« 日本代表2013年度第一次メンバー | トップページ | ラグマガ4月号&Rクリニック »

ジュニア・ジャパンPRCメンバー

日本ラグビーフットボール協会が2012年度より実施している若手選手育成プログラム「ジュニア・ジャパン」が、IRBパシフィックラグビーカップ2013(PRC)に出場する。そのメンバーが決定した。高校王者の常翔学園から重一生や、深谷の山沢拓也、伏見工業の松田力也など、高校生も選出されている。3月は、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチ、日本代表テクニカルアドバイザーのスコット・ワイズマンテル氏が帯同する。

PRCとは、NZ、オーストラリアのスーパーラグビーチーム、フィジー、トンガ、サモアの若手チームが参加する新しい大会で、パシフィック・ネーションズカップのジュニア版。ジュニア・ジャパンの初戦は、オーストラリアのブリスベン・アカデミー戦(3月12日)、4月7日のハリケーンズ・ディベロップメント戦まで6試合する。2015年、2019年のワールドカップに出場する可能性のある選手に高いレベルの試合を経験させるのが狙い。スーパーラグビーで試合出場機会の少ない選手や、これから各国代表を狙う選手との試合は選手の成長にはまたとない機会となる。以下のメンバーは遠征に行く選手で、スコッドはバックアップメンバーも含めて50名選出されている。

■FW:16 名
北川賢吾(同志社大学2 年)、平野翔平(東海大学1 年)、坂手淳史(帝京大学1 年)、太田春樹(近鉄ライナーズ)、柴田和宏(リコーブラックラムズ)、山本幸輝(近畿大学4 年)、三上匠(東海大学4 年)、姫野和樹(春日丘高校3 年)、北川勇次(パナソニック ワイルドナイツ)、宇佐美和彦(立命館大学3 年)、村田毅(NECグリーンロケッツ)、堀江恭佑(明治大学4 年)、徳永祥尭(関西学院大学2 年)、西内勇人(法政大学2 年)、佐々木隆道(サントリーサンゴリアス)、山本浩輝(筑波大学2 年)
■BK:14 名
小川高廣(日本大学4 年)、重一生(常翔学園高校3 年)、山沢拓也(深谷高校3 年)、森田洋介(NECグリーンロケッツ)、福岡堅樹(筑波大学1 年)、中靍隆彰(早稲田大学4 年)、林泰基(パナソニック ワイルドナイツ)、野口裕也(パナソニック ワイルドナイツ)、村田大志(サントリーサンゴリアス)、トニシオ・バイフ(天理大学3 年)、藤田慶和(早稲田大学1 年)、竹中祥(筑波大学2 年)、松田力也(伏見工業高校3 年)、笹倉康誉(パナソニック ワイルドナイツ)

ヘッドコーチ:遠藤哲、コーチ:中瀬真広、ストレングス&コンディショニングコーチ:村上貴弘、甲谷洋祐、ドクター:川崎隆之、トレーナー:二橋元紀、総務:勝田譲

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表2013年度第一次メンバー | トップページ | ラグマガ4月号&Rクリニック »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    Jr.JAPANではサントリー佐々木選手が最年長なんですね。早稲田佐々木組がトヨタを撃破した日本選手権。会場でその試合をみた私。そりゃ私も年をとるわけだ(笑)。頑張れ〜佐々木選手(^o^)/

    投稿: nick | 2013年3月 6日 19:16

    なるほど。関西の大学生には将来が嘱望されている選手がこんなにたくさん、いるんですね!

    勉強になりました。うれしい限りです。

    これなら来年は、筑波には勝てないかもしれないけど、明治や慶応や東海には楽勝できそうですね!
    (あるわけない。絶対ヘンだって。平みたいな選手は例外中の例外だよ。)

    投稿: テルキー | 2013年3月 2日 13:24

    「世界に通用する‘何か’を持っているか、あるいは通用する‘ポテンシャル’があるかどうか」で代表やデベロプメントスコッドは編成されていくのだと思います。
    この大会を勝ち上がるのが最優先の目的だったら当然別のチーム編成になるでしょう。
    そういった意味では、私が期待した若手はかなり含まれました。メンバー選考に異論はありません。

    投稿: とぅいがまらー | 2013年3月 1日 11:54

    ハードワークとキャプテンシーに猛ける、佐々木選手を選んだのはすばらしい人選かと思います。キャプテンかどうかは、わかりませんが、日本を代表するチームに参加する時の心構え、妥協のない練習態度など若手のすばらしい見本になることと思います。南半球に遠征中に、『このチームの誰かが本場のコーチに認められスーパーラグビーへ参加』なんてうれしいサプライズを期待しております。

    投稿: ハミルトン | 2013年3月 1日 09:23

    ゲームの結果だけで代表スコッドを選ぶなら誰も苦労しないし責任も感じないですよね。
    エディさんは中期的な選手の伸びしろやベテランから若手への継承を見越してチーム編成をしているのでは?選ばれなかった選手でも所属チームでの伸び具合で、すぐスコッドに選ばれるかもしれません。
    近視眼的にならず信じる心を大切に応援しよう!納得いかないことは声をあげよう!

    投稿: えいじパパ | 2013年2月28日 22:41

    大学生が大半のメンバーの中で、大学で圧倒的に強い帝京大学の選手が片手にもみたない。
    帝京大学に進学する人はいるけど、即レギュラーなのかな?
    関西大学リーグ選抜にも映るメンバー。
    ホントかよ!って思う。
    国内の試合結果が反映されない代表メンバーって、実際にラグビーしている選手達にとって、どの程度の納得感があるのか、甚だ心配。

    投稿: テルキー | 2013年2月28日 20:02

    Jr.JAPANは結構良いメンバー揃ってる。サントリーの佐々木選手と村田選手はJAPANで見たかった。

    でもこれで終わりじゃないし、Jr.JAPANの選手は這い上がればいい。下からの突き上げが日本ラグビーのレベルを上げる↑

    頑張れ〜『JAPAN』&『Jr.JAPAN』&『RUGIRL JAPAN(仮)』(^-^)/

    投稿: nick | 2013年2月28日 19:33

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56857970

    この記事へのトラックバック一覧です: ジュニア・ジャパンPRCメンバー:

    « 日本代表2013年度第一次メンバー | トップページ | ラグマガ4月号&Rクリニック »