今日の国立はぽかぽかで観戦日和でしたね。
    帝京、見事な戦いぶりでした。 筑波は対抗戦の時の様な試合に持っていくことができませんでしたね。

    一番驚いたのは、試合後会場内の物販テントで4連覇の記念Tシャツが売られていたこと。
    スズキスポーツさん、強気だなって思いましたw

    投稿: だいゆ | 2013年1月13日 22:49

    帝京大学V4おめでとう。FW強いしBKは速い。強かった。次は日本選手権。トップリーグのチームに勝て(^-^)/

    筑波大学は初の決勝戦。よく頑張った(^-^)b

    投稿: nick | 2013年1月13日 22:20

    やると決めたことを確実に遂行した王者と、自らのミスと相手の圧力で勝つための手段を見失った挑戦者。残酷な程実力差のあるボクシングのタイトルマッチのように正視するのが憚られた。
    過去のいかなる強豪も未踏の4連覇は、日本ラグビーの世界的な地位にいかなる影響を及ぼすのか?人材育成・供給・ライバルのレベルアップ…等、強い影響力を発揮してほしい。時代が変わり、学生がジャパンのレギュラーを張るどころか、メンバーに選ばれることも稀だが、黄金期を築いたチームは後々ジャパンの核を担う強者を輩出してきた。
    釜石対神戸のチャリティマッチが共感を呼んだ一端には、オールドファンが神戸に「釜石に挑みつづけた同志社」のイメージを重ねたこともあるのでは?早稲田と関東学院のOB達はトップリーグやジャパンで切磋琢磨している。特定のライバルの不在が帝京の不幸なのか?対抗戦で負けても選手権で勝てばミッションはクリア?そんな単純な思考ではないと思うが、斜に見られがちである。早稲田や東海とてライバル足り得ていない(卒業後の活躍は東海OBの方が顕著だと思う)。
    来年も大本命だろう。他のチームが実力差を埋める手立ては見つかりそうにない。

    投稿: えいじパパ | 2013年1月13日 21:58

    引き続き申し訳ありません。
    筑波を日本代表と仮定して
    トップリーグを強豪国とする
    筑波メンバーがあと2年同じで
    エディーが監督をする。2年後
    トップリーグ8位までに入るでしょうか?
    今の代表はこのような状況ではないでしょうか?
    結論から言えば難しいでしょう。でもこれが
    帝京なら可能かもしれません。

    今日解説の薫田氏後半元気なかったですね
    やはり母校に優勝して欲しいくちぶりでした。

    投稿: カズ | 2013年1月13日 21:56

    本試合に関しては、帝京BKが横展開すれば
    点差は開くであろうと予想していました。
    東海大が決勝にきても同じ結果であったと思います。
    ここまで強いチームを作った岩出監督
    実践した選手には敬意を表します。
    ただそれとは裏腹にラグビーファンやめたくなりますね。
    日本代表に話しを戻すと、代表が強豪国に対して、今日のような帝京みたいな
    戦い方をしないと結局勝てないという事実が今日理解出来ましたから・・・
    帝京の4連覇はラグビーというスポーツは結局
    強力なFWなしに・・要はブレイクダウンを制しない限り勝つことが
    出来ないということを証明してしまった訳です。
    これからエデイーJAPANがやろうとしている
    フィットネス向上、パスのスキル、後半のアタック向上等も小手先にすぎず、
    代表がWCで決勝トーナメントに進めるには根本的なことから
    変えなければ難しいでしょうね!
    簡単に言えば、身長2m 体重120kgの選手が50mを6秒前半で走る。
    そのような選手が代表に5人いるとか・・スーパーアスリートを
    発掘し育成していくシステムがないとラグビー
    自体発展していかないでしょう。
    協会も欧州遠征2勝で満足せず、
    次回WC本当に南アフリカやスコットランドに勝てるのか真剣に考えて頂きたいです。

    投稿: カズ | 2013年1月13日 21:47

    いい試合だったと思います。それにしても、帝京のFWの強さは見事でした。
    筑波が人数を掛けるうちにBK展開。筑波の良さを出させない試合運びだったと思います。
    審判は相変わらずでしたが。。。。。
    試合後の、監督、主将のコメントも聞いていて気持ちのいいものでした。母校でないのが
    残念ですが。(苦笑)
    早いですが、来年、打倒帝京を果たせるのはどこの大学か今から楽しみです。
    明治の復活を願っていますが、関東学院も今は臥薪嘗胆の時期でしょう。
    決勝の観衆2万は少ないですね。また、協会がおかしなことを考えないことを願うばかりです。

    投稿: 楕円球 | 2013年1月13日 19:23

    帝京大学は今の大学ラグビーの中で一番管理された生活を送っているんでしょう。デカい、強い、速い。そこに屈強な助っ人までいるのだから、ちょっと手に負えない。
    他の大学はいい加減、真剣に帝京の背中を追わないと、帝京の一強では、一番人気のある大学ラグビーからさえ客は離れていくよ。

    投稿: テルキー | 2013年1月13日 16:07

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56531067

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学決勝結果:

    « トップチャレンジ1・第2節結果 | トップページ | 山田章仁選手を取材 »