« 5日は50年ぶりの決勝戦も | トップページ | TL最終節結果&今後の組み合わせ »

高校準決勝結果

5日は、全国高校大会の準決勝だった。東大阪市の花園ラグビー場は準々決勝の入りよりは密度が薄かったが、それでも1万人以上の観客が詰めかけた。

第1試合は、スケールの大きなチーム同士の好勝負が期待されたのだが、キックオフ直後から何度もディフェンスを破った常翔学園が勢いに乗って攻め続けた。前半8分、LO高本のトライを手始めに計9トライの猛攻だった。

注目の重一生はFBで先発し、腰の安定したステップワークで次々にタックラーを振り切った。22分、自陣22メートルライン内で相手ボールを奪い(ジャッカル)、一気に抜け出したプレーは圧巻だった。久我山は大型FWで圧力をかけることができなかった。「練習してきたことを、全部出し切ってくれた。100点満点です」と常翔学園の野上監督。1998年度大会以来の決勝進出に手ごたえをつかんでいた。

第2試合は、御所実業の鉄壁のディフェンスを茗溪学園の展開ラグビーがどう破るかに注目が集まったのだが、御所の多彩な攻撃力が光る内容となった。前半10分、モールを押し込んでSH柏原がトライすると、13分には、茗溪のキックの処理ミスをついてトライ。茗溪WTB大芝にトライを返されたが、モールで縦に崩したかと思えばワイド展開と、プラン通り着々と加点した。

茗溪SH大越は、「御所はブレイクダウンに人数をかけてくると思ったけど、そこを捨てて横に広がっていた。僕らは横に動かしているだけになった。パスのコースにも入って来るし、素晴らしいディフェンスをされたと思います」と相手を称えた。

御所が最終的に8トライを奪う快勝だった。「生徒たちが一年間やってきたことを最後までやり通してくれた」と竹田監督。全身全霊をかけて育てたチームが決勝に進出し、「あとは楽しんでくれれば」と笑顔を見せた。試合後は、お互いのチームが花道を作って送り出すさわやかな交流もあった。点差は開いたが、互いの持ち味が交錯する面白い内容だった。

決勝戦は、1月7日、午後2時より、常翔学園対御所実業というカードになった。

■全国高校大会準決勝結果
國學院久我山●0-57○常翔学園(前半0-26)
御所実業○48-17●茗溪学園(前半15-7) 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 5日は50年ぶりの決勝戦も | トップページ | TL最終節結果&今後の組み合わせ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    花園まではちょっと行けないので、秩父宮トップチャレンジ1での珍プレーを3つご紹介します。
    ①何処からともなく鳩5羽がグラウンドに飛来。
    のんびりと、残り半分となった秩父宮の芝生をついばんでおりました。
    ②第二試合の前半戦、タイムキーパー制の試合時間を表示するデシタル時計が、2分遅れているとのアナウンスが。
    ③関東協会主催試合なので、例によってスピーカーの音量が日本協会主催試合の約3分の1程。故に、反則の種類やトライした選手の背番号のアナウンスが、たまにしか聞き取れず。久し振りに聞こえたと思ったら、『コカコーラウエスト、トライです』と、明らかに13番の選手が抜け出してのトライなのに、背番号のコール省略。音量をしぼって電気代節約しようとの意図なのでしょうが、これは有料試合なんですが・・・

    投稿: 坂石町分 | 2013年1月 6日 22:20

    今大会の花園、JSPORTSにて初めての観戦でしたが、常翔学園の選手たちの体型の良さにビックリ!リトル帝京のようでした。ユニフォームも似てましたが、強さも半端じゃありませんでしたね。

    御所も強そうなので、決勝戦が楽しみです。

    投稿: トーシロ | 2013年1月 6日 11:47

    TBSでダイジェスト放送やってましたね、偶然途中から見れました。失礼しました。
    コベルコトライジェネレーションかなんか、何の番組かわからんタイトルだったので、探しきれなかったのも無理はない??
    それまでは、高校ラグビーハイライト、というまっとうなタイトルだったわけで、連続性もないし。
    さておき、久しぶりに関西が強い花園。決勝戦も好ゲームを期待します!

    投稿: テルキー | 2013年1月 6日 10:07

    関東でも準決勝はTBSも深夜にダイジェストを放映しますね。準々決勝まではtvkなどローカル局がフォローしてくれてます。が、世間一般へのアピール度は低いです。やっぱりライブで地上波に乗らないと、コアなファン以外には魅力が伝わらない?
    JSPORTSの有料放送を見られない私は秩父宮へ。トップチャレンジは予想外の結果でした。コーラは最大22点差を相手の2度のシンビンにも乗じて大逆転で勝ち点5。大量リードされた時は、九州で手応えのある相手に恵まれず、力が落ちたのかと思いきや、見事ゲームを支配しました。ただ互いにミスや反則が多く、大味な試合でした。クボタがラストプレーでゴール正面のペナルティを得た時、勝ち点2を取りにトライを狙うかと期待しましたが手堅くショットで勝ち点1をあげました。これが最終順位にどう響くか楽しみですね。
    豊田織機も劣勢を終盤に跳ね返して逆転勝ち。三菱重工は最後までペースを保てませんね。後半途中にシェーンが入っても、流れは変わりませんでした。織機のSOジェラートは後半冴えてましたね。あれだけデカイSOとさらに重さのあるCTBヴァカを止められなくなって、重工はこらえきれず勝ち点ゼロ。
    スタンドで気になったのはあるチームの応援団の中で相手やレフェリーにいちゃもんや非難を繰り返す人たちがいたこと。ヤジでもユーモアがあればいいけれど…。

    投稿: えいじパパ | 2013年1月 5日 21:42

    えっ!?常翔vs久我山はこんなに差がついたの?まだ録画をみてないけど、久我山無得点は更に驚き!?

    投稿: nick | 2013年1月 5日 20:02

    二試合とも意外な大差ですね、って、関東地方ではダイジェスト放送すらない……
    早稲田、明治にあらずんばラグビーにあらず。
    1000年の時を超えた平家思想が関東には根づいているのか……
    高校サッカーはある程度、日テレが責任を持った放送をしているが……
    深夜に録画放送を流すくらいはできるんとちゃいまっかね?

    投稿: テルキー | 2013年1月 5日 18:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56474734

    この記事へのトラックバック一覧です: 高校準決勝結果:

    « 5日は50年ぶりの決勝戦も | トップページ | TL最終節結果&今後の組み合わせ »