« 花園3日目 | トップページ | 大学選手権準決勝結果 »

元日の花園&準々決勝組み合わせ

皆さん、あけまして、おめでとうございます。
今年も、コツコツ書いていきますので、よろしくお願いします。

201301011

1月1日は、全国高校大会3回戦の8試合が行われた。12月30日の2回戦とは打って変わって青い空が広がる花園ラグビー場は暖かく感じた。試合の方は朝一番から白熱。僕は、日本代表の田中史朗選手と一緒に伏見工業対深谷の試合を解説したのだが、深谷のSO山沢が滞空時間の長いハイパントでいきなり驚かせてくれた。思いきりよく前に出る深谷は、NO8葛野のトライで先制し、なおも攻勢に出た。伏見工業はなかなか自陣から出られない。前半終了間際に、CTB西田がようやくトライを返したが、結果的にはこれが大きかった。

後半は伏見工業がFB松田の大幅ゲインなどでチャンスを作ってリードを広げたが、トライ後のコンバージョンゴールが決まらず、突き放せなかった。深谷は山沢のラインブレイクで攻め込み、後半26分にモールからトライ。山沢が難しいコンバージョンを決めて、19-18と逆転に成功する。解説席の田中選手も母校が「負けたと思いました」と覚悟を決めた。しかし、直後のキックオフで、伏見工業は前に出てミスを誘い、BKがつないで、WTB尾崎のパスを受けたWTB奥村が逆転トライをあげた。「FWが食い込まれたて苦しい試合だった。このチームには勝負強さがある」(高崎監督)。ジュニアジャパンのメンバーでもあるFB松田は、足に怪我を抱えながらのプレーなのだが、ここ一番では思い切って前に出た。万全であればさらにスピードが上がると考えると、本当に才能豊かな選手だ。

敗れた深谷も立派な試合だった。高校屈指のSO山沢はここで姿を消すことになったが、筑波大学に進学するようなので、大学での活躍にも期待したい。写真は、解説直前の田中選手。Tシャツの胸の「関西会」とは、パナソニックの関西出身者で作る会。田邉選手や三宅選手あたりが軸。

201301012

この試合と並行して行われていた東福岡と尾道の試合も大接戦になったようだ。最後はインジュリータイムに東福岡が逆転トライをあげたという。御所実業と桐蔭学園も、桐蔭学園が自陣から連続攻撃をしかけ、御所実業がディフェンスをする我慢比べみたいな試合だった。最終的には、御所の1年生WTB竹山の60メートル独走トライもあって、27-17という御所の勝利だった。「ディフェンスが精一杯で足が動いていなかった」と御所の竹田監督も課題を多く口にした。竹山選手の将来楽しみだ。このほか、茗溪学園、國學院久我山、常翔学園、秋田工業、石見智翠館が地力の差を見せつけて勝ち上がった。そして、抽選会の結果、1月3日の準々決勝の組み合わせは以下のように決まった。

■準々決勝 1月3日
國學院久我山 対 石見智翠館
東福岡 対 茗溪学園
常翔学園 対 伏見工業
秋田工業 対 御所実業 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 花園3日目 | トップページ | 大学選手権準決勝結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    伏見対深谷をTV観戦しました。山沢君はいい。ワラヒーズのクーパー選手やビール選手のようなスケールの大きな選手になってほしい。伏見は大型化して逆にらしさがなくなったような。でもいい試合でした(^-^)b

    村上さん、全国のラグビーファンの皆さん、あけましておめでとうございます。

    今年も日本ラグビーを応援していきましょう(^-^)/

    投稿: nick | 2013年1月 1日 17:29

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56444744

    この記事へのトラックバック一覧です: 元日の花園&準々決勝組み合わせ:

    « 花園3日目 | トップページ | 大学選手権準決勝結果 »