« 山田章仁選手を取材 | トップページ | リーチ&女子7人制日本代表 »

最後の講義

16日の早朝、東京から母校・大阪体育大学に向かった。坂田好弘教授の最後の講義「国際スポーツ論」を聴講するためだ。36年間の教員生活最後のテーマは、「奇跡のノーサイド」。取り上げた人物は、名指導者・大西鐵之祐さんだった。

最後に、現役時代の日本代表監督・大西先生を語る。坂田先生らしい思った。教室を埋めた約170人の学生は何を感じただろう。一人でも二人でもいいから、大西先生に興味を持ってその著書を読み、自分が没頭するスポーツの中に生かしてほしいと願った。

坂田先生は、昔の映像など使いながら、なぜ当時の日本代表が世界の強豪と好勝負ができたのか、大西先生は選手にどんな言葉をかけてモチベーションを高めたのか、試合前のロッカールームで何をしたのかなど淡々と説明した。

「死ぬ気がないなら、ジャージを返してくれ」。そう言いながらジャージを手渡されたら身震いするだろう。「お前がええんや。お前がええ理由があるんや。俺を信じろ」とメンバー入りを告げられたら命がけで戦うだろう。大西鐵之祐の言葉には血が通っている。いつ聞いても心を打たれる。将来指導者になる学生も多いだろうから、何かを感じてくれていればいいなと思った。

坂田先生にうながされて、僕も少しだけ教壇に立って話をさせてもらった。僕が言えるのはひとつだけ。大学時代は、いま取り組むスポーツをとことん突き詰めてほしいということだ。そのことが、どんな道に進もうが、将来必ず役に立つ。

先生は最後に出口で立ち止まり、しばし教室を見つめていた。僕にはそれが、引退を決意し、タッチラインをまたぐのをためらうベテラン選手のように見えた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 山田章仁選手を取材 | トップページ | リーチ&女子7人制日本代表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私のラグビーとのかかわり(小学校時代から)を振り返ってみると、やはり日本代表で活躍していた坂田さんがいて、その当時の監督だった大西先生がいて、そして早稲田ラグビーに行きあたった、という感じでしょうか。
    まだ指導をされていた大西先生に、クラブのチームでしたが、指導をしていただいたことを思い出すとともに、近鉄vs早稲田の1975年日本選手権決勝を思い出しました。あの試合で坂田さんは現役引退をしたと記憶していますが、教員として退職されても、日本ラグビーの発展にご尽力いただきたい気持ちでいっぱいです。

    投稿: HIRO1957X | 2013年1月21日 10:10

    「ちょっとした事に感動し、命がけでそれに取り組んでいく、私はそのことを純粋感性と言ってるんです」

    大西先生が生前言われてたことを思い出しました。
    この人について行こう
    改めて、そんな気持ちにさせる人だったんですよね、大西鐵之祐さんという人は。

    投稿: kerikeri | 2013年1月18日 10:31

    私も出会った人達にほんのちょっとだけでもラグビーの素晴らしさを伝えられたらいいな(^-^)b

    村上さん。これからもラグビーを素晴らしさを多くの人に届けてください(^-^ゞ

    投稿: nick | 2013年1月17日 19:40

    目頭が熱くなりました。大西先生の著書は岩波文庫を読んだだけですが、日本ラグビー界の偉大な監督として多くの方に影響を与えておられますね。
    伝説の日本対イングランド戦(6-3で負けたが、その後多くの興奮した観客がグランドに入ってきた試合)の試合前のロッカールーム。監督がグラスを落として割って、「死んで来い」っていうシーンを思い出しました。昔スクールウォーズのドラマのシーンで見たような気がします。

    投稿: 岡山スポーツファン | 2013年1月17日 15:50

    人生でどれだけ素晴らしい人に出会えるかで幸せかどうかが決まるのだと思います。

    坂田先生は大西先生に出会えてきっと青春の血を熱く滾らせてもらったんだろうと思います。

    私などは足元にも及びませんが、出会う人に少しでもいい影響を持ってもらえる人間になるよう、これからも精進していきたいです。

    坂田先生、お疲れ様でした。

    投稿: kerikeri | 2013年1月17日 10:28

    恩師の最後の講堂に居合わせることとなったのは
    因縁なのか 楕円球の気まぐれか...
    否々、やはりその星の下にあつたのですね。
    講堂での指導を終えられ、これからは一挙一動凡てが万人への導きとなります。
    村上さんは 今後とも その伝道師としての任をお願いいたします。

    投稿: ナベゾ | 2013年1月17日 05:42

    坂田先生、お疲れ様でした。村上さん、偉大な先生の最後の教壇にあがらせてもらえて幸せですね。
    日本ラグビーを応援、もりあげていきましょう。ジャパンが南半球、五ヵ国のどれかにワールドカップで勝つ日を祈ってます。

    投稿: シノ | 2013年1月17日 02:25

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56557352

    この記事へのトラックバック一覧です: 最後の講義:

    « 山田章仁選手を取材 | トップページ | リーチ&女子7人制日本代表 »