« ラガール・トークライブ | トップページ | TLセミファイナル他20日の結果 »

TL準決勝結果&お知らせ

いつのまにかブログのデザインが変わっていると思った人が多かったかも。デザインのリニューアル案をJSPORTSのスタッフの方からいただいたとき、とても気に入ったので、変更が楽しみだった。2005年のスタート時以来の変更なので、新鮮な気持ちになる。これからも、ほのぼの書いていきたい。

トップリーグのプレーオフ準決勝が、秩父宮ラグビー場で行われた。きょうは会場に行くことができなかった。映像で見る限り、サントリーの攻撃の精度が高く、ディフェンスする時間が長かった神戸製鋼が力尽きたように見えた。

神戸製鋼にとっては、ジャック・フーリーが万全ではなく、80分間出られなかったは痛かったが、キックチャージからの前川のトライもあり、勝機はあった。トライを獲れそうな場面でミスを犯してトライできなかったのが惜しい。

しかし、サントリーのアタックはよく鍛えこまれている。流れが悪かった前半に、日和佐、ピシのHB団を投入した思いきりの良さにも感心させられた。ピシのスピードと高いランニングスキルは、試合終盤で疲れたタックラーには止めるのが難しかった気がする。現代ラグビーのルールは、攻撃側有利だということを再認識する試合内容だった。神戸製鋼のラインディフェンスは、外側の選手が前に出てパスコースを抑えていたし、サントリーのオフロードもほとんどの場面ではコースを消していた。その粘りは感動的だったが、ボールに絡むのが難しいルール下では、守りきるのは難しい。

■TLプレーオフ・セミファイナル土曜の結果
サントリーサンゴリアス○38-19●神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半9-19)

先日のブログ「最後の講義」でも触れたが、大阪体育大学の坂田好弘監督が勇退し、新しい監督の発表が、1月17日(木曜日)にあった。正式就任は、4月1日より。監督に内定している中谷誠さんは、大体大OB。近鉄、関西代表などでFW第三列として活躍し、近鉄ライナーズの監督も務めた。すでに退社して浪商学園の職員となり、今回の監督就任となる。
監督内定者:中谷誠(昭和57年度卒業・浪商学園職員)
部長内定者:中井俊行(昭和60年度卒業・大阪体育大学教員)
尚、坂田好弘部長・監督は、平成25年度より、エグゼクティブ・アドバイザー(Executive Adviser)に就任する。

お知らせ◎僕が大好きな劇団で、ラグビー仲間であるZipangustageがライブを行います。今年設立20周年を迎えるZipangustageの今までとこれからをテーマに朗読、コント、漫才等々笑いと愛が満載のステージをおたのしみください。
******************************
Zipangustage創立20周年前夜祭イベント
『過去と未来』
2013年2月1日(金)19:30終演後懇親会あり
2013年2月2日(土)14:00
2013年2月2日(土)18:00終演後懇親会あり
http://members.jcom.home.ne.jp/zipangustage/zipangu/nextplay/Nextplay-event2013.html
会場:Studiofour(スタジオフォー)
豊島区巣鴨4-42-4 03-3918-5944
山手線 巣鴨駅より徒歩15分
都電 庚申塚駅より徒歩3分
http://www.h3.dion.ne.jp/~studio4/access.htm
チケット 2,000円
懇親会  2,000円
************************
笑いと愛に包まれほっこりと冬の一日をお過ごしください。
ご参加心よりお待ち申し上げます。

ご予約は、bunchou@jcom.home.ne.jp
042-421-0406(文鳥舎 佐藤)まで。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラガール・トークライブ | トップページ | TLセミファイナル他20日の結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今年、JSPORTSの解説で村上さんが「ストラクチャー」と「アンストラクチャー」の話を何度かされていたと思います。

    サントリーと神戸製鋼は、昔からずっと「ストラクチャーラグビー」と「アンストラクチャーラグビー」の対決ですよね。

    僕は神戸製鋼のようなアンストラクチャーのラグビーが好きなんですが、最近のディフェンスシステムがかなり整備されてきたラグビーでアンストラクチャーの難しさを感じてしまいます。

    より高度なスキルと能力がないと、すぐ単調になってしまって難しいんじゃないかと。

    何度かフォワード周辺でフェーズを重ねた後、バックスに展開して何の工夫も感じれずターンオーバーされるというシーンが、3強と対戦するときに神戸製鋼に近年ずっと見られるような気がします。

    サントリーであれば、たぶんそのようなシーンも決め事をしっかり遂行するんだろうなぁとか思いながら。

    今年は苑田コーチが攻撃の選択肢(サインプレー)を前年より絞り込んだと言っていましたが、その影響なのか、例年よりもストラクチャーラグビーっぽく感じられました。

    まぁどちらのシステムが優れているというわけじゃなく各チームの成熟度の問題なんでしょうけど、来季は神戸製鋼も今年よりも更に少し「ストラクチャーラグビー」に近づくんじゃないかとシーズン終盤の試合を見ての印象でした。

    3強に対して、グラント、ウィング、フーリーのフロントスリーがどんなアタックをするのか見てみたかったですね。

    投稿: 30代イクメンパパ | 2013年1月23日 10:57

    経験者の立場から言うと、
    ピシ選手のように上手(うわて)のランナーに走られるときってのは、DFは、ばっちりタックルに入れる位置にいても、実は、体(たい)が崩されてることが多いんですよね。
    僕なんかは、低いタックルが比較的得意ですが、自分より早いランナーと1:1で対峙したときは、まず低く入ることは不可能です。上体が起きてしまうんですよ、どうしても。低いままなら、追いつけないです。

    なので、そういう相手には、1:2とか、1:3の状況を創る必要がありますが、いかんせん日和佐選手の動きがまた曲者で、なかなか1:1以下の状況を作れないんですよねえ。悩ましいトコロ。

    投稿: かもめのJONA | 2013年1月23日 02:49

    前のコメントで、
    松尾→松岡
    平岡→平岡
    になってしまってました。誰やねん、と思われた方、失礼しました。
    ラグビー人気のためには日本人スターが必要です!
    ものすごい強い、か、ものすごい速い、か。

    投稿: テルキー | 2013年1月21日 19:07

    サントリーには前半リードされてもバタバタと浮き足だつことなく、「自分達の戦いを貫けば負けないんだ」という自信、築き上げてきたチーム哲学を感じます。

    想定通り後半に逆転。フィットネスの差も加わり差が開きました。

    神戸製鋼は食い下るための唯一の切り札、ジャック・フーリーが後半まで持たなかった時点で打つ手がなくなりました。
    今季、フーリーなしで果たして4位があったのかどうか。

    ここ数年、神戸の試合は特定の選手の個人技(フーリーの超人的な動き、山下のタックル、等)以外、「また見たい」と思わせるプレーがなく、チームになっていない印象を受ける。

    トゥシ・ピシの2トライ。確かにピシは素晴らしいランナーですが、バッチリタックルに入れる位置に追い詰めながら、お決まりのような「上体を掴みに行きハンドオフで突き飛ばされトライ」。高校生ラガーマンに笑われちゃいますよ、こんな取られ方。

    投稿: とぅいがまらー | 2013年1月21日 11:44

    私も神戸ファンですが、

    まあ、サントリーが層の厚さで上回った印象ですかね。HB団がごっそり入れ替わっても、前後とも世界レベルなんですから。
    ピシ、ライアンのブレイクを陣形を崩さずして止められるのは、国内では、グラント、ウィング、フーリーのフロント3を擁する神戸だけでしょうね。でも、ウィングは欠場、フーリーは途中退場・・・

    攻撃の要、マパカとフーリーを欠いていれば、別チームなわけで、仕方ない面はあると思いますね。

    フルメンバーなら、十分勝機があると思います。

    投稿: かもめのJONA | 2013年1月20日 19:05

    当面はサントリーと帝京の時代なんでしょうね。特定のチームが強いと、日本のラグビーはダメになる、という論調が見受けられますが、そんなことはないでしょう。
    釜石、神戸が7連覇しても人気があった。
    問題は、そのチームに華があるか。誰にでもオッと思わせることができるスターがいるか。
    松岡、平岡のように、それは日本人でないといけない。サッカーと違って、ラグビーの海外選手については詳しくないから、大半の日本人にとっては、SBWとか言われてもピンと来ない。
    そういう意味では、強力な外国人を誘致して、日本人が目立ちにくくしてる環境を作っていることは、ラグビー人気を上げない効果があるのかもしれない(強い外国人にもまれて強くなるからいい面もあるが)。

    投稿: テルキー | 2013年1月20日 07:53

    サントリーの強さには凄みがありました。ジャック・フーリーがいるいないよりも総合力に大きな差があるように思われます。後半の序盤から中盤にかけて数分間継続したプレー後にガクンとプレーの質量が落ちた神戸と逆にプレーの特にアタックの精度を相対的に上げたサントリーの差は大きかったと思います。年間を通した練習の質量、選手層の厚み、目標の高さ等、大きな差を感じました。
     ただ、本日のサントリーは決定的なゲインをジョージ・スミスとトゥシ・ピシの二人に頼ってしまっていたのが少し残念ではあります。決勝は東芝・パナどちらが出てきても楽しみです。

     あと、ブログとても読みやすくなりました。今後とも頑張ってください。

    投稿: 青高OB | 2013年1月19日 23:59

    28年来の神戸ファンには寂しすぎる結果。前半は最終節と同じシンビン。その間にリードを拡げて期待が膨らんだが、後半のファーストタックルのミス連発と全く形にならないアタックで万事休す。
    大友信彦さんが「フーリーが後半までピッチに立っていれば負けない」統計を書いていたが、後半途中交代でもダメ。開始早々、フーリーらしくないいきなりのノックオン。焦ったのかペナルティも連発。ディフェンスはまだしもアタックは不発。逆に言えばフーリー頼りのシーズンだったなぁ。
    他にもケガ人多すぎ。パスカ、ウィングの二人は痛すぎ。ブラッキーがファイトしてくれたけど、グラントを使いたかったなぁ。猿渡もおらず司令塔不在だった印象。今シーズン働けなかった木津は途中で入って10分程で負傷退場。相手の真壁主将が神戸をフィジカルなチームと発言していたが、最終節も今日も倒れるのは神戸ばかり。
    若手で南橋が抜擢されたけど目立たずじまい(帝京OBルーキーは森田もサントリー戦でチャンス逃したし…)。逆にサントリーの西川(我が母校OBガンバレ!)や村田は今シーズン成長したなぁ。層の厚さの違いを見せつけられた。
    ベンチワークも凄い。ハーフ団を前半で見切った(選手層の厚さ故ではあるが)。大久保HCはエディさん同様リザーブとともにピッチサイドにいる。ちょっとしたミスでもリザーブから「ディシプリン!」と声がかかる。一体感が素晴らしい。勝てないよ、これは。
    腹立ち紛れに「ライアン、そこからコンバージョン決められるんやったらサモア戦で決めてくれよ」と憎まれ口も叩きたくなったが、4歳の息子が「サントリーすごかったね!」と興奮してましたし、6歳の娘も試合前に畠山選手に声をかけて微笑んでもらえて喜んでいたので良しとしましょう。
    今日もまた鳩が芝をついばんでました。近鉄応援団の「鳩ケア〜ッ」って、ヤジを思い出してまた笑えました。鳩が毎回来てくれるけど、客数少なすぎ。バックスタンド結構埋まったと思ったけど、6,166人ってどういうこと?

    投稿: えいじパパ | 2013年1月19日 23:55

     これで、サントリー、パナソニック、東芝と関東勢だけになってしまいました。大学も最後は関東勢ばかり。

     2019年ワールドカップ日本大会に向けて、日本中にラグビーを普及させたいはずなのに、関東一極集中の是正が急務だと思いますけどね~。

    投稿: トリック | 2013年1月19日 23:39

    64分サ28神19のサ陣内ペナルティの時なんでPG蹴らないんだろうと思いました。
    48分のサントリーのスクラム選択も?と思った。
    これは上手くいったけど(笑)

    トライを取りに行ってるのはわかるのですが… スーパーラグビーの見過ぎですかね(笑)

    オフェンス有利のルールかぁ
    なるほどですm(_ _)m

    投稿: けんじ | 2013年1月19日 23:05

    ブログとても見やすく気に入っています。
    ピシとスミスのWループ、守り疲れた神戸には厳しかったです。
    あの時間帯にああいうプレーをできる攻撃スキルと選手層、サントリー揺るぎなし。

    投稿: パパっち | 2013年1月19日 20:58

    やっぱりサントリーサンゴリアスは強かったですね。前半は神戸製鋼が19対9とリードしたものの、後半はサントリーの 一方的な攻撃になりましたね。フーリーの体調が万全でなかったのは、敗因の一つでしょうが、防御だけでなく、攻撃力の強化に神戸はもっと力を入れなければならないでしょうね。
    話は違いますが、オールブラックスのホームページに、2013スーパーラグビーのプレシーズンマッチの試合予定が掲載されていました。好ゲームが期待される試合がありそうです。今年もシーズン開幕が近付いているのですね。大いに試合を期待してみていきたいと思います。

    投稿: naranojiiji | 2013年1月19日 20:38

    録画でみました。サントリーは小野選手とデュプリア選手が不調でも替わって入ったピシ選手と日和佐選手が流れを変えた。選手層が厚い。そして後半のフィットネス。やはりサントリーは強かった。

    神戸はペナルティとタックルミスが痛かったし、フーリー選手の途中交替も痛かった。

    試合はサントリーが勝ったけど神戸の粘りもあって面白かったです。

    あと雪かきを頑張ってくれた学生の皆さん。お疲れ様でした(^-^)b

    投稿: nick | 2013年1月19日 20:05

    村上さんこんにちわ~。
    私はfirefoxを使っているのですが、「なんかレイアウトが変~」と思ってInternetExplorerで見てみたら、かわいいクマがいるじゃないですか!!
    これからはこのブログを見るときはIEでみようかな。
    さて、今日はとても暖かで観戦日和でした。ピシはキレキレで大活躍でしたね~。でも、何名かの選手がスリップしていて観ていて心配でした。
    大野均さんも観戦(偵察?)にきていましたね。ファイナルで対戦できるでしょうか?明日も楽しみです。

    投稿: ねこぷ~ | 2013年1月19日 19:44

    ブログ見やすくなりました!
    神戸製鋼はジャック・フーリーが、変わってから攻守ともに、決定力が無くなったように思いました80分出ていたら最後まで接戦で、楽しめたのかな?
    大体大は、近鉄OBが、監督になり(知り合いのSHが来年はいる)、ので応援します。

    投稿: しお | 2013年1月19日 19:43

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56578043

    この記事へのトラックバック一覧です: TL準決勝結果&お知らせ:

    » トップリーグプレーオフ サントリーvs神戸 [銀杏(いちょう)の並木道]
    サントリー 39 - 19 神戸製鋼 風はなく、寒さも数字の割には厳しくは感じま [続きを読む]

    受信: 2013年1月19日 23:53

    « ラガール・トークライブ | トップページ | TLセミファイナル他20日の結果 »